FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1662)
虚ろ目イラスト (33)
エロゲレビュー (171)
同人&エロ漫画etcレビュー (240)
オリジナルSS (67)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (16)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (9)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (9)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (18)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (2)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (13)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (30)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (11)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (84)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (48)
みなみけ (9)
名探偵コナン (14)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (5)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (49)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

【作:小悪魔】悪と催眠と妃法律事所 -7

俺の名前はライ…黒の組織の幹部であり、主な役目は女性を拉致して情報を引き出すことを主にしている。
情報の引き出しかたを知っているのはごく一部であり、拉致するのも俺が基本である。

「さてさて……大分いい感じに陥落しているね」

拉致洗脳リストを見て、満足そうにその面子を見ていた。

弁護士:妃英理
弁護士の秘書:栗山緑
メイド:米原櫻子
アナウンサー兼黒の組織:キール(水無怜奈)
アイドル:沖野ヨーコ
元一般人:宮野明美

まだ捕獲していないのも多いが……そろそろ次の段階に仕上げていかないといけないね。
ちなみにいい忘れたけど、7人も捕獲していると言うのは少し違っていたな。

「正確には6人手にいれた上に、ベルベットさんは……俺の女であり、育ての女であるので事実上初めてのやり方を教えてくれた人。さて…次の女性は…」

狙うべき女性の映像を出しまくると、ベルベットさんが潜入して調べた女性もいる。日本の婦警もいるし、手込めにしていきたいが……

「彼女は優しそうだし……手込めにしておこうか。組織に狙って殺されては困るしね」

映像を見る限り容姿端麗で性格も良い完璧超人のお姉さんだからこそ……狙っていかないとと思った。

「次のターゲットは決まったかしら?」

背後から声をかけてきたのはベルベットさんで、裸の姿出てきた。そんな彼女の問いかけに微笑みながら答えた。

「次はもちろん……この間の人も狙いますよ」

「あら、その子達を狙うのね。それにしても……あの研究も完全に成功して効果は出ているのね。私と貴方が作り上げた洗脳するための代物」

「えぇ、そろそろ資金も手にいれたいですし……財閥もいずれか狙うつもりですよ」

「そうね。その前にまずはその子を浚いましょう」

行動が決まるとベルベットさんはいつもの黒の組織の服を着て、俺は俺で道具を用意しながら準備してその部屋を後にした。

深い深い夜に迫る悪意にまた一人狙われると知らずに過ごしているであろう女性……たっぷり堪能させてもらいますか。

「あの周辺にいるのは、ターゲット一人だけね。錯乱できるように、私は変装していくけど……貴方はその隙に狙いなさい」

「了解」

ベルベットさんはそう伝えてくれてから行動を起こして、こっちは屋敷の方へと潜入した。
黒の組織となれば、鍵の解放する方法も常識で習うからな。

「…よし…」

鍵を空けることに成功してすぐに中にはいると、ばれないように鍵を閉めて音をたてないように歩いていた。

(ターゲットは年上で性格も優しい……出自も独自で調べさせてもらったが……気に入った。だからこそ……)

「手に入れさせてもらう」

じっくりと歩いていくと、部屋に明かりがついていたのでそこを目的にゆっくりと歩いた。そして、音が聞こえるのは…。

《うーん……やっぱりあの料理はこういう風にすべきかな……うーん》

(シャワーを浴びながら、考えことをしているな……)

シャワーを浴びている音が聞こえたので、ゆっくりとドアを空けながら見ると更衣室であろうそこには誰もいない…そう思った瞬間、ターゲットがドアを開けて出てきた。

「さっぱりしたー…」

(出るところ出ているな…なるほど、女神と言われても納得する。さて…襲いますか)

「…さっぱりしたところ悪いですが…女神様の楽しい時間はおしまいですよ」

「え?んんんっ?!!」

背後から彼女の口を塞ぎ、もう片方の腕にはていこうできないように押さえ込んでいた。
そんな突然襲われた彼女は驚いて声をあげていたが、口を塞がれて声が出せない。

「少し痛いですが、すぐに効きますのでご安心を」

「ンッ…?!」

彼女の首筋に、注射の針を打ち込むと先程の抵抗が嘘のように力が抜けていた。
どうやら、薬の効果はすぐに出てきたようだな。

「あっ……」

力抜けた彼女は虚ろな目になりながら、座り込んでいた。そんな彼女を見て効果は出ているのが理解できたので、問いかけた。

「さて…今から俺の質問はすべて答えてくださいね?あなたの名前と年齢、そして職業は?」

「はい…香坂 夏美で年齢27歳の職業…パティシエールです」

「彼氏または旦那…そして一人暮らしですか?」 

「一人暮らしで…彼氏もいません……」

へぇ……こんなきれいな人が彼氏いないと言うことなら……やっても問題ないね♪
何よりも一人暮らしなら都合がいい。

「今ヌードですが…これから俺に抱かれることに抵抗はできないし、する必要もないですよ。何故なら…俺に抱かれることでより楽しくなるのですから」

「楽しく…」

「えぇ。そして――」

深く深く暗示をして、抵抗も逃げると言う選択も失わせていきたい。確実により手にいれるために……。

「よし……ここでしますか。今からここで俺に抱かれることも普通に受け入れてください」

「受け入れます……」

「では、今から意識を浮上させます」

手を叩けば、その仕込んだのも一気に覚醒してそれが本人の意思と認識なるようになっているからな。
そう考えながら手を叩くと彼女は周囲を見渡した。

「っは!…いまなにが…っ!?」

「お目覚めですか、香坂 夏美さん」

「侵入者!?しかも子供……!?」

「えぇ、侵入者は自分ですよ。それよりも、お姉さん…服を着ないでいいのですか?」

普通なら動揺して大声を出すが、彼女はキョトンとして俺の疑問を答えてくれた。

「え、私の家だから裸でいるのは当たり前ではないのかしら?それに侵入者が子供なら、慌てずに…注意すればいいじゃない?」

「通報はしないのですか?」

「うーん…通報しないでほしいのなら私に勝負をして勝てばいいかな?」

どうやら催眠がうまいこと効いている上に仕込んだあれも次に発言するはずだからと待ち構えていた。

「勝負は……君が子供と言うのもあるから私との性行為で私を気持ちよく陥落させたら通報しないでいいよ。もちろん私が敗けたら好きにしていいからね」

どうやら催眠がうまくいったのがよくわかった…さぁ…次の仕上げをしていきますよ……。

彼女はいまもこの瞬間に…俺の罠にはまっていると思わないだろう……。


つづく


このSSは、ピカッとハウス所属クリエイター『小悪魔』さんの製作、編集・加筆・修正はREGZAでお送りいたしました。
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 名探偵コナン 香坂夏美
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す