FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1641)
虚ろ目イラスト (31)
エロゲレビュー (166)
同人&エロ漫画etcレビュー (235)
オリジナルSS (66)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (15)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (8)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (17)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (171)
ハヤテのごとく! (12)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (26)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (10)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (80)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (47)
みなみけ (9)
名探偵コナン (13)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (4)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (48)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

催眠、浦賀真名

ガララッ―――

「よかった、ちゃんと来てた」

「……」

体育倉庫に一人の男が入ってきた。
扉を開けると既に浦賀真名がそこにいて、虚ろな目をしている。
彼女は既に男によって催眠支配下におかれていて、体育倉庫で時間を潰すように暗示をかけられていた。
そして、男が来たら自動的に催眠状態になるようにもされていて、顔を見たことで今の状態になったというわけだ。

この場で彼女の体を味わうために、暗示を与える。
その言葉を真名はゆっくりと復唱し、心に刻んでいく。

「身体能力……高める……オマンコに……中出し……ウチが……どうしても……頼んだ……」

「セックスは……スポーツ……だから……大好き……」


彼女の中にあるセックスへの意識を書き換え、同時に能力向上の為に中出ししてもらうように自分が頼んだという記憶も与える。
他にも常識や考えを都合のいいように調整された真名はなんの躊躇いもなく自発的に体を開くようになった。
催眠状態を解くと、彼女はさっそく男の狙い通りに動いた。

「ありゃ?来てたんか、入ってきたのわからんかったわ。まぁええ、さっそくやけどウチのマンコにアンタのチンポをハメて、たっぷり中出ししてや」

「ゴム持ってないけどいい?」

「あたりまえやん!ザーメンが体に吸収されて、はじめて身体能力があがるんやで?ゴムなんかしたら意味ないやん」

「それもそっか。じゃあ生でやるけどもし妊娠しても責任はとらないからね」

「なんや心配性やな、大丈夫やって。もし子供が出来てもちゃーんとウチが一人で子育てするし、父親が誰かなんて絶対に言わへんよ」

「なら安心だね、じゃあはじめよっか」

「たっぷりザーメン出してや

こうして体育倉庫の中でセックスがはじまった。
狭く物も多いので、手をつかせて後ろからの挿入をした。
初めて暗示をかけたときに既に彼女の体を味わってはいたものの、それでもまだ挿入は二回目。
鍛えられ筋肉質なこともあってチンポをぎゅうぎゅうと締め付ける。
だが、同時に大量に分泌された愛液もあって、お互い痛みは無く、強烈な快感だけがあった。

「ぅ……!す、すごい」

「あぁこのチンポすごいわぁ、入れただけで気持ちええ……でもウチのオマンコもよう締まるやろ?気持ちよくしたるからたくさんチンポからザーメンだしてや」

「う、うん」

アスリート仕様のマンコを味わうように腰を前後し、どんどん突いていく。

「ふぅああっ、あああっ、んんっ

「どう、チンポ気持ちいい?」

「ひゃあんっ、ああっ、ああ、アカン……んん!気持ち良すぎてウチが先にイッてまうよ」

「イケばいいじゃん、俺ももうすぐイケそうだし。ほらほら、イッちゃえイッちゃえ」

「ふにゃああ!?そんな奥っ、あああひゃああんだ、ダメやっ、ウチ、ウチ……ああああ~~~

「ううぅ!で、でるっ」

ドピュドピュドピュ

真名が達した瞬間、彼女の力が抜けて倒れかけたことで、チンポが抜けてしまった。
中出しされるはずだった精液は彼女のブルマにかかり、肝心の中に出すことができなかった。

「ごめん」

「ホンマしゃーないやっちゃな、中出しせーへんかったらウチの能力あがらんやん」

「ごめんごめん、次はちゃんと中に出すからさ」

「ホンマたのむで」

外出しになったのはお互い想定外だったので、このままもう一回戦することに。
精液にまみれたブルマを履いている彼女を犯すのは、また違った興奮があった。

ジュブッ

「あんっ

男は挿入しながら、どうやって精液まみれのブルマを履いた彼女を着替えさせるかを考えていた。
そして新しいブルマを買わせること、今のブルマの処分の仕方などを考えているうちにふたたび快感が上り詰め、射精にいたった。
今度はうまく中出しすることができ、真名も満足そうだ。

「おっとあかん、せっかくのザーメンがオマンコからこぼれとるわ。おっとと、よっしゃ!ギリギリセーフやな……じゅるじゅるっ」

股間から零れ落ちる精液を手で受け止め、それを口ですする彼女は嬉しそうだった。

「やっぱりザーメンは効果あるんやな!体中から力が湧いてくるようや」

「そっか、ならよかった」

「でもまだまだこんなもんじゃ全国には行けへん。そこでお願いなんやけど、明日もまたウチに中出ししてくれへんか?」

「明日?別にいいけど土曜だし場所どうするの」

「それなら大丈夫や。ウチの親は明日法事で留守にしてるんや、部活もちょうど休みやし朝から来てええで」

「じゃあ住所教えて、朝飯食べたら行くよ」

「ホンマか!ありがとう、恩にきるわ」


――――

――――

――――

翌日の夜

「イクウウウウウウ!」


一日中セックスをし続けた真名は体がすっかり感じやすくなってしまい、男の射精に合わせてイケるようになっていた。
食事以外はずっとセックスし、汗をかいたら風呂に入ってまたセックスを繰り返していた。
さすがに何発も出して男も精根尽き果て、この日はこれで最後となった。


「今日はウチの為にホンマありがとうな」

「どういたしまして」


プラシーボ効果もあり、真名の身体能力は若干向上した。
しかし、彼女が部活の大会に参加することは二度となかった。

この二か月後、妊娠が発覚したからだ。
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 つよきす 浦賀真名
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す