FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

アンケート企画再開しました! とりあえず試運転にはなりますが、投票していただけたら嬉しいです。 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 2021/8/15追記 1000票到達した為、締め切り致しました。 結果発表をお待ちください!

カテゴリ

ノンジャンル (946)
総集編 (8)
エロゲレビュー (111)
同人&エロ漫画etcレビュー (143)
オリジナルSS (38)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (8)
暁の護衛 (1)
アカメが斬る! (3)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (0)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (0)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (42)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (0)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (2)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (3)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (0)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (4)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (2)
機動戦士Zガンダム (11)
機動戦士ZZガンダム (2)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (2)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (3)
∀ガンダム (1)
新機動戦記ガンダムW (1)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (1)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (2)
機動戦士ガンダム00 (2)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (0)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (2)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (2)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (2)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (1)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (26)
侵略!イカ娘 (7)
スーパーロボット大戦 (7)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (9)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (12)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (17)
つよきす (3)
とある魔術の禁書目録 (0)
とある科学の超電磁砲 (0)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (1)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (1)
ドラゴンボール (10)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (2)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (10)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (63)
ハヤテのごとく! (2)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (23)
美少女戦士セーラームーン (18)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (1)
ファイナルファンタジーⅨ (0)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (1)
Fateシリーズ (11)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (3)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (1)
フリージング (3)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (3)
僕のヒーローアカデミア (2)
ポケットモンスターシリーズ (11)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (43)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (3)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (23)
みなみけ (5)
名探偵コナン (3)
めだかボックス (2)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (1)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (23)
ONE PIECE (8)
作品ミックス (1)
MC関連スレまとめ (0)
ピカッとハウス同人関係 (29)
宇崎ちゃんは遊びたい! (1)
虚ろ目イラスト (5)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
魔入りました!入間くん (0)
俺だけ入れる隠しダンジョン (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

レコア・ロンドを''説得して''エゥーゴに引き戻そう

あれからしばらく経ったある時期……。

クルシー・ムサ少尉。
彼は今、ティターンズの旗艦ともいえる超大型戦艦ドゴス・ギアにいた。

連邦正規軍の所属だがスペースノイド出身の彼はエゥーゴに組するスパイだ。
母体が同じ連邦なので、時にはティターンズに移籍してスパイ活動を行う。
主な役目は引き抜きであり、以前にはエマ・シーンを移籍させた実績もある。

なぜそんなことをしているのかというと、エゥーゴの中心人物であるブレックス・フォーラが命の恩人だからだ。
ブレックスの力になるためティターンズや連邦正規軍から有能な人物を''説得して''エゥーゴへスカウトするという形で恩返しをしているのだ。

ドゴス・ギアに来た時点で既にブレックスは亡くなってしまったが、彼は少なくともこの戦争が終わるまではエゥーゴに加担することを決めていた。

その為にドゴス・ギアに出向していたのだが、エゥーゴからレコアが来たことに驚きを隠せなかった。
レコアがこのままティターンズに加担すればエゥーゴにとって危険な為、彼女をパラス・アテネごとエゥーゴに連れ帰ることにしたクルシーは、さっそく「説得」を試みるのだった。


―――

――



レコア「わざわざ部屋にまできてなにかと思えばアーガマに戻れですって?」

レコア「冗談じゃないわ。一度裏切った人間が戻れる場所などないのよ」

クルシー「いや!あなたの戻る場所はアーガマにある!」

レコア「なっ……!?」

クルシー「間違いなく戻れる!絶対に!」

レコア(根拠なんてあるはずもないのに……なんて説得力……否定できない……)

クルシーの語気と不思議な説得力にレコアは目を背けて黙ってしまった。
この時、レコアが寝返った理由を聞いても答えるはずはないし、もし強制的に理由を聞き出してその内容があまりにも特殊だった場合かえって面倒だと判断したクルシーは、あえて理由をでっちあげることにした。

クルシー「あなたはアーガマの男に相手してもらえてなくて欲求不満だった」

クルシー「野蛮なティターンズにくれば、男はいくらでも相手してくれる。だからティターンズにやってきた。そうですね!」

レコア「……ッ!」

レコアは絶句したが、クルシーはこれを怒りのあまりに言葉を失ったのだと思った。
実はあながち間違っていないなどとはさすがに思わなかったのだ。

クルシー「そう、あなたは寝返るほどに欲求不満なんだ!間違いない!」

レコア「うっ……?そ、そうよ……!それが悪い……!?」

説得で少しおかしくなっているレコアは開き直ったが、それはクルシーの望んだ方向に誘導しやすいものだった。

クルシー「レコア・ロンド。あなたは今からと私とセックスして、満足できたならエゥーゴに帰る!そう決意する!絶対に!」

レコア「何を言って!?あなとなんか……するわけ……う……?」

レコア(でも……そう、私は欲求不満なのだから……)

レコア(この人とセックスして、満たされさえすれば……)

説得の前に正常な判断力を失っているレコアは、言われるがままにセックスを受け入れる。
あくまで満足できたらという条件なので、彼女の中ではとてつもなく大きいハードルを設けたわけだが、そんなハードルはクルシーの前では小石ほどの高さも無かった。

クルシー「私とあなたの体の相性は最高です。私に触れられるたびにあなたの体は高まり、愛撫されれば心が蕩けるほどの幸福感に包まれる」

クルシー「そして挿入されたなら、一突きされるごとにあなたは絶頂し、私の虜になるのです」

クルシー「必ずそうなる!必ずです!」

レコア「た、大した自信じゃない。けどね、私をそう安くみないでもらいたいわ!」

クルシー「フフ、それはベッドで証明しましょう」



―――結果、レコアは数日のうちにドゴス・ギアを抜け出し、アーガマに帰還するのだった。

逃亡時にパラス・アテネを奪取し、ドゴス・ギアのブリッジを破壊するという大きな手土産を持って。
当然クルシーも同行してアーガマに帰還したわけだが、この時レコアはすっかりクルシーの虜になってしまっていた。

レコアは帰還後、当面は行動を制限されMSパイロットではなく艦のクルー扱いとなった。
一方で潜入任務から帰還したクルシーは歓迎され、通常任務に戻り自由行動を取れるようになり、レコアの後見人として彼女の監視役となった。

レコアとは後見人の立場を利用し逢瀬を繰り返し、頻繁にセックスしていたが、これが争いの原因となってしまう。
クルシーに惚れているのはエマ・シーンも同様で、クルシーは帰還後にエマとも関係を持っていたのだ。

それが元で二人は争うようになったのだ。


エマ「レコア!いい加減に彼との関係は終わらせてよ!」

レコア「エマ中尉。悪いけれど私は彼を愛している。あなたよりも」

エマ「なんですって!?」

レコア「それに、私は彼を満足させてあげられる。女として。あなたにはそれはできないのではなくて?」

エマ「……言ったわね!」

レコア「きゃっ!?」

突発的に手が出たエマのビンタがレコアの頬を赤く染める。
これにはレコアも驚いたが、気の強い彼女は返す刀ですぐにビンタを返した。

バチンッ

エマ「……ッ!」

怒りで収まりのつかなくなった二人は揉みあいになり、本気のキャットファイトになってしまう。
それを制止したのは、まさかこんなことになるとは思っていなかったクルシーだった。

クルシー「と、とにかく暴力はいけない。冷静に……」

レコア「誰が原因でこんなことになってると思ってるのよ!?」

エマ「そうよ!私の方が大事だって、ハッキリ言いなさいな!」

レコア「なっ!?ふざけないで!」

エマ「何よ!」

クルシー「だ、だから一旦冷静に」

二人の剣幕にクルシーも力を使って説得するしかなくなり、強制的に冷静にさせることでその場を落ち着かせた。
だがそれでも二人は納得がいかず、言い分としてはどちらもクルシーの二股は許容するが、どちらが上かはハッキリして欲しいということだった。

これに対して説得して納得させることもできたが、競わせるのも面白いと考えたクルシーは、ある提案をする。

クルシー「そういうことなら、お互い愛撫しあって、先に相手をイかせた方が上ってことでどうかな」

クルシー「今、この場で二人でそれをしてくれるなら、優劣をつけましょう」

レコア「……わかったわ。そんな簡単なことでいいならやるわよ。こんなクソ真面目な女一人イカせるだけでいいならね」

エマ「言ったわね!あんたみたいな淫乱女に負けるものですかっ」

またも喧嘩になりそうな二人をなだめ、シックスナインで決着をつけるように指示する。
クルシーの言うことには素直に従い、ベッドの上でお互いに激しく舐め合う勝負が始まった。

エマ「ぺろ、じゅるるっ、れろれろっ」

レコア「んあっく、んんっ

エマ「あなたは女であり過ぎたわ!だからこんなにもオマンコが感じやすいっ」

レコア「そうよ、私は女よ。だから今ここにいる。恥を忍んでエゥーゴに戻ってきて、あなたのライバルになった」

エマ「レコア!」

レコア「だから戦うのよ!女だから、負けられないのよ!じゅるるっ、れろれろ。ぶぢゅるるっ!」

エマ「ああんっおっ、くぅっまけ、られないっ……れろれろれろっ

勝負は拮抗し、ついに決着の時が来た。

レコア「あ、ああっ……」

エマ「ん、くぅ……」

『『イッックウウウウウッ♥♥』』

まさかの同時絶頂となったが、結果的にこれは二人とクルシーにとって最良の結果となった。

エマとレコアはお互いを認め合い、竿姉妹として親友の様に仲が良くなり、それによってクルシーは気軽に3Pができるようになったのだ。


そしてそれから数か月後、クルシーとのセックスを毎日のように繰り返した二人は同時期に妊娠し、それと時を同じくしてグリプス戦役が終戦したため、除隊して幸せなハーレム生活を送った。

なお、除隊した時に説得されたファ・ユイリィもハーレムに加わっていた……。




関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す