FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1506)
虚ろ目イラスト (18)
エロゲレビュー (139)
同人&エロ漫画etcレビュー (191)
オリジナルSS (45)
総集編 (21)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (9)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (10)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (54)
宇崎ちゃんは遊びたい! (6)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (9)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (16)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (10)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (5)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (19)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (16)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (3)
とある科学の超電磁砲 (12)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (11)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (12)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (10)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (20)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (7)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (21)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (4)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (8)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (7)
ポケットモンスターシリーズ (17)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (71)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (36)
みなみけ (9)
名探偵コナン (6)
めだかボックス (6)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (36)
ONE PIECE (12)
作品ミックス (5)
ピカッとハウス同人関係 (41)
催眠帝刻学院公式 (5)
コラボ企画 (43)
戦闘員、派遣します! (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (0)
ムシブギョー (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

コードギアスVE~Victim Extraction~ STAGE1:奪う為に生まれた男

2017年、神聖ブリタニア帝国に支配された日本

ルルーシュがギアスを授かったのと同時期に、異世界から能力者が来ていたら。

この物語は、能力を奪うという唯一無二の異能によってブリタニアと黒の騎士団の戦争に割って入った変態異邦人がやりたい放題する無双録である。



STAGE1:奪う為に生まれた男

ヴァイトル・ヒエロ

ヴァイトル・ヒエロ「なるほどなぁ……いたるところで戦争中ってわけか」

ヴァイトル・ヒエロ「突然別の世界に飛ばされてどうしたもんかと思ったが、なかなか面白そうな世界じゃないか!」


2017年、神聖ブリタニア帝国に支配された日本はエリア11と名前を変えていた。
正体不明の『ゼロ』が率いる黒の騎士団がブリタニアに対する攻撃を開始したと同時期、一人の男が異世界からこの世界へと飛ばされてきた。

彼の名前は、ヴァイトル・ヒエロ。

元いた世界は人の心を操る特殊な力を持った双子の兄が王として君臨していた。
弟であるヴァイトルもまた、ある特殊能力を持っていたが、兄と争う気にはなれずに王位継承権を辞退して悠々自適な生活を送っていた。

二人が争わなかったのはそれぞれの能力が兄弟にだけは効果がないというのも理由の一つだが、それ以上に単純に仲が良かったのだ。

双子は性格こそ違ったが、『人を蹂躙し、弄ぶ』のが大好きという共通点があり、意気投合していたのだ。
その中で兄は『支配』、ヴァイトルは『略奪』に趣向が偏っていたので、弟の力を借りて支配を盤石にする兄と、兄の権力と操る力を盾に好き放題略奪する弟というように、バランスが取れていたのだ。
しかも容姿がそっくりなので入れ替わっても誰も気付かなかったし、だからこそ時々お互い入れ替わって遊んでいることもあった。

そんな二人だが、ある日二人とも謎の光に包まれ、異世界に飛ばされてしまったのだ。


突然別世界に来たヴァイトルだが、すぐにここがどこで、どういう世界なのか理解し、順応することができた。
彼は最初に適当な人間を見つけて会話を試みたが、まるで言葉が通じなかった。

そこでここが別世界であることを理解し、次に取った行動はその人間から言語能力と記憶を奪うことだった。

彼の能力は人からあらゆるものを奪い、移植することができる能力だったのだ。
こうしてこの世界の言語を自分に移植し、記憶も奪うことで一瞬にしてこの世界を理解したのだ。



ヴァイトル・ヒエロ「日本って国を乗っ取って名前を奪ったブリタニア……俺と趣味が合いそうだな!」

ヴァイトル・ヒエロ「国の名前なんていうのはそこに住む人々の誇りみたいなもんだ。それを奪うってスケールが気に入った」

ヴァイトル・ヒエロ「でもやり方にセンスが無いな。人を無闇に殺し過ぎすぎだ」

ヴァイトル・ヒエロ「俺は奪うのは好きでも、命を奪うのは趣味じゃないんだ」

ヴァイトル・ヒエロ「だってそうだろ。命を奪ったらそれで最後。そいつから奪うもんが無くなっちまう」

ヴァイトル・ヒエロ「それに何より気に入らないのは、色々理屈を付けて奪ってるところだな」

ヴァイトル・ヒエロ「奪うのに理由はいらない。奪いたいから奪うんだ。何よりブリタニアの連中……今手にした記憶が確かなら奪うことを楽しんでない。それじゃあダメだ。人から奪うならせめて奪った分エンジョイしないと奪った奴に悪いだろ」

ヴァイトル・ヒエロ「だから教えてやる。俺が本当の『奪う』とは何かをな!」


ヴァイトル・ヒエロ「アーッハッハッハ!」


―――

――




エリア11 

ヴァイトルは最初に飛ばされた場所からそう遠くない街に移動していた。
そこでは彼は適当に何人かの記憶と感情を奪い、現状を把握した。

ヴァイトル・ヒエロ(相当イレブンは虐げられているな。しかし奪われる方が悪い)

ヴァイトル・ヒエロ(まぁとはいえ、イレブンの仇は俺が討ってやることになるだろう)

ヴァイトル・ヒエロ(ブリタニアの全ては俺が奪い尽くしてやるわけだからな)

彼は得た情報から当面の目標となるターゲットを二人に絞っていた。

一人はコーネリア・リ・ブリタニア。

もう一人はユーフェミア・リ・ブリタニア。

二人ともブリタニアの皇族であり、エリア11に滞在している。
そして何より、美しい女であるという点がヴァイトルの気を引いた。

兄以上に好色なヴァイトルにとって、男は眼中にないのだ。

ヴァイトル・ヒエロ(いきなり押しかけて強引に接触してもいいけどな、ナイトメアフレームとやらはもちろん、俺の世界より格段に科学が発達したこの世界で無茶すると死にかねないしな)

そこで彼はまずは、ブリタニア側の人間になることを選んだ。
それにはブリタニアでそれなりの地位を持つ人間に接触するのが早かったが、あるこだわりがその難易度を跳ね上げてしまう。

ヴァイトル・ヒエロ(理想は若く見た目の良い女で、程よい地位の奴だ)

ヴァイトル・ヒエロ「……」

ヴァイトル・ヒエロ(自分で言うのもなんだけどな、知人すらいない世界でいきなりそれは無理か……?)

ふと冷静になったヴァイトルは、腹ごしらえをするために近くの店に入った。
そこは良くあるバーガーショップだったが、異世界出身のヴァイトルにとっては新鮮だった。

ヴァイトル・ヒエロ「こ、これがハンバーガー……」

人から奪った記憶で知ってはいたが、実際に口にするのは初めて。
緊張しながらパクッと作法通りに食べる。

ヴァイトル・ヒエロ

ヴァイトル・ヒエロ「もぐもぐ……ごくんっ……!!」

ヴァイトル・ヒエロ「……」

ヴァイトル・ヒエロ

ヴァイトル・ヒエロ「う、美味すぎる……」

この世界の食べ物のおいしさに興奮したヴァイトルは夢中になってハンバーガーを食べ、腹を満たした。
食欲が満たされ興奮も収まったヴァイトルが一息ついていると、店内にいた学生グループが目に付いた。

ヴァイトル・ヒエロ(へ~……なかなか可愛い連中がいたもんだ)

このあたりの学校だろうか、同じ制服を来た3人の女子学生が楽しそうに食事をしていた。
それぞれ個性的だがどれも好みの容姿であり、ヴァイトルは彼女達を抱きたいという衝動にかられる。

だがいくらなんでも一目の多い店内で手を出すことも難しい。
かつての自分の世界なら、何をしても兄の権力で守られ好き放題できた。

しかしここは知人の一人もいない異世界。
気ままに性欲を発散することはできない。

ヴァイトルもここではどうしようもないと諦めていたが、少しすると3人のうちの一人が席を立った。
どうやら、先に帰るようだ。

ヴァイトル・ヒエロ「……ふっ」

ヴァイトル・ヒエロ(食欲も満たされたことだし、次は性欲を満たすとするか)

チャンスと見たヴァイトルは後を追い、声をかけた。

ヴァイトル・ヒエロ「そこの女、黙ってついてこい」

『……』

たった一言そう命じただけなのに、初めて出会うその女は言われた通り黙ってついてきた。
この時ヴァイトルは力を使い、拒否する意思と言葉を奪っていたのだ。

人目のつかない場所に移動したヴァイトルは拒否できない女、正確には拒否という概念を失った女を犯した。

ヴァイトル・ヒエロ「この世界の女も抱き心地はなかなか良いもんだな」

ミレイ「~~~ッッ」

女も犯されているということはわかっているので、言葉は出せずとも顔は嫌がっている。
だが、犯されることに抵抗はしない。
拒否という概念を失っているので、何をされてもされるがままなのだ。

ヴァイトル・ヒエロ「人目につかないようにサクッと一発抜いて終わりにしてやるから、安心しろ」

ミレイ「ッッ!」

言葉通り射精するためだけに女を犯したヴァイトルは一度の射精で終わりにし、女を解放した。
記憶と記憶の欠落に対する疑念の感情を奪い、言葉と拒否する意思を返して元の日常に戻す。

ミレイ「あれ?私……ま、いっか。なんかアソコが痛い気がするけど……」

解放された女は特に疑問を抱くことなく日常に戻った。

一方、性欲を発散しきれたとは言えないがとりあえずスッキリしたヴァイトルは、街中をブラついて人間観察をして時間を潰し、夜を待った。

ようやく日が暮れ、小腹も空いてきた頃に街中のバーに入る。
彼の狙いはバーに来たブリタニアの人間と接触することだった。

ヴァイトル・ヒエロ(ま、そうそう好みの女が来るとは思えないけどな)

バーのカウンターでしっぽりとこの世界の酒を味わい、時間を潰す。
早い時間から飲み始めたこともあり、2時間が経ってもまだ8時過ぎ。
そろそろ店を移動するかと考え始めたその時だった。




⑬男アイコン_R「いらっしゃいませ」

ヴィレッタ「マスター、いつものをくれ」

⑬男アイコン_R「かしこまりました」

ヴァイトル・ヒエロ(……俺はツイてるな)

美しいキレ目とスレンダーな体、そして何より『強さ』を感じさせる雰囲気。
申し分ないほどに好みの容姿をした女、それも服装から見て間違いなくブリタニアの人間。
見た目から推し量れる年齢を考えれば、地位はそれほど高くないだろう。

探し求めていた要素を全て備えた女の登場に、ヴァイトルは心の中でグッとガッツポーズした。


つづく

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3815: by 名無な漢 on 2020/01/18 at 13:08:25 (コメント編集)

何でも奪えるとすれば、ブリタニア軍人や裏社会の人間から技能を奪い取り放題だと思う。
格闘術、剣術、銃を用いた戦闘術全般、作戦立案能力、ハッキング、優秀なナイトメアパイロットの経験や知識、ナイトメアや機械に関する整備&修理の知識を奪えば一人でも大概の事は出来るようになるだろう。

他にも、ブリタニア軍サイドから「ブリタニアや皇族への忠誠心と拒否する概念」を奪えば、黒の騎士団側へ引き込む事も可能だし、逆に反ブリタニア側の人間に「ブリタニアへの憎悪と日本への愛国心や拒否する概念」を奪えばブリタニア側に堕とすなんてのも可能かもしれない。

そうやってアニメ本編では戦死したブリタニア側のキャラを味方に引き込んだり、逆に反ブリタニア側のキャラを名誉ブリタニア人&ブリタニア軍人堕ちさせるのも良さそうだ。

▼このエントリーにコメントを残す