FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1459)
虚ろ目イラスト (13)
エロゲレビュー (130)
同人&エロ漫画etcレビュー (175)
オリジナルSS (43)
総集編 (18)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (8)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (8)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (52)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
宇崎ちゃんは遊びたい! (4)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (7)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (15)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (2)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (7)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (14)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (14)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (17)
つよきす (15)
とある魔術の禁書目録 (0)
デート・ア・ライブ (1)
転生したらスライムだった件 (0)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (4)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (11)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (9)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (10)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (104)
ハヤテのごとく! (7)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (20)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (5)
貧乏神が! (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (18)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (3)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (1)
フリージング (3)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (4)
ポケットモンスターシリーズ (16)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (65)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (30)
みなみけ (7)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (3)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
作品ミックス (4)
ピカッとハウス同人関係 (39)
催眠帝刻学院公式 (4)
ストライク・ザ・ブラッド (0)
コラボ企画 (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

レンタルショップ AYATSUTA



共通 背景 街 夜


首都のある街の一角に、10階建てのマンションがある。
1Fと2Fがテナントになっている、よくある普通のマンションだ。

その2Fには、『レンタルショップAYATSUTA』という貸衣装屋がテナントとして入っている。

ayatu_202009231304383f8.png

この看板が目印で、この1店舗だけの会社だが、マンションのオーナーが社長を務めているため、潰れることはない。

背景

もっとも、「大抵の衣装はここで揃う」「コスプレの品揃えなら日本一」と評判で、AYATSTA単体で見ても経営状況は悪くない。
そんな貸衣装屋だが、一部の人間だけが知っている貸衣装屋とは別の裏の顔があった。

レンタルショップ AYATSUTA001_R

沢井魅九_R(このお店……よね?)

今日もまた、一人の客がAYATSUTAの裏の顔を目当てにやってきた。
閉店が近い時間のせいか、客は2~3人と少なかった。

客の女性がキョロキョロしていると、店員が声をかけていた。

レンタルショップ AYATSUTA002_R

季山透子_R「いらっしゃいませ。何かお探しですか?」

沢井魅九_R「あ、はい。その……」

沢井魅九_R「ふ、フランス産のチャイナドレスって……ありますか?」

緊張しながら探し物を伝えると、店員は何かを察したように優しく微笑んだ。

季山透子_R「あぁ……なるほど。それでしたら奥にあるかもしれません。事務所の方にご案内しますので、少々お待ちいただけますか」

沢井魅九_R「わ、わかりましたっ」

沢井魅九_R(奥に案内されるってことは……ちゃんと伝わったってことでいいんだよね?)

店員は特異な注文をする女性客を店舗の裏にある事務所スペースへと案内した。


背景

季山透子_R「狭いところで申し訳ございません。そこのソファにおかけください、今……担当を呼んできますので」

沢井魅九_R「は、はいっ」

沢井魅九_R(担当……ってことはやっぱり話が通じたってことね)

いかにもな事務所の中に、二人掛けのソファを向かい合わせた一応の応接スペースで待たされること5分。
一人の男がやってきた。

男アイコン「オーナーの真寿田です」

沢井魅九_R「ますだ……さん」

真寿田と名乗る男は、オーナーらしく高級なスーツや時計をして身なりは整っていた。
しかしその容姿はお世辞にも整っているとは言えず、ニヤケた感じもあって生理的に受け付けないタイプの男だった。

沢井魅九_R(……右手に手袋をしてる?)

男アイコン「お名前をお伺いしても?」

沢井魅九_R「あ、はい。沢井……沢井魅九です」

男アイコン「沢井さん。ここへは紹介で来たのでしょうからわかっているとは思いますが、報酬をいただければ合法非合法問わずどんな依頼でも100%成功させますよ」

沢井魅九_R「100%……」

男アイコン「はい。100%です」

男アイコン「事実、今まで失敗はありません。もっとも、物理的に可能なことに限りますがね」

沢井魅九_R「難易度によって報酬が違うということですか?」

この質問の意図は、依頼には難易度相応の報酬が必要なのであれば、出来ない依頼には払えない報酬をふっかけ、依頼自体を取り下げさせることで100%の成功率を維持しているのではないかという勘繰りの意味合いが含まれていた。

男アイコン「いやいや、報酬は基本的にどんな内容でも同じです」

男アイコン「ま、男女での違いは設けていますが、少なくとも女性の依頼なら基本的にどんなに難しい依頼でも変わりません」

沢井魅九_R「ど、どんな内容か先に聞いても?」

男アイコン「えぇもちろん。フフ…というか契約ですから、先に条件を知ってもらわなくては話になりませんよ」

男アイコン「で、依頼を受ける報酬ですが……それは私があなたを抱くこと。つまりセックスです」

沢井魅九_R「……!」

沢井魅九_R(ほ、本当だったの……!?)


**** 数日前 ****

如月冬華 (1)

沢井魅九は学生時代の友人である女刑事、如月冬華に相談していた。

如月冬華 (2)「魅九、あなたの強い思いはわかった。けど、公権力の警察が破壊活動の手助けはできないわ」

沢井魅九_R「そう……だよね」

魅九の相談は、それを実行すれば魅九が逮捕される可能性が高い内容だった。
本来、刑事にする話ではないことは魅九自身も理解していたが、他に相談できるほど信頼している相手はいない。

そんな魅九の心情を察してか、冬華はあることを教えてくれた。

沢井魅九_R「何でも屋……?」

如月冬華 (2)「そう、何でも屋。そこならあなたの願いを叶えてくれるでしょうね」

沢井魅九「本当!?」

如月冬華 (2)「本当よ。ただし、そこはハッキリ言って非合法よ」

沢井魅九_R「え?それって……」

如月冬華 (2)「察しがいいわね。そう、大っぴらには言えないけど、警察もお世話になってるってわけ。本当になんでも頼めば叶えてくれるからね」

如月冬華 (2)「一応言っておくけど、ヤクザじゃないわよ」

如月冬華 (2)「ただし報酬はヤクザ以上に特殊よ。そのせいで私が個人的に依頼することはないの」

沢井魅九_R「報酬が特殊?」

如月冬華 (2)「そう……求められる報酬は……―――」

*************



その時、魅九は報酬の内容がセックスであることを聞いていた。
知っていて尚、依頼をするためにこの店にやってきたのだ。

男アイコン「報酬はセックス、それだけです。着手前に一回、成功報酬としてもう一回の合計2回セックスさせてもらいます。もちろんゴムは無しです」

男アイコン「ま、大抵の方が躊躇いますよ。けど、多くの方が依頼されます」

沢井魅九_R「……」

男アイコン「ここに来る方は、それなりの覚悟で来る人がほとんどなんでね」

男アイコン「あなたもそのクチでしょう?」

沢井魅九_R「あ、あの!本当に、叶えてくれるんですよね?」

魅九の決意は固まっている。
だが、それでもセックスをするという行為にはどうしたって抵抗がある。
だから自分の背中を押すために、もう一度言葉で確約が欲しかったのだ。

男アイコン「もちろんです。引き受けた仕事の成功率は100%ですから」

沢井魅九_R「100……」

にわかには信じ難いが、冬華の裏付けもある。
ここは信じてみようと、魅九は依頼内容を伝えた。


―――

男アイコン「なるほど、父親の作った陶器が世に出る前に破壊して欲しい、と」

男アイコン「取り戻すのではなく、破壊ですね?」

沢井魅九_R「そうです、壊してください。……粉々に」

魅九の依頼は陶器職人であった父の遺作が、父の師匠の手に渡ってしまい、父ではなく師匠名義で世に出されてしまう前に破壊して欲しいというものだった。

妻を早くに亡くし、男で一つで魅九を育てた父。
収入の安定しない陶器職人でありながら、大学まで出してくれた父。
そんな父の遺作が他人の名義で世に出され評価されるのは許せないと、そういうことだ。

沢井魅九_R「父は私にも思い出を込めた作品を残してくれたんです」

沢井魅九_R「それがあるから……」

男アイコン「ふむ。依頼内容はわかりました。物の所在は不明でも大丈夫、破壊まできっちり完遂しますよ」

沢井魅九_R「わかりました……なら、お願いします」

魅九は依頼することを決めた。
自分ではどうやっても不可能なことを成し遂げてもらえるのなら、体を2回許すくらい耐えられる決意がある。
避妊しなくてもあとでピルを飲めばいいし、安全日でもある。
友達の紹介という希薄な裏付けしかないが、目の前の男からはやってくれると思わせる不思議な自信を感じた。

男アイコン「ではさっそく一回目のセックスをしましょうか」

沢井魅九_R「は、はい……」

真寿田は店員に何か指示を出すと、3階へと案内した。
301号室の部屋に入るとそこはほとんどラブホテルの内装で、ここで依頼者が報酬としてのセックスを払ってきたのだろうことはすぐにわかった。

沢井魅九

男アイコン「ほほう……素晴らしい」

男アイコン「これまでも美人の依頼者は何人もいましたが、あなたはその中でも特に美しい」

品定めして他の女と比較する。
あまりに失礼なことではあるが、これも報酬の内。
魅九は沈黙し、真寿田の望む通り抱かれるしかない。

男アイコン「ではベッドで四つん這いになってください」

沢井魅九_R「……わかりました」

こうして沢井魅九は今日初めて会った男、真寿田とセックスをした。

男アイコン「おぉー、これはなかなか……!」

男アイコン「経験はあるんでしょうがそれを感じさせない良~い締まりだぁ」

沢井魅九_R「……ッ」

今日初めて会う男に抱かれるのも、目的の為なら耐えられた。
生挿入している真寿田は当然の如く中に射精したが、リスクを承知で取引を成立させた以上、魅九は黙ってそれを受け入れた。



2時間後、前払いのセックスが終わった魅九はシャワーを浴びていた。

沢井魅九_R(こんなにいっぱい中出しして……もしちゃんと仕事しなかったら殺してやる……!)

冷静になって少し怒りと疑念も湧いてきたが、それはシャワーから出てすぐに払拭されることとなった。

季山透子_R「お待たせしました。ターゲットの所在が判明しました」

沢井魅九_R「えっ!?も、もうわかったんですか?」

男アイコン「フフフ、それが生業だからね」

男アイコン「少しは信用してくれましたか?」

沢井魅九_R「え、えぇまぁ……」

沢井魅九_R(一体どうやって……)

手がかりゼロの状態からわずか2時間。
魅九にとっては信じられないことだったが、ともかく破壊さえしてもらえればそれでいい。

ふと、ここでもう一つ疑問が湧いた。

沢井魅九_R「あの……見つかったのはいいですけど、どうやって壊すんですか?」

男アイコン「ご安心を。それができる人間がちゃんといるんでね」

季山透子_R「はい。既にここに呼んであります」

店員の女が扉を開けると、呼ばれていた人物が入ってきた。

1710machi001_800600.jpg

峯川座海(みねかわ ざうみ)「……」

沢井魅九_R「こ、この人が?」

破壊工作をする担当者。
それに対して軍人のようなイメージを抱いていた魅九にとって女性、それも若い人物が姿を見せたのは意外だった。

男アイコン「そうですよ。座海ちゃん、自己紹介」

峯川座海(みねかわ ざうみ)「了解しました」

峯川座海(みねかわ ざうみ)「峯川座海(みねかわ ざうみ)と申します。某国の紛争地帯出身で、ゲリラ活動の中でスナイパーをしていました」

峯川座海(みねかわ ざうみ)「今回、私が狙撃にてターゲットを破壊しますのでご安心ください」

男アイコン「と、言うわけです。彼女をお貸ししますから、狙撃には立ち会うと良いでしょう」

男アイコン「破壊する現場をご自身の目で確認した方が、スッキリするでしょうしね」

沢井魅九_R「わかりました。宜しくお願いします」

女スナイパーなど本当に存在するのか。
正直信じられない魅九だったが、ここまできたらなるようにしかならないと腹をくくり、座海についていくことにした。

決行は翌日で、迎えに来た座海と共に狙撃地点へと移動し、ライフルをセットする。

峯川座海(みねかわ ざうみ)「ターゲットに間違いないか、ご確認を」

沢井魅九_R「は、はいっ」

スコープを覗いた魅九はその陶器が父親のものであることを確認した。

沢井魅九_R「間違いありません……あれは父のものです」

峯川座海(みねかわ ざうみ)「了解しました。
それでは破壊します。危ないので、少し後ろに下がっていてください」

沢井魅九_R「わ、わかりました」

距離はおよそ600m。
この距離とターゲットの大きさなら確実に命中できると言う座海を信じ、魅九は固唾を飲んで待った。


―――バシュ!

割と大きな音で発射され、直後に座海はまたスコープを覗くように言った。

沢井魅九「凄い!本当に破壊してくれたんですね!」

粉々になり原型を留めていない陶器の姿に魅九は歓喜する。

峯川座海(みねかわ ざうみ)「任務完了です。では急いでここを去りましょう。店までエスコートします」

沢井魅九「あ、はい。わかりました」

沢井魅九_R(そっか、この人……)

座海は依頼を果たす役割のほかに、依頼人が逃げないようにする監視役でもあったのだと魅九は気付いた。

成功報酬としてのセックス。
考えてもみれば、監視がいなければ依頼人が逃げることは少なくないはずだ。

沢井魅九_R(また抱かれるのは嫌だけど、でも、ちゃんと破壊してくれたし……)

魅九においては仮に一人だったとしても逃げなかっただろう。
それに無理難題を本当に完遂し、しかもこれほどの短期間でやってのけたことを見て、体を報酬とする異常さも納得できてしまうような気がしていた。



背景

峯川座海(みねかわ ざうみ)「沢井魅九さんをお連れしました」

男アイコン「ご苦労様。下がっていいよ」

峯川座海(みねかわ ざうみ)「ハッ!」

座海が退室し、部屋にはオーナーの真寿田と魅九だけとなった。

男アイコン「さて、結果は報告受けていますが、ご満足いただけましたか?」

沢井魅九「……はい。破壊された状態を、この目で確認しました」

沢井魅九「粉々になっていて原型がわからないくらいで……ありがとうございました」

男アイコン「それは良かった」

男アイコン「さて、こちらの仕事は終わりましたので、報酬をいただいてもよろしいですか」

沢井魅九_R「……わかりました」

魅九は事後報酬のセックスを受け入れた。
二度目のセックスだからといって、嫌な気持ちがなくなるわけではない。

だが、無理難題と思われた依頼を、相手はしっかりと完遂してくれた。
真面目な彼女は、しっかりと約束を守ったのだ。






沢井魅九_R「これで支払いは済ましたね」

男アイコン「えぇ。しっかりと堪能させていただきました」

男アイコン「こんな商売をしていてなんですが、あなたは過去のお客様のなかでも非常に魅力的な女性です」

男アイコン「良かったら、最後に握手させてもらえませんか」

沢井魅九_R「はぁ。握手くらいでしたら」

真寿田はここで初めて、右手の手袋を外した。
見たところ普通の手で、魅九からすればなぜセックスの時も外さなかったのだろうと不思議に思う。

だが、その理由は握手してわかることとなった。

沢井魅九_R「ああっ……!?」

素手で握手した瞬間だった。
真寿田から魅九に電流のような刺激が伝わり、彼女の脳を犯したのだ。

男アイコン「ちょうど弁護士が欲しかったんですよ」

男アイコン「あなたは若くて綺麗だし、「住人」として合格だ」


真寿田の右手。
それは触れた人間を自らに忠実な人形に変えてしまう力を持っていた。

触ると強制的に発動してしまう力なので、普段は手袋をしていたのだ。


ともあれ、沢井魅九は右手で触れられてしまった。
それはすなわち、彼女が真寿田に支配された人形になったことを意味している。




――――2週間後

共通 背景 街 夜

『レンタルショップAYATSUTA』が入っているマンションに、新たな入居人がいた。


005_20220118115858afd.png

その人物の名前は沢井魅九。
新たな住人としてマンション306号室に入居した彼女は、これから表向きは女弁護士として今まで通りの生活をつづけながら、裏では真寿田の経営するAYATSUTAの人員として働くのだ。

そして当然のことながら、真寿田の好きな時にその体を抱かれる慰み者としても……。




関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 オリジナル
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す