FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1482)
虚ろ目イラスト (15)
エロゲレビュー (134)
同人&エロ漫画etcレビュー (185)
オリジナルSS (44)
総集編 (21)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (9)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (9)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (52)
宇崎ちゃんは遊びたい! (5)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (8)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (15)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (2)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (10)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (18)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (17)
つよきす (16)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (0)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (3)
とある科学の超電磁砲 (12)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (11)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (12)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (166)
ハヤテのごとく! (10)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (20)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (7)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (21)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (4)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (1)
フリージング (7)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (6)
ポケットモンスターシリーズ (17)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (68)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (35)
みなみけ (9)
名探偵コナン (6)
めだかボックス (6)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (36)
ONE PIECE (12)
作品ミックス (5)
ピカッとハウス同人関係 (41)
催眠帝刻学院公式 (5)
コラボ企画 (41)
戦闘員、派遣します! (0)
サキガケ⇒ジェネレーション! (0)
ムシブギョー (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

間抜け騎士セラフィーナ・ストラーロ~お前なんか愛してたまるか!~

「私にこんなことをさせるなんて、生きて帰れると思うなよ」

「間抜けなセラフィーナが何を言う。操心魔法で操られているくせに、生意気なことをぬかすな」

「くそぉ……!」

セラフィーナは魔法使いダイモンによって操心魔法を施されてしまい、誰にも知られていないところで好き放題に弄ばれていた。
今もこうして体の自由を奪われ、性的に奉仕させられるという屈辱と辱めを受けている。

「ふふ、なかなか悪くない胸だ」

「貴様に褒められても嬉しくない!」

「そうか?なら嬉しくなるようにしてやる」

「な、何をするつもりだ!?」

「いいからお前は地面に寝転んで足を開け。口の悪い女は、下の口で躾けするのが一番だからな」

体の自由が効かないセラフィーナは従うしかなく、犯されるとわかっていて屈辱的なポーズを取らされてしまう。



「くっ、クソぉ……!」

屈辱的な表情でせめてもの抵抗を示そうとするセラフィーナだったが、ダイモンが軽く指をパチンとした瞬間、彼女の意識はガラリと変わってしまう。

「はぁはぁっお、オチンポくださいぃ

「ハハ、淫乱な牝犬だな」

「ああん褒められちゃったぁ

一瞬にして発情した牝犬のようにされてしまったセラフィーナだが、今こうしている記憶はしっかりと残る。
それが彼女に強い屈辱と恥辱を刻み込むのだ。

「どれ、戻してみるか」

また指を慣らすと、彼女の意識は元に戻る。



「―――ハッ!?」

「ハハ、俺のチンポがそんなに欲しいならくれてやるぞ」

「お、おのれぇ……!」

数秒前の自分が卑しいおねだりをしたことを覚えているセラフィーナは、それ以上拒絶の言葉を口に出来ない。
したところでどうせ挿入されてしまう。
なら今の正気の状態で犯される方がまだマシ、そう思っていた。

だが、挿入直前のダイモンの一言でセラフィーナは今までにないほど取り乱すことになる。



「おっと、そうだ。チンポをハメるまえに教えておいてやるよ」

「な、何をだ!」

「お前はな、次に俺に中出しされると完全に魂が変わってしまうんだよ」

「!?」

「つまりな、俺だけを愛し、俺に絶対の忠誠を誓う魂の奴隷になるわけだ」

「すぐにそうしてやる」

「そ、そんな!?や、やめろ!嫌だ、お前の奴隷になんて、な、なりたくない!」

なまじ正気じゃなければここまで恐怖し、取り乱すことも無かっただろう。
抵抗などできないが、心だけは必死に抗おうとする。そうすればそうするほど、必ず来る射精と自身の変質により恐怖することになるというのに。



「嫌あああああッッ!!」

かつてない絶叫。それが終わった時が、セラフィーナの魂が変質し、生まれ変わった瞬間であった。



「ダイモンさまぁすきぃあ、愛してますぅ

奴隷へと生まれ変わったセラフィーナは、最愛の御主人様を離すまいと腰に足を巻きつけ、腰を振って何度も何度も子種を注いでもらった。

―――



「れろれろっ…これまであんなに非礼を重ねてきた私に…れろれろっ

「あんなにたくさん子種を注いでいただき、ありがとうございますぅ

「今にして思えば…御主人様の奴隷になりたくないないと思っていた自分が恥ずかしいです……」

「殺してやりたいほど…愚かでした」

お掃除フェラをしながら非礼を詫びるセラフィーナは、過去の自分を恥じ、貶める。
それは明確に過去の自分との決別を意味し、完全に奴隷になったという証明でもあった。



その夜、セラフィーナはダイモンのことを想いオナニーしていた。

「ああっ御主人様ぁっ

「好きっ大好きぃっ

「だめぇ…も、もう我慢できないっご奉仕しないと死んじゃううっ

体が高まり、切なくなり、もはや自分で慰めて満足などできはしなかった。
どうしようもなく火照ったセラフィーナは、居ても立っても居られなくなり、主の部屋を訪ねる。
それは誰がどうみても夜這いだった。



「こんな時間にどうした?」

「ご、御主人様に御奉仕させていただきたくてぇ…

「我慢できずに来ちゃいましたぁ

「なんだ、その淫乱な体を持て余してるのか」

「ふふ、まぁいい。ちょうどヤりたいと思ってたところだ」

ダイモンは昼間にセラフィーナを何度も犯したにもかかわらず、その無尽蔵な精力で夜が明けるまで何度も何度もセックスに興じた。


―――




次の日、セラフィーナはダイモンと木陰で逢瀬に耽っていた。

「奴隷が俺を呼び出すなんて何事かと思ったが、まさかチンポが欲しいだけだなんてな」

「も、申し訳ございません御主人様ぁ……」

「昨日たっぷり注いでやったのに、まだ欲しいのか」

「はい…欲しいですぅ

セラフィーナは隠すことなくチンポをおねだりし、そのまま地べたに寝転んで足を広げた。



「御主人様のオチンポが欲しくて欲しくてたまらないのぉ

(フッ…これから色々調教してやるつもりだったが、昨日一晩で仕上がってしまったみたいだな)

「セラフィーナ、俺のチンポが欲しいなら牝奴隷妻になって俺の子を産むと誓え」

「なりますぅ牝奴隷妻になって御主人様の子供を産みますぅ

「ですからオチンポくださいぃ

「あぁ、わかった」

セラフィーナはこの翌日、ダイモンと結婚し、二度と消えない永久隷属魔法をかけられることで誓いを立て、正式に牝奴隷妻になったのだった。

そしてそのお腹には、ダイモンとの子供を宿していたのだった。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す