FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1662)
虚ろ目イラスト (33)
エロゲレビュー (171)
同人&エロ漫画etcレビュー (240)
オリジナルSS (67)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (16)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (9)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (9)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (18)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (2)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (13)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (30)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (11)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (84)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (48)
みなみけ (9)
名探偵コナン (14)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (5)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (49)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

真剣で私に相談しなさい!クリスティアーネ・フリードリヒ編その3

「あ、いやっ……ひゃんっ!?そ、そんなところを触っ……!」

敗北したクリスは部屋に連れ込まれ、体を触られていた。

「クリス。あなたは自分自身を賭けて負けたんです。御主人様に抵抗するなど、万死に値すると知りなさい!」

「あうっ……す、すいません……」

「本当に申し訳ございません……」

「私のような小娘が、御主人様に反抗的な態度を取って……」

「この身で償わせていただきます……」

これまでの謝罪を行い、それからクリスは自ら跪いてチンポを咥えた。
自分の立場を示すように気持ちを込めたフェラチオ。
それをマルギッテは厳しい目つきで監視していた。

そんな監視の元でするフェラチオはあまりにぎこちなく、射精するまでかなりの時間を要してしまう。

「イクッ……!」

「んんっ!」

「……御主人様の射精まで18分37秒」

「これでは正直牝奴隷の価値はありませんね。どこかの浮浪者どもへでも払い下げてはいかがでしょうか」

「ま、マルさん……!?」

「ハハ、厳しいな。けどこいつを手放すつもりはないよ」

「……もう一度チャンスを与えるということでしょうか」

「ま、そうだな。次に10分以内で俺を射精させたら、許してやろう」

「でなきゃお前の言う通り、価値はないかもな」

操助にクリスを捨てるつもりなどなかったが、この脅しはクリスを震え上がらせ必死のフェラチオを引き出すことになった。
ある意味で命がかかったフェラチオは、技術はともかくその激しさはすさまじく、泣きながらのそれは操助の加虐心や征服欲を満たしてくれた。

―――

「じゅるる、ぶちゅるるっ!」

「うっ……!」

ビュルルッ!

「……6分52秒です、御主人様」

「おぉ、やればできる子なんだな」

「うぅ……」

「クリス!御主人様が褒めてくださっているのですよ!?その態度はなんなんですか!」

「ひっ!す、すいません。褒めていただき……あ、ありがとうございます……」

「やっぱり価値はあるみたいだな。じゃ、次は俺が御主人様として価値がある男だってのをみせてやらなくちゃな」

ここからクリスは抱かれたが、その絶倫ぶりとテクニックを思い知らされることになるのだった。

「ああひいっ

「んああっおほおおっ

(ダメだっ

(セックスが気持ち良すぎて頭おかしくなるっ

「イクッもう無理ぃ

「イキ過ぎてぇっ」ああイクッ

「あひいいっイクウウウッ

何度も何度もイかされ、もう限界だといくら叫んでも操助はやめなかった。
アヘ顔を晒してヒィヒィ言わされているクリスを前に、マルギッテは自分の主人を誇らしげにうんうんと頷きながら見ている。

そんな光景が1時間近くも続いた。

「もうっらめっ

「おほおおおお

一際大きな絶頂で体力が尽き、プツンッと意識の糸が切れる。

気を失ってそのままぐったりとなってしまったクリスを見て、ようやく操助はチンポを抜いてマルギッテに介抱してやれと指示した。

―――

「まったく不甲斐ない!それでもドイツ人ですか」

気絶しているクリスに毒を吐きながら介抱するマルギッテは、操助よりも先に力尽きたということに強い怒りを見せていた。

「少し前までこんなクズに人生をかけて尽くしていたかと思うと、情けない!!」

「まぁそう言ってやるなよ」

「これからは俺に二人で尽くすんだ。仲良くしろよ?」

「……かしこまりました」

「御命令とあればこんな女とでも仲良くしてみせます」

「そっか。じゃあこいつが回復したら、二人一緒にヤるぞ」

「はい……けどその……」

「私はこんな未熟な小娘と違って気を失ったりはしません」

「ですからこいつが回復するまで、私一人でお相手させて欲しいです」

「んー……ま、それもアリか」

クリスに対抗心を燃やしているマルギッテを抱くのも楽しそうだと、操助は少し休憩してからマルギッテを抱くのだった。


つづく
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す