FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1662)
虚ろ目イラスト (33)
エロゲレビュー (171)
同人&エロ漫画etcレビュー (240)
オリジナルSS (67)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (16)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (9)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (9)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (18)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (2)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (13)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (30)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (11)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (84)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (48)
みなみけ (9)
名探偵コナン (14)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (5)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (49)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

オヤコカンケイハカイ催眠 ①ハカイのハジマリ

オリジナルSS用001

「なー、裕也。今日ウチに来いよ」

「音取くん……けど今日は加藤君と遊ぶ約束が……」

「来るよな?」

「う、うん……」

オリジナルSS用002

黒髪の男は音取達人(ねとり・たつと)

そこそこ裕福な家の出身で、現在は両親が仕事の都合上海外を飛び回る生活を送っているため、親からの仕送りを元に一人暮らしをしている。

もう一人は御母衣裕也(みほろ・ゆうや)
達人と同じ高校に通っている小 学生からの幼なじみで妃香里という母を持つ。
小2の頃に達人と知り合い、すぐに友人となり、頻繁に遊ぶようになった。

そこまでは普通の友達関係だったが、父が不慮の事故で亡くなり、貧困に陥りそうになった時に達人の親が手を差し伸べて支援してくれたため、達人には頭が上がらなくなってしまった。
最近では上下関係が定着してしまい、友達というより舎弟になってしまっている。

ただ、達人が恩人であることには変わりなく、嫌ってもいない。



しかし達人の支援の裏に隠されたドス黒い感情や、達人が自分の母を性的に狙っていることには全く気づいてない。



オリジナルSS用021

「あら?」

御母衣家は音取家に行く途中の団地にある。
ちょうど通り過ぎる時に、仕事から帰ってきた御母衣妃香里に会う。

(そういえばお母さん今日は早く帰ってくるって言ってたっけ)

オリジナルSS用003

「ど、どどうもっ」

「達人くん。こんにちわ。ご両親にはいつもお世話になってます」

「いえ、そんな!全然、大したことしてないっすから!」

いつも態度の大きい達人だが、妃香里には緊張するようだ。
達人の家に遊びに行くと伝えそれ別れ、姿が見えなくなるとようやく達人はいつもの状態に戻った。

オリジナルSS用004

「ほんとお前のお母さんって綺麗だよな」

「そうかな?」

「お前は家族だから意識しないだけなんだよ。フツーに考えたらめっちゃ美人だからな!」

家に到着してからも、達人はずっと機嫌が良かった。
そこから2時間ほど遊んで裕也は帰宅した。

オリジナルSS用005

裕也が帰った後、音取達人はエロ本を手に取っていた。
妃香里に一目惚れして性に目覚めたため、持ってるエロ本やAVのジャンルは人妻もの、NTRもの、未亡人もの、年上もの等が大半を占めている。
今、手に取ったのも人妻モノだ。

そして、オナニーをはじめるその前に思い出していた。

裕也の家で初めて遊んだ際に裕也の母親である妃香里と出会い、その美しさにただならぬ衝撃を受けて性に目覚めたこと。

以後、現在に至るまで妃香里に執心しており、いつか必ず自分のオンナにしようと目論んでいること。
その為に、両親に提案して貧困に陥っていた裕也と妃香里を支援させたこと。

これは妃香里を飢えさせず、かつ近くに置いておきたいという狙いで達人が両親に提案したものである。
もちろんそんな理由を言っては両親も納得しないので、真の目的は明かさず、親友を助けたいからという理由で頼み込んだ。

息子が友情に厚いことを知った両親は感激し、これを快諾したのだった。

だが、金持ちなだけでただの一学生に過ぎない達人が、どんなに恩を着せようとも妃香里とどうこうなることはできない。
歪んだ欲望を叶える術はない。

本人もそれはわかっている。

だが……



ピロンッ

「ん?」

オリジナルSS用006

「なんだこれ?」

「さいみんアプリ……?」

達人のスマホ画面には、覚えのないアプリが起動していた。

オリジナルSS用007







3日後

オリジナルSS用021

「達人くん?」

「裕也の母さん、こんちわっす」

「ムフ!また会いましたね」

オリジナルSS用058

「え、えぇそうね」

(この子苦手なのよね……)

妃香里は自分を性的に見ていることを薄々勘付いていて、正直苦手にしていた。
そのまま会話せず立ち去ろうと思っていると、引き留められる。

「ちょっとこれからお茶でもしませんか?」

「お、お茶……?」

「はい!」

―――

――



数時間後

オリジナルSS用061

「ただいまー」

「お帰りなさい」

「ちょっと遅くなっちゃったわ。今から、ご飯作るから」

「う、うん……」

オリジナルSS用067

「ん?そんなに見つめてどうしたの?」

「う、ううん なんでもない」

息子にジッと見つめられ、不思議がる妃香里。

「夕飯作るから、今のうちにお風呂入ってね」

「う、うん……」

頬を赤らめて視線を逸らしながらうなづく裕也。
今までと違う裕也の反応の理由は、実の母である妃香里を性的に意識しているからだった。

昨日まで何も思わなかった母を見て、『ドストライクで好みのタイプの女性』として性的に意識しまい、片想いの相手にするような反応を見せたというわけだ。

オリジナルSS用069

そんな裕也は、風呂場でこっそりとオナニーしてしまう。
自分の母親を性の対象にしてオカズにする、背徳的なオナニーをだ。

オリジナルSS用070

「あ、あうっ……♥」

「はぁはぁ……♥」

あっという間に高まり、射精してしまう。
この時した射精の勢いは、明らかに今までで一番だった。

それは母をオカズにしたという罪悪感よりも、圧倒的に快感が勝るオナニーとなった。

オリジナルSS用008

「ぜ、全然落ち着かない……!」

裕也は一回射精しただけでは興奮が治まらず、そのまま風呂でもう2回もオナニーしてしまうのだった。

―――

――



オリジナルSS用009

翌日、裕也は達人にオナニーしたことを報告していた。

「ハハ、3回もオナッたのかよ」

「うん……我慢できなくなっちゃって」

(ヨッシ!裕也もさいみんアプリの効果がちゃんと出てるな)

(特定の人にしか効果ないとかだったらヤバかったけど、問題なさそうだ)

「……そっか。ま、お前も男だもんな。それくらいするよな」

「俺だって最高7回はしたことあるし、それくらいはな」

「そ、そうだよね!」

裕也としては母親をオカズにしたことと、3回も連続してオナニーしたこと両方に罪悪感を持っていたが、
達人が最高7回もしたとしって、回数の方の罪悪感は薄れホッとしたようだった。

「ところでさ裕也」

「うん?」


「俺……童貞卒業したんだ」



つづく





関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 オリジナル
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す