FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1640)
虚ろ目イラスト (31)
エロゲレビュー (165)
同人&エロ漫画etcレビュー (235)
オリジナルSS (65)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (15)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (8)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (17)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (171)
ハヤテのごとく! (12)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (26)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (10)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (80)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (47)
みなみけ (9)
名探偵コナン (13)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (3)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (47)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

【作:小悪魔】悪しき欲望に取りつかれた男!悲劇のシャイニールミナス

僕の名前は、零府(れいふ)……まぁ、どこにでもいる中学一年生なのだが、ある悩みがある。
それはプリキュアをみるとどうしても襲いたくなる気持ちがあること……。

「ってだめだ、だめだ!プリキュアは世界を守ってくれているのにそんな邪念のある気持ちを抱いてはいけない!!」

襲いたいという気もちを押さえながらも、どうしても浚いたい、犯したいなんていうのはとても恥ずかしい……。

「はぁ……恥ずかしいなぁ」

「ほぉ、プリキュアを襲いたい悪の気持ちがあるのか」

「っ、誰だ!」

突如聞こえた声に驚きながら、周りをみてみるが誰もいない。気のせいかと思い、歩こうとすると突然辺りが暗くなった。

「な、なんだ!?」

「この程度の事で騒ぐな。なに、我は貴様に話したいと思い少し結界を張った」

「……お前は誰だ?そして、なんで僕に話したいと思った!」

「簡単だ。貴様はプリキュアを襲いたいと言っていたな?なら、悪の道へと落ちればプリキュアを捕らえて犯し放題だぞ」

訳のわからないことを言う。
僕たちの生活が今できるのはプリキュアのお陰なのは僕は理解しているので、その誘いを断ろうと叫んだ。

「断る!!いくら、プリキュアにたいして邪念はあってもそんな気持ちはない!」

「ふふ、貴様に拒否権はない!!それに、貴様ではない誰かがプリキュアを倒したとしょう?そうなれば間違いなく殺されるだろうな」

「っ……脅迫か!」

「事実をのべたまでだ……だが、貴様ならプリキュアを犯して支配すれば我々の野望も叶う!問答は終わりだ……悪の道へと落ちろ!」

「うわぁぁあぁぁあ!」

黒いモヤが、僕の方へと襲い掛かって飲み込まれてしまった。そこから何分経過したかわからないけど……




「なんだこの力は……」

自身の体は黒く何かに纏わりつかれていたが、なぜか先ほどまでの罪悪感は薄れていき、自分の渦巻く欲望が脳内に叫んでいた 。

《浚え、拉致しろ、犯せ。誰にもプリキュアを犯される権利を与えるな……プリキュアを倒して女にしろ》

脳内にささやく言葉に僕は反論もなにもできなくなっていた。
そうだ、僕はプリキュアを拉致して犯していけばプリキュアは僕のものになる……いくら小さい僕でも今の力なら……。

「ふふ……はははは!!」

あぁ、なんで先まで罪悪感を抱いていたのだろうか?!プリキュアといえど、一人の女の子だ……今のこの力で倒して女にすれば殺される心配はない……。

「そこの子!動かないで!」

「……誰ですか?」

「っ、闇にまとわりつかれているなんて……止めないと!!ルミナス シャイニング・ストリーム!」

僕と年変わらない女の子が、僕の状態を見て焦っていた。そして、彼女は腕を広げて叫ぶと辺りに光が走っていた……そして、目の前に現れたのは……。

「プリキュア……」

そう、僕が犯したい拉致したいと思っていた気持ちをさせるプリキュアの一人だった。たしかあのプリキュアは……

「輝く命!シャイニールミナス!」光の心と光の意志、すべてをひとつにするために!貴方を止めます」

「僕を止めるときたか……ふはは!!しかも憧れのプリキュアの一人が戦いを挑むとはね!」

「っ!なんて凄い闇……!」

溢れる闇を感じた彼女は冷や汗をかいていたが、丁度この力がどこまで通用するのか試してみたいな……。

「……いくよ」

「っ!?」

彼女が構える瞬間、僕はその場を飛んで彼女の方に接近して、拳を肩の方に狙おうとしたが彼女は冷静に回避していた。

(純粋に速い。多分、初歩的な攻撃だけど……まずは彼を止めないと!)

「はぁああ!」

「むぅ!」

僕の攻撃を回避していた彼女は果敢に攻めてきた。そんな彼女の攻撃に、僕は戦闘はなれていないというのもあり必死に回避していた。

「闇は溢れていても、戦闘はそんなにしていないのね……はぁ!」

「うぉっ!……ふふふ、面白い……」

「闇の力が強まっている…えっ…?!」

ルミナスはこちらの方に攻撃するために動こうとしていたが、それよりも早く闇の力で手足を拘束していた。

「う、動けない……?!」

「ルミナス……君はかわいい。僕とそんなに変わらないのに……ここをさわるね」

「ん?!な、な……」

ルミナスの胸をさわるとまだまだ発展途上のは理解しているが、感じたの確実だね。
それを理解した僕はルミナスに囁くように話しかけた。

「大丈夫…ルミナスを殺すとかそういうのはしないよ……ただ、プリキュアはすべて僕のてで堕ちてもらうつもりだよ」

「うっあっ……はあっん!な、なんですか…これ……!」

「闇の力で、君は敏感に感じやすくなっている。そして、今僕は……」

説明しながら彼女のあそこをかき回すと、彼女は目を見開いて絶叫していた。

「ふぁあっっ!?!」

「今さわったのはクリストスって言う部分で…あぁ、細かい説明はしませんよ?」

「うっあっ……!な、仲間がきっと私を助けに来てくれます……」

「あぁ、それでしたら助けを求めるのは不可能ですよ。どうやら、この闇の力は空間を広げると離脱するのは不可能みたいですしね……」

そう、先程この能力を少し使ってわかったのだが空間を作ると外部の音も視界も消えて、助けにはいることは不可能だと思う。

「さて……ルミナスさんは申し訳ないですが……僕の女になってもらいましょう。あぁ、避妊はしますからご安心を……ただし、はじめてはいただく……」

「い、いやっ……!?!」

ルミナスは嫌がっているけど、僕の脳内にささやくのはもう止まらず抱くことを決意して、彼女のズボンを下ろした。

「あっ…」

「では……ふっ!」

「いっ……」

彼女が痛がる声をあげると、あそこから血が出ていた。ふむ、やはりプリキュアは処女説なのはあるかもしれない。

「い、いや……!あっ……ん!あっあっあっ!」

「うっ、いい締まりですね……ふっふ……」

「やめ…ああっ!あんっ!」

「避妊はしっかり……して……ますので……!大丈夫……ゆっくりとやっていますしね」

(だめ……!だめ!!このまま受け入れたら私が私じゃなくなります……!!)

「あっん!!」

「この快感を感じた瞬間、ルミナスは僕の仲間となるようになっています。さぁ、僕と言う闇の魅力と共に……堕ちてくださいルミナス!」

「いやあ……、だめぇ…あぁぁぁぁぁあぁぁぁ!」

彼女が暗闇のなかで絶叫して、やがてあそこをゆっくりと抜くと彼女は絶え絶えとなりこちらを見ていた。

「ブラック……ホワイト……私負けました……ごめんなさ……」

最後まで台詞は言えずに気絶して俯いていた。どうやら、意識が絶えきれずに堕ちたか……。

「プリキュアは、まずは一人陥落成功。……ルミナス……大切にするよ」

ぐったりと眠っている彼女を、担いで僕は彼女を拉致し……この日から僕はプリキュアを拉致して犯す罪悪人となった……。






このSSは、ピカッとハウス所属クリエイター『小悪魔』さんの製作、編集・加筆・修正はREGZAでお送りいたしました。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す