FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1642)
虚ろ目イラスト (31)
エロゲレビュー (166)
同人&エロ漫画etcレビュー (235)
オリジナルSS (66)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (15)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (8)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (17)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (171)
ハヤテのごとく! (12)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (26)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (10)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (81)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (48)
みなみけ (9)
名探偵コナン (13)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (4)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (48)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

【作:小悪魔】陥落の連鎖。薙切真凪は娘のえりなを

俺の名前は久谷羅露……裏世界ではそれなりに名を馳せている。
前回は、あの薙切真凪とWGO一等執行官のアンを見事に陥落させた。

「んっあんっ」

「ふぁっん……」

かつて抵抗していた二人は見事に俺の女となり、今や胸を揉まれても抵抗してないし、むしろ興奮して身を委ねてくる淫乱に成り下がった。

「あんっ、本当に気持ちよくてどうにかなりそうです……」

「ふふ、この妾を陥落させたお主は本当に凄いのぉ」

「ふふ、それも二人が優しく落ちてくれたからですよ」

胸を揉まれて満足そうになっている二人をみて、あの日の夜に陥落させて本当によかったと思っている。
そんな事を考えていると、薙切真凪が思い出したように聞いてきた。

「そうじゃ、お主は薙切えりなをしっておるかのぅ?」

「まぁ知っていますが?確か神の舌の持ち主ですよね?」

「そうじゃ。妾の依頼で浚え。そして、娘共々妾と同様の女として落としてやるのじゃ」

薙切真凪の言葉に俺は胸を触っている手を止めて、真意を確かめるように見つめた。
彼女は愉快そうに良い提案だと返してくる。

「まず、アンと妾がえりなにこちらに来るように手紙を送る。無論、誰にもついてこないようにしろ……とな」

「運転は私がしますね。ですが、どうやって落とすのですか??」

「ふふふ、妾には最高の提案があるのじゃ。そうすれば娘と言えど、逆らうことはなかろう」

薙切真凪の提案に俺達は最初は??となっていたが、やがて最後まで聞くと理解できた。
そして、そこからの俺の行動は早かった。

―――

「ついに決行の日になりましたね」

アンと裏で車のなかで隠れながら、薙切真凪が外で待機しているのを見守る。
少しすると美しい娘が、毅然とした表情で歩いてきた。

「ほう?約束通りに来たのじゃな」

「お久しぶりです。お母様……この手紙を読めば誰にもついてきてほしくありませんからね」

「ふふ、脅迫を送った覚えはなかろう。ただ単純に会いたいと言ったのじゃぞ?」

「……何故今なのですか?」

「何、お主の成長をみたくなってのぅ……それよりもこれを飲んでみんか?」

薙切真凪は娘の薙切えりなに、飲み物を入っているコップを渡してきた。薙切えりなは当然疑問に思い、すぐには口にしない。

「お母様……これは?」

「まぁ、まずは飲め。そこから話じゃ」

えりなは疑問に思いながらも押し切られ、とりあえず飲みながら母親の話を聞くことになった。
当然、えりなは気づいていないが母親はにこやかに笑っていた。

「かっての妾は娘であるお主と同じく神の舌の持ち主だった。じゃが、ある日妾は料理を食べる楽しみを失い、お主の前で失踪した」

「……」

「だが、そんな妾を救ってくれたお方がいるのじゃ。えりな……お主もそのお方に仕えてもうぞ」

「え、それはどう……うっ……」

「効いてきたようじゃのぅ。今はゆっくりと眠るのじゃ」

「お母……様……」

えりなは突然の眠気に絶えきれずに、母親の方へと倒れこんだ。そんな母親は眠っているえりなに囁くように言った。

「なぁに、お主も目を覚ませば……ふふふ」

その様子を見ていた俺は車から出てきて、娘のえりなを抱き抱えて車にのせた。
当然強い睡眠薬だから彼女は目を覚ますことなくこの場を去る。


薙切えりなside

懐かしい夢を見ていた私はだんだんと眩しい光に覆われて目を覚ますと、手足を拘束されて椅子に座っていた。

「これは……?!」

戸惑っている私の前にゆっくりとこちらに歩いて細身の男が来た。つまりこの拘束をしたのはこの男?

「くくく、お目覚めですかね?薙切真凪の娘、えりな」

「……これはどう言うことか説明してもらえるかしら?」

「簡単だ。貴方は、眠らされてここに拉致されたと言うことだ」

「!?」

私が感じた嫌な予感は当たってしまった。
つまり私はお母様にはめられた。それを理解すると同時に、私の記憶のお母様は優しかったと胸を痛める。

「貴方がお母様に何かしたのね……!」

どう考えてもあのお母様がそんなことをする人思えない。それを考えれば、目の前にいる男がやった可能性が高い。

「言いがかりですねぇ。まぁ、そんな貴方に提案がありますよ」

「何かしら……」

「薙切真凪から色々とお伺いしてますよ……遠月学園の慣わしに従って料理の対戦を申し込みたいと思います」

「食載を申し込むと言うことね……。私にメリットはあるのかしら?」

そう、食載は遠月学園伝統の料理対決による決闘。
学園の生徒間で生じた争いの決着を付けるために行われる。
食戟に挑む者は自身の立場に見合った「対価」を差し出さねばならず、勝負に負けた者はその「対価」を取られて学園内の地位や権限を失う。

「あります。貴方が勝てば、貴方やお母様を解放して元通りにさせます。ただし、貴方が負ければ……俺の女になってもらいます」

「っ……」

「まさかと思いますが、逃げますか?それはそれでよし……ですが、永久にお母様を助ける手段は失うかもしれませんね」

デメリットは大きいかもしれないけど、お母様を元通りにできるなら……。

「良いわ。その食戟、受けるわ!」

「成立。審査員は貴方の母親とWGO一等執行官のアン。勝負はラーメン」

「……絶対に貴方を負かしてお母様を取り戻すわ」

決意すると共に、すでに食材も用意されていた。
料理用のステージになっていて、審査員にお母様とWGO一等執行官のアンさんもいることから二人はなにかをされているのは明白だった。

「私のプライドにかけて……やるわ」

覚悟を決めて料理をすると、彼も料理を取りかかっていた。しかし、料理をしている過程で気になるのがみえた。

「(ソースとに使うキャップに鍋へほり混む?どちらにしても……)この勝負は勝たせてもらうわ!!」

彼が何をしているのかわからないが、私も料理人としてのプライドはある。そう思いながら料理をして作っていたのだが……。

「なっ……」

「2対0。えりな……お主の敗けじゃ」

料理をして審査の結果はあろうことか、私の敗北だった。同年代にも負けたことがないこの私が……負け?!

「貴方いったい何をしたの?!」

「なに、少し隠し味をつくって美味しく食べてくれたのさ。……疑うなら食べるか?」

「っ……」

目の前に差し出された独特の匂いに私は未知のものを感じた。
恐る恐るスープをまず飲むと……そこには今までにない脳内に刺激が起きた。

「これは……!?!」

「ザーメンという特殊な味をベースに作った……これは未知の快感へと導く」

彼の言う通りに、私のあそこが何故かもぞもぞとし始めていた。そして、私は気がつけば無我夢中で其を飲みたべていた。

「(こんなラーメン食べたことがない。未知の味に未知の快感……あぁ、こんなの……)こんなの……」

「契約通りに俺の女になってもらいますよ……」

「こんなの…ダメぇぇえ!」

私の服ははだけていき、ブラジャーの姿へとなっていた。そして、審査員の二人も裸になっていて、彼の方に寄り添っている。

「どうじゃ、えりな?妾を落としたこのものの料理は」

「えりな様、自身の感じる敏感さと欲望…_それを彼の前ではどんだけ隠しても無力です……改めて敗北を認めて宣言してみるのはいかがですか」

「……そうね……私の負けよ……貴方の名前は?」

「久谷羅露。貴方の主だ……」

「えぇ、私を奴隷にしてちょうだい……貴方の未知の料理に惚れたわ」

「契約完了。これでもう貴方は俺の女だ。絶対に放さないぞ」

「ふぁんっ!えぇ、お願いします……ご主人様」

胸を揉まれながらも不思議と嫌な気分ではなかった。
ふふ、私はまだまだ知らないことがあったのね。私の秘書である彼女も彼の魅力に気付いて堕ちてもらおうかしら……。

こうして、私達親子の長く離れていた時間はたった一人のご主人様の手により、
距離が近くなり彼に永遠に身を捧げることになった……。




このSSは、ピカッとハウス所属クリエイター『小悪魔』さんの製作、編集・加筆・修正はREGZAでお送りいたしました。

関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 食戟のソーマ 薙切えりな 薙切真凪 アン
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す