FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1421)
虚ろ目イラスト (11)
エロゲレビュー (126)
同人&エロ漫画etcレビュー (162)
オリジナルSS (42)
総集編 (11)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (8)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (6)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (51)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (0)
宇崎ちゃんは遊びたい! (3)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (3)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (13)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (2)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (2)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (6)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (43)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (12)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (17)
つよきす (10)
とある魔術の禁書目録 (0)
デート・ア・ライブ (0)
転生したらスライムだった件 (0)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある科学の超電磁砲 (2)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (1)
ドラゴンボール (10)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (3)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (10)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (75)
ハヤテのごとく! (4)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (18)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (1)
Fateシリーズ (18)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (3)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (1)
フリージング (3)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (3)
僕のヒーローアカデミア (3)
ポケットモンスターシリーズ (12)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (62)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (3)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (28)
みなみけ (5)
名探偵コナン (3)
めだかボックス (2)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (2)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (1)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (24)
ONE PIECE (8)
作品ミックス (3)
ピカッとハウス同人関係 (37)
催眠帝刻学院公式 (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

外遊の罠。カガリとアスランの入国洗脳

「カガリ、着いたぞ」

「うん。エスコート頼む」

「任せてくれ」

オーブ連合首長国代表首長、カガリ・ユラ・アスハはノプヒス国首都カキカエーヤを訪れていた。
政府機能が集中しているカキカエーヤから数キロという好立地にあるセントポリス空港に専用機でやってきたカガリは、経済協力協定を結ぶための外遊だった。
護衛はわずかに一人と言う心もとなさではあるが、その一人がアスランであることでカガリにとっては十分だった。

「こちらで網膜スキャンをお願いします」

この国では入国時に網膜スキャンを必ず実施しているので、まずはアスランがスキャンしてからカガリも続いた。

その後に武器持ち込み等が無いかの身体検査を受ければ入国となるが、窓口で二人はあるものを渡された。

「えっ……」

「こ、これは……!?」

二人に手渡されたのは、それぞれの性別に適した貞操帯だった。
どういうものかは知っていたが、入国時に渡された二人は思わず絶句する。

その反応を見た窓口担当官は淡々と説明した。

「この国は宗教を基軸とした国家です」

「ですから宗教によって定められた戒律は法にも勝るのです」

「この国はでは国王の許しを得た者以外は男女ともに貞操帯着用義務があります」

「お二人にもどうか御理解いただき、装着をお願い致します」

「そういうことなら仕方ありませんね」

「……わかりました」

装着するために全裸になった二人は、それぞれ女性用と男性用で違うタイプの貞操帯を渡され、それを自ら取り付けた。

「なお、この貞操帯はマスターキーを持っている国王にしか解錠できませんが、お二人は謁見の予定がおありとのことですから解錠してもらえるでしょう」

「その際、解錠するにあたっての条件を飲んでいただくことになりますので、こちらの用紙をお目通しください」

「尚、貞操帯装着期間は衣服の着用は認められませんので、御了承ください」

紙を受け取り、内容を見た二人は共に条件を飲むと承知し、手続きを完了して正式に入国した。

「やはり貞操帯は慣れないから違和感があるな」

「あぁ。俺はまだ男だからいいけど、カガリは女性だから貞操帯だけというのは恥ずかしいだろう」

「うん、ちょっと……な」

そんな雑談をしながらも、アスランはカガリの胸を直視しないように気をつけながらエスコートした。
それでも護衛の職務上、完全に視界から外すと言うことはできないので、歩くたびに揺れる乳房を目にしてしまう。
カガリも胸を手で隠しはするのだが、両手をずっとそうしているわけにもいかず、たびたび乳首が露出する。

(くっ……!貞操帯の中で勃起するとこれ以上大きくならないから辛い……!)

そんなアスランの辛さをカガリは知らないまま、王宮に到着した。

ノプヒス国の王、タラヤニ・モキイ・カキカエーヤに謁見し、まずは挨拶を済ませる。
そして交渉前に、貞操帯の解錠を頼む。

そこで出された条件は、アスランは国王の娘であるブッサー・イクゥ・カキカエーヤと結婚し、婿養子となってノプヒス国に尽くすこと。
カガリはカキカエーヤ王の180人目の息子でまだ5歳のヤツール・アゲス・カキカエーヤとの婚約ならびにヤツールが成人するまで王の第6389肉便器を務めるというもの。
そして二人に共通して、タラヤニ・モキイ・カキカエーヤを崇拝し、如何なる命令にも従うというものだった。

「わかりました。その条件、お受けいたします。アスランもいいな?」

「はい。俺もその条件で構いません」

「グフフ、わかった。ではそなたらの貞操帯を外してやろう」

「ありがとうございます」

全ての条件を飲んだ二人は貞操帯を解錠される。

「では交渉と参ろうか」

席についた3人はノプヒス国とオーブそれぞれを代表し交渉した。
だがそれは交渉とはとても言えない、ノプヒス国側の要求をオーブが全て飲むと言う無血開城にも等しいものだった。

オーブの関税撤廃と、人的・経済的支援を取り付けたのに始まり、様々なことが即断された。
途中からはカガリを便器として使いながら交渉は続けられ、10年後の結婚の時期を目途にオーブがヒプノス国の属国化を目指すことまで決めてしまう。

もちろん大事なので、婚約発表及び属国化政策の発表前に、オーブの主要政治家を順番にノプヒスに招待して根回しという名の洗脳を施すことも決まった。

「グッフッフ!われながら見事な交渉だったなぁ」

自己満足しながら腰を振るタラヤニを前に、アスランはすっかり心酔しきっていて、同じくカガリも素晴らしい王に肉便器として使われながら素晴らしい交渉が出来たと満足していた。その時、カガリの表情は一国の代表とは思えないほど淫らに崩れた顔をしていた。



―――翌日

「では肉便器6389号、これより一度帰国させていただきます」

「同じくアスラン・ザラ、一時ではありますが未来の祖国を離れることをお許しください」

「うむ!二人共、オーブに戻ったら宜しく頼むぞ」

「ハッ!お任せを!」

「全てはタラヤニ・モキイ・カキカエーヤの御心のままに……」



それから数年後、オーブは様々な手続きを経て正式にヒプノス国の属国となったのだった。
長い人類の歴史でも前例のない、平和的な属国化を成し遂げたのであった。




関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す