FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1506)
虚ろ目イラスト (18)
エロゲレビュー (139)
同人&エロ漫画etcレビュー (191)
オリジナルSS (45)
総集編 (21)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (9)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (10)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (54)
宇崎ちゃんは遊びたい! (6)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (9)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (16)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (10)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (5)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (19)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (16)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (3)
とある科学の超電磁砲 (12)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (11)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (12)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (10)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (20)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (7)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (21)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (4)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (8)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (7)
ポケットモンスターシリーズ (17)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (71)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (36)
みなみけ (9)
名探偵コナン (6)
めだかボックス (6)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (36)
ONE PIECE (12)
作品ミックス (5)
ピカッとハウス同人関係 (41)
催眠帝刻学院公式 (5)
コラボ企画 (43)
戦闘員、派遣します! (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (0)
ムシブギョー (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

盲信催眠、ミウラ・リナルディ

ミウラ・リナルディはある男の毒牙にかかり、催眠術をかけられてしまった。
暗示によって男のことをパパと呼び、盲信するようにされてしまった彼女は、『パパ』の悪口を少しでも言った人物をその瞬間に嫌悪するようになり、非常に攻撃的になってしまう。

その変化の異常さは間もなく周囲も気付いたが、時既に遅しだった。

「―――だから、あの人をパパと呼ぶのは変だと思うの」

「それに、正直言って彼の評判は……」

「待って、それ以上しゃべらないで」

「え?」

「……クソだなお前。二度と話しかけないでくれる?」

「というより、パパを悪く言うお前にはできれば死んで欲しいな

「なっ……!?」

催眠暗示で強固に心を作り変えられた彼女が助言に耳を貸すわけも無く、当然のことながら少しでも男を悪く言ってしまえば即嫌悪されてしまうため、手が付けられない状態だったのだ。

こんな状況が続けばミウラ・リナルディが孤立するのに時間はかからなかった。



それから数週間後。

「そうだ、パパ」

「今日ね、ついにあの女とも絶交したよ♪」

「お!遂にか。お前にとっては親友だったから少し時間かかるかと思ったけど、早かったな」

「う~ん、確かに親友だったけど、そんなことどうだっていいよ」

「誰だろうとパパの悪口言うなんて許せないもんっ」

「本当は殺してやりたいくらいだったんだから」

「そうか。ふふ、それでいいんだ」

「うん!これでもう、友達一人もいなくなっちゃった♪」

「けどいいんだ。パパさえいれば……

最後の友人を失った彼女は、完全に孤立した生活を送ることとなった。
だが不幸とも辛いとも思わなかった。

大好きなパパさえいれば、他には何もいらない。
パパと一緒にいることが最高の幸せなのだから。




「シッ!シッ!」

訓練も一人でするようになった彼女に声を掛けるのは、今ではたまにくる『パパ』だけだ。
仮に他の誰かに声をかけられても無視するだろう。
今となってはまともにコミュニケーションを取る相手はパパだけだ。

「お、今日も頑張ってるな」


「どうしたのパパ。訓練中に来るなんて珍しいね」

「ちょっとムラッとしちゃってね。ちょっと、外出られるか?」

「うん、わかった」

訓練を中断し、二人は外へ出た。
まっすぐと最寄のラブホテルへ入り、セックスするのだ。

「パパ……あ、汗かいてるから匂いは嗅がないで……?」

「そんなこと気にするな。お前の汗でムレた匂い、嫌いじゃないぞ」

汗にまみれた彼女を抱いた『パパ』は、セックスのあとであることを頼んだ。
ある人物を気絶させて連れてきてほしいというのだ。

それが悪いことだとしても、パパの頼みであれば聞くようになっているのが今のミウラ・リナルディだ。
その頼みを受け入れ、躊躇いなく実行した。


(油断しているところを後ろから殴れば……!)

対象が一人で訓練中に、背後から奇襲を試みるミウラ。

力を溜め、一撃必倒で背後から襲いかかる。

だが、力を込め過ぎたことでスピードが落ち、それが原因で奇襲は失敗してしまう。

それどころか反撃され窮地に陥ってしまう。




「はぁはぁ……抵抗しやがってぇ……!!」

(パパのお願い、絶対に叶えてみせる!)

(こいつを倒せる一撃を……力をためて撃つんだ!!)



「うあああああ!!」

諦めないミウラは凄まじい気迫で全身全霊の一撃を放ち、咄嗟に顔を防御した相手の裏をかいて腹に命中させる。
ドサッと倒れた相手は気絶していて、その一撃がどれほどの破壊力かを物語っていた。



「や、やり過ぎちゃったかな……」

「死んでないよね?」

確認すると気絶しているだけでホッとした彼女は、用意していた大きい袋に気絶した女を詰め、どこかへと連れ去ってしまう。
行先は『パパ』の使っている秘密の隠れ家であり、そこで持ち帰った女はパパによって催眠術をかけられた。

言いつけを守り、しっかりと女を連れてきたミウラは、たっぷりとその体で御褒美をもらい、新たに自分と同じ『パパの娘』になった女と、姉妹のように仲良くなるのだった。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す