FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1662)
虚ろ目イラスト (33)
エロゲレビュー (171)
同人&エロ漫画etcレビュー (240)
オリジナルSS (67)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (16)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (9)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (9)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (18)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (2)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (13)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (30)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (11)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (84)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (48)
みなみけ (9)
名探偵コナン (14)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (5)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (49)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

夢と欲望の幸せ監獄楽園 STAGE.38

小悪魔さんとのコラボ作品となります。

夢と欲望の幸せ監獄楽園

ボーガンとの決戦後に、俺は久々にベットから起き上がることができた。
あのボーガンのせいで、本当に傷だらけだったし、真面目に命がやばかった。

「(こんな無茶したのばれたら募ってくれる人達をまた怒るなぁ。一応限度は気を付けているけど今回ばかりは……)無茶してでも助けないといけない戦いだったからな」

起き上がって医務室で軽くストレッチしていた。
寝ていたせいで体が凝りまくっているし、本当に辛いわ。

「はぁぁ……まだ痛むけどましかな?」

「やぁ、クロ。体調はどう?」

目をキラキラしながらこちらにやって来たピカは、何か企んでいるかもしれないが……まぁ、こいつなら大丈夫か。

「体調は問題ない。痛みは少し気になるが、戦闘もないし問題ないな」

「そうかそうか……うん、よし!医務室から出てある場所にいこうよ!」

「は??」

ピカの真意はわからないが、とりあえずは医務室に出ていっていいのか?
そう戸惑いながらも、真っ黒のタンクトップを着て医務室に歩いた。

「クロ、君は手負いながらもマヤ様達を助けてくれた。それはすごく助かったけど、ひとつ聞きたいのはなぜマヤ様達を助けたの?君は本来なら平行世界の人間……その気になれば知らないフリも出来たわけだよね」

「知らないフリか……そんなの出来るわけないだろ?素性の知らない俺をここで雇ってくれた上にたくさんの事を教えてくれたマヤ様達を見捨てるわけないでしょ?」

「確かに君の性格上は見捨てないものね。短い付き合いなりに理解していたよ。でもね、大ケガを負って意識不明になるのは本末転倒だよ」

「それは反省している。まさかあそこまで手負いになると思わなかった……」

「いやいや、きちんと助ける前にも言ったよ。出来る限り無茶はしない様にって」

まぁ、確かにそれを言われていたけれどもこれくらいは行けると思った。
向こうの世界で大ケガはすることあったけど、意識不明までは経験してなかったな……。

「まぁ、もう終わったからいいけどね」
 
「今回ばかりは無茶しても助けかったしな。そういえば、ある場所って言うのは?」

「ふふ、ここだよ」

「ここは……王室??」

マヤ様達が使う部屋なのに、いったいなぜもったいぶるようにここに案内したのだろうか?そう疑問に思っていたら……。

「まぁまぁ、入りなよ!」

ピカに言われてとりあえずは入ることになった。普通ならなんの事ない光景だが……。

「な、なな、な?!?」

「あら、クロ。来たのですね。怪我の状態もよくなっているようで安心しましたわ」

「ようやく来たか」

「ふん、此度は助けてくれたのを礼言う」

「ナオミ、その言い方はダメよ。ふふ、助けてくれた騎士様二人のお揃いね」

「なんだこれ!?!!」

王室に入った光景でみたのは、ブラジャー姿のマヤ様とアリシア様とナオミさんとリエリ様が待っていた。
え、まってどういうこと!?!マヤ様は上はブラジャーで下はスカート…それ以外の人は下着姿!?

「ふふ、クロ。君にご褒美だよ!」

「はい?」

いったいどう言うことだと思っていると、ピカが自信満々に説明し始めた。
いや、色々と突っ込みはあるけど、マヤ様たちのブラジャー姿がエロすぎて頭の整理が多すぎて情報整理が……!!

「(昨日、クロと別れたあとに、マヤ様達を眠らせて、リエリ様達も無理矢理眠らせたあとにカプセルを閉じ込めて、四人とも洗脳したのは内緒。ただし、上書きでマヤ様は好きな人に抱かれるように仕組んだけどね)マヤ様、アリシア様、遅くなりました。この度は、今回の功労者のクロをつれてきました」

「うむ、ご苦労。して、クロよ」

「は、はい!もしお着替えのタイミングでしたらすいませんでした!!!」

「よいよい、これはお前達のご褒美だ」

「はい?」

アリシア様の言葉に、俺は疑問を思っているとマヤ様が優しく微笑みながら俺に話しかけた。

「あなた達が私達を助けてくれたのは事実です。実はあなたが倒れている間に、どうしたら元気になるか考えてました」

「しかし、クロも知っての通り我らはあの男に汚された。正直、精神的にきついのもあるが……そこで、私達は考えた。あんな男達に抱かれたのを上書きすればいいのではないかと」

「いや、なんでそうなるのですか!?!」

「これは、マヤ様達のご厚意だ。僕も最初はそれはどうかと悩んでいたけど……人妻を抱けると言うので喜んで受けた!いや、正確には未亡人?」

待て、こいつはこいつでぶれていないけど、まさかこいつ俺が寝ている間に洗脳してないだろうな!?それともこれは全部ボーガンが悪いのか?

「ピカは私を抱け。あと、リエリとナオミもお前が抱け」

「(洗脳でアリシア様の好きな人とは別れて、僕に好きになるように仕組んだけど)よろしいのですか?」

「構わない。言っておくが、私達は誰彼構わずに抱かれたいと思っていないからな?お前達だからこのご褒美だ」

「ふふ、ピカ君よろしくね?」

「ふん、我らを満足にさせれるのか?」

あれ?ピカの奴いつのまにか、目がキラキラしているし、服をゆっくり脱ぎぬがらアリシア様達の方を見ているけど?

「ふふ、夢のようですね……!アリシア様達を満足にさせれるように頑張ります!(夢のハーレムを味わえる!!)」

「なんかあいつ……アリシア様達に何かした??」

「クロは私の方を見てくださいな」

ピカが俺が寝ている間に何かしたのか気になりながら考えていると、マヤ様がブラジャー姿でこちらに歩いてきた。

「マヤ様!体調は大丈夫ですか?」

「問題ありません。それよりも私達もやりましょう」

「その……俺でよろしいのですか?」

「あなたは平行世界の人。ここには王女と民間と言う関係ありませんよ……それに……んっ」

「!?!」

マヤ様は優しく俺の体を抱きついて、俺の唇にキスした。キスされた俺は驚いていると、マヤ様はやさしくこちらを見て……。

「私はあなたの事が大好きです。洗脳でもなんでもなくこれが私の本心です」

「……よろしいのですか?俺は平行世界から来ている……いずれは帰ってしまう存在なのですよ?」

「それでもです」

「私はあなたに抱かれたい。例え向こうにあなたの好きな人や大切な人たちがいても……私もあなたに抱かれたいの。それに、私は決意しました……あなたのいる世界に行って、今度はあなたを助けると」

マヤ様はそういって、穿いていたスカートをたくしあげて、下着がはいていないと言うのをアピールしていた。

「んなっ!?」

「ふふ、これからスカートも脱ぎますね」

マヤ様は笑顔でスカートを脱いで、上のブラジャーもゆっくりとはずしてからこちらに見て

「抱いてください。私はあなたの事をお慕い申し上げます」

「…… わかりました。一人の女性がここまでアプローチしているのに応えないなんて最低ですものね」

俺もタンクトップも脱ぎ、彼女を抱く決意した……。
彼女が望むなら、上書きして、あんな男よりも気持ちよくやさしくして見せる。






この小説は
シナリオ:小悪魔さん
編集、タイトルイラスト:REGZA


でお送りいたしました。

次回更新は12月3日!是非また見に来てください!!
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す