FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1631)
虚ろ目イラスト (34)
エロゲレビュー (171)
同人&エロ漫画etcレビュー (246)
オリジナルSS (68)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (16)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (9)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (16)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (9)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (18)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (2)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (13)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (31)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (12)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (85)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (48)
みなみけ (9)
名探偵コナン (14)
めだかボックス (5)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (5)
らんま1/2 (5)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (50)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (45)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

夢と欲望の幸せ監獄楽園 STAGE.11

小悪魔さんとのコラボ作品となります。

夢と欲望の幸せ監獄楽園

ダンスパーティーも終わり、アリシア様の護衛もその日は無事に終わった。
帰った翌日の朝にマヤ様に昨日の出来事を話すと……。

「ジル男爵は姫姉様に何て失礼なことを……!クロ、不届きものをよく成敗してくれました」

満足そうに頷いていた。ジル男爵は前々からアリシア様に対していい印象はなかったらしいが……。

「周りの声は気にしなくっていいのです。クロは自分の責務を全うしましたから」

「ありがたきお言葉です。本日はどのように動けば……?」

「そうですね…近々異邦人が来るのは話しましたね?」

「はっ。料理の用意もきちんと出来ますが……何かあったのでしょうか?」

「いえ、大きな問題はありません」

「実は明後日にその異邦人がこられるそうなのですが、その時に姫姉様の知り合いもこられるそうです」

「アリシア様の知り合いですか?」

「えぇ。クロに帯同することは此方が許可していますが……当日は少し服装をおしゃれにしませんか?」

え、この動きやすい格好をしているの気に入っているのにお洒落にするというのは……?

「ピカとあなたにおしゃれな格好をしてもらいます。その異邦人にあうときは、ピカも帯同してもらいますから」

「ピカもですか?」

「姫姉様は、ピカの腕前も性格の良さも買っています。まぁ、人妻にナンパする点を除けばですが……」

マヤ様は苦笑されていたが、ピカの信頼されていることがよくわかる。
そして、いい意味でも悪い意味もそこも評価されていることに……。

「私は今日は姫姉様と会談に向けてのお話ですが、クロはどうします?」

「ピカと明後日の打ち合わせをします」

「そうですか。でしたら、もし終わりましたらすぐに来てくださいね?まだまだお話聞きたいのがありますから」

マヤ様とはじつは話す時間あるときに、俺の世界の楽しい話をしている。
それを知っているアリシア様は、「マヤとは、これからも仲良く話してほしい。年が離れていないと言うのもあるかもしれないが、マヤはピカとお前に心許しているぞ」と言っていた。

「わかりました。では、失礼します」

マヤ様が心許してくれていることに嬉しく思いながらも責務を全うするつもりで、やると決めた。

「ピカ、待たせたな」

マヤ様と別れた俺は少し離れた場所にいくと、ピカは今日は女装ではない姿で待っていた。

「よ。久々に女装ではない姿で体も気持ちも楽だよ」

「それはよかった。アリシア様は、またお前の女装を考えているが今日はその被害はなかったか」

「あはは、僕は男だからね?あと、その不穏な情報は聞きたくなかったなぁ」

「で、俺にわざわざ話ってなんだ?」

「僕がマヤ様とアリシア様は知り合いなの知っているだろ?で、僕は彼女達の知らないあることしているのだよ」

マヤ様とアリシア様が知らないあることをしていると言うのに、気になってそれを聞いた。
ピカは少しいたずらっ子の顔でこちらを見ていた。

「研究」

「なんのだよ」

「それはねーーー」

ピカのやっている研究の内容を聞いて俺はあきれるも、これは追求しない方がいいと思い聞かなかった。

「そうそう!クロに聞きたいのだけどさ、彼女いるの?」

「いないに決まっているだろ?そういう君こそいるのか?」

「ふっ……そんなのいないよ!!」

そんな堂々と言うことではないと思うのだけど……まぁ、それはおいといても話は終わっていないからな。

「じゃあ、なぜ聞いたんだよ」

「そんなのは決まっているじゃないか?聞きたいから聞くし、それに僕は人妻好きだから付き合うなら人妻!」

「アリシア様達に報告だな」

「あ、ごめんなさい。それだけは許してください」

きれいにお辞儀するがこいついつか本当に人妻になにかをしそうで怖いなぁ。
それにしても、好きな人がいないのは、この世界ではいないの意味を含めてだがな……。

「そういえば、ピカは大司教とは面識あるか?」

「大司教?んー……あると言えばあるかな?それがどうしたの?」

「どう感じる?俺は旅人だからかあれは信用できないな」

「それはわからないでもないかな?僕も信用はしていないよ?」

まぁ、これはこちらの世界の経験上なのかもしれないけどなんかこう……ドス黒い嫌な感覚だよなぁ。

「そうそう、マヤ様は彼氏もいないの知っていた?」

へぇ、マヤ様なら婚約者いてもおかしくないのだけど色々とあるのかもしれないな。まぁ、そこは俺が言える立場ではないかな。

「知り合いのお前は狙わないのかよ?」

「マヤ様は綺麗だけどそれは僕の方ではないかな?僕は絶対に人妻を狙う!!そして、偉大なる夢は人妻ハーレムを作り上げること!!」

「……え、冗談だよな?」

たまにピカの人妻に対するその意欲はどこからわいてくるのか不思議でしかたがない上に心配になるな……。

「さて、真面目に明後日の打ち合わせをしましょうか」

「ですね。アリシア様にサボっていると思われてはあれなのでね」

「警備体制はしっかりしているのは当たり前として……心配なのは襲撃テロですかね?アリシア様やマヤ様が強くっても、やはり数でこられると心配ですね」

「それはあり得ますね。それと――」

色々と打ち合わせをしながら最悪のケースもこだわり、そしてマヤ様達の美濃安全を守るための最悪のケースも考えていた

「はぁぁ……話しすぎたな」

気がつけば遅くなり、マヤ様がまだ起きているか心配で向かうとマヤ様がようやく来てくれたと言わんばかりにこちらを見ていた。

「もう遅いですよ、クロ。打ち合わせははかどりましたか?」

「遅くなり申し訳ございません。えぇ、打ち合わせは無事に終わりまして、これで当日迎える予定です」

「それはお疲れさまです。ですが、私の方に来るまで時間を経っていますね?罰として、故郷の話を聞かせてくださいな」

マヤ様が少し不機嫌そうに言うも、待ちくたびれた子供のように言っていた。俺は微笑みながらマヤ様の方に歩み寄って答えた。

「わかりました。マヤ様の命令であらば従いましょう」

「それでいいのです」

マヤ様の命令に逆らうことなく敬っていた。マヤ様は嬉しそうに笑っていたので俺も微笑みながら話を切り出した……。




この小説は
シナリオ:小悪魔さん
編集、タイトルイラスト:REGZA


でお送りいたしました。

初日の今日は一挙24話掲載!
次回更新は本日AM11:00!是非また見に来てください!!
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す