FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1662)
虚ろ目イラスト (33)
エロゲレビュー (171)
同人&エロ漫画etcレビュー (240)
オリジナルSS (67)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (16)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (9)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (9)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (18)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (2)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (13)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (30)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (11)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (84)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (48)
みなみけ (9)
名探偵コナン (14)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (5)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (49)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

夢と欲望の幸せ監獄楽園 STAGE.08

小悪魔さんとのコラボ作品となります。

夢と欲望の幸せ監獄楽園

マヤ様との出掛けを終えた翌日、いつも通りにマヤ様を起こしに向かった。
その最中にピカと遭遇したが、珍しく女装ではなかった。

「やぁ、クロ」

「ピカ、今日は女装ではないのだな?解放されたのか」

「そう、ようやく解放されたのさ!アリシア様とマヤ様が残念がっていたけど、僕は男な上に女装は趣味ではないからね?」

「どうだか?女装しているときの君はノリノリとやっていたではないか?」

思い出すのは、マヤ王女様がフード姿で出掛けているときにナンパされることがあった。その時のこいつは……。

『ごきげんよう。急いでいますので、失礼しますね?もしも、しつこく誘うようでしたら…ね…?』

と深いようで深くないメッセージを込めていた。
こいつは、こういうのノリノリで対応していたのをマヤ様と俺は少し引いていたのを忘れない。

「さて、マヤ様の部屋に到着……マヤ様、おはようございます。お部屋に入ってよろしいでしょうか?」

「く、クロ!!いいところに来てくれました!助けてください!」

「「!?」」

あのマヤ様が助けてくださいと言うことはきっととんでもないなにかが起きたと言うことか!?
ピカも驚きながらも同時に部屋を入り込むと、涙目のマヤ様がいた

「マヤ様、何がありました!?まさか不敬者が!」

「あ……あれを……」

「「あれ……?」」

マヤ様の指した方向を見ると、小さな虫がそこにいた。つまり、マヤ様は虫が苦手と言うとか……。

「ピカ、窓開けて」

「了解」

ピカには窓をすぐに開けてもらい、虫を外に追い払った。さっさと追い払った俺は、すぐに周りを確認した。

「こちら異常なし。クロの方は?」

「こちらも異常ない。マヤ様、もう大丈夫です」

「うぅ……恥ずかしいところを見られました……ありがとうございます」

マヤ様は自身の振る舞い恥ずかしげに俯いていた。
嫌々、恥ずかしくなることはないと思いたいけど口出せば何されるかわからない。

「では、俺達は出ます。アリシア様もお待ちしていますので」

ここにいつまでいてもあれなので、急いで出ていった。
そして、ある程度時間経過してからアリシア様がいるところへとマヤ様と一緒に向かった。
ピカは女装命令されるのはいやがっていたので、見回りをすると動いていった。

「マヤ、朝はなんだか騒がしかったがどうした?」

「うっ……その……」

「まさかと思うが、またか?」

「……はい。恥ずかしながら……」

またということは、前はどうされていたのだろうか?マヤ様が虫が苦手なのは把握したけども……。

「マヤは昔から虫が大の苦手でな……前に虫が出まくっていたときにはレーザーガンを撃ちまくって壁を穴だらけにしていたからな」

「そ、それを彼の前で話さなくってもよろしいではないですか!?」

マヤが恥ずかしげに訴えているが、アリシア様はクスクスと笑っていた。
俺はどういう顔をすればわからなかったが、とりあえずは抜けておこう。

「あ、そうですわ。クロ」

「……はい?」

「あら、どうした驚かれますか?」

「い、いえ!こちらの世界に保護されてから初めて名前呼ばれたので……」

そう、この世界に保護されてから初めてだし。
今までは貴方とかそんな感じにしか呼ばれていなかったものだから……。

「あぁ、確かに名前を呼んでいませんでしたね。貴方のこの期間の間に、監視した結果信頼できるとわかったがゆえの判断です」

「か、勘違いしないでほしいのは部下として信頼できると判断したからですよ!」

マヤ様が顔真っ赤にしているのをみて、この人は本当に優しい人だなぁと思った。
そういえば、俺に話があるということはなんだろうか?

「えぇ。近々、異邦人のものがこちらに来ますが……クロ。貴方も帯同して欲しいのです」

「俺がですか?よろしいのですか?」

「えぇ。貴方の料理は本当に美味しいので、そのもの達に提供して欲しいのです」

なるほど、国としても美味しいのを知れば交渉としても使える上に親密になれるのは理解できる。

「それと、今夜は姫姉様の帯同をしてほしいの」

「これはマヤと話して決めたことだ。実は今夜は夜会があるのでな……私の従者として今夜はついてこい」

「俺だけでしょうか?」

「あぁ。ピカは、たまには休ませるつもりだ」

まぁ、夜会となればあんまり大勢につれていくのもあれなのだろうけど、なぜ俺を指名としているのだろうか?

「そういえば、クロ。この間の機体を覚えているか?」

あぁ、安心してほしいが、私とマヤ以外は入れないようにしているからな。尤も貴様以外は起動しないようにされているがな」

「はっ。俺の機体になにか異変が?」

「いや、そこはいい。貴様のあの機体のなかに何が入っているのだ?」

「護身用ですね。主に銃とかナイフとかですが…」

「ふむ……」

アリシア様はなにか考えるようにしてから、俺にあるものを投げてきた。
投げてきたものを受けとると、刀とそれを納めている鞘を渡された。

「こいつは、少し古い刀だが貴様にやる。それで今夜つけて私についてこい」

「御意」

「ふ、では下がれ」

アリシア様は満足するように下がった。今夜の動きは決まったし、今後の動きは決まったが……異邦人っていっていたが、戦争とかしているのにいいのかな?まっ、あの二人には恩があるし別にいいか。



???side

ある暗闇の場所で男は一人の女性を抱いていた。その女性は抵抗する力はなく、ただ抱かれていた。

「ほう?近々そちらに行くつもりだか準備は万端なのか?」

「あっあっ……!」

一人の男が女性を抱きながら通信を開いていた。その通信相手は、笑いながらその回答にはyesと答えていた。

《えぇ。今はなにも仕掛けていませんが……そちらの画像を送信しますね》

「ほう……ふふふ」

《満足いただけましたか?では、通信きりますね》

「あぁ。定時報告ご苦労」

男は相手との通信を終えると、一人の女性の胸を鷲掴みして挿入していた。

「あっ!あぁっん!」

「くくく、美貌の王女達か……ふふ……あははは!貴様達も利用できる以上使わせてもらうぞ!」

男が嬉しそうに見ていたのは、気高く美しい女性である二人の画面を見て愉快そうに笑いながら女性を抱いていた。







この小説は
シナリオ:小悪魔さん
編集、タイトルイラスト:REGZA


でお送りいたしました。

初日の今日は一挙24話掲載!
次回更新は本日AM8:00!是非また見に来てください!!
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す