FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1642)
虚ろ目イラスト (31)
エロゲレビュー (166)
同人&エロ漫画etcレビュー (235)
オリジナルSS (66)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (15)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (8)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (17)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (171)
ハヤテのごとく! (12)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (26)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (10)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (81)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (48)
みなみけ (9)
名探偵コナン (13)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (4)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (48)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

真・バカとテストと催眠術 1日目『催眠暗示』

真・バカとテストと催眠術 1日目『催眠暗示』

story145.png

謎の女から催眠スプレーを奪い、見事に催眠状態に陥れた赤路玄児。
人目につかないところに誘導すると、緊張しながらも催眠暗示を試みた。

ストーリー用102

(え、えっとまずは……確かエロゲーとかだともっと深いところに落としてから暗示だよな……?)

「えぇと、あなたの心は今、ふ、深いところにあります」

「私の心……ふかいところ……あります……」

「そ、そうです。今から数を数えていくと、もっともっと深いところに心が沈んでいきます」

「数……もっともっと……しずむ……」

「じゃ、じゃあ数えます。イチ……ニ……サン……」

玄児は自分なりの知識で暗示をかけられる状態にすると、まずは素性を確認することにした。

ストーリー用102

「あ、あなた俺の質問に隠さず、素直に答えます」

「私は……しつもんに……素直……こたえます……」

「あなたはどこの、誰ですか?」

「私は……吉井玲……文月学園生徒の……吉井明久の姉です……」

「えっ」

これには玄児も驚いた。
良くも悪くも有名な吉井明久の姉が、こんなに美人だということに。

とりあえず明久の姉だと知ったことで、今度は再び催眠状態にするためのキーワードを設定することにした。
これも催眠エロゲーで良くあるものなので、その大事さもわかっている。

ストーリー用102

「焼け石に精液……いつでも……この状態に……」

「そうです。どんなに怒っていたり、興奮していても、必ずこの状態になります」

「かならず……このじょうたい……」

キーワードさえ設定してしまえば、あとはいつでも催眠状態にできる。
だから次にすることは、玲の記憶を操作し、催眠スプレーや自分と何があったかを忘れさせることだ。
そうすれば、とりあえず解放しても恐らく大丈夫だと玄児は考えた。

ストーリー用101-1

「ふぅ……」

(良し。まだ催眠は解けなさそうだ。こ、これなら……!)

「あ、あなたは男性経験がありますか?」

「いいえ……ありません……」

「!?」

ストーリー用104

「しょ、処女……?」

容姿からてっきり経験豊富だと思い、大人のお姉さんにセックスを教えてもらう定番のシチュエーションをするつもりだった。
けど処女なら、違う暗示にしないと成立しない。

(うーん……そ、そうだ!)

もう一つ、以前からやりたいと思っていたシチュエーションを思いつく。
それは『処女と童貞を交換する』というものだった。

そしてそれは、催眠を使えば実現できるものだった。

「んっと……あ、あなたは自分の処女がとてもいらない価値の無いものだと思います」

「じぶんのしょじょ……いらない……価値のない……」

「そうです。そして、処女を捨てるには男の童貞と交換するしかありません。つ、つまりセックスするしかないと思います」

「しょじょ……捨てる……どうてい……交換……」

「セックスするしかない……」

それをするのが今自分にとって最も大事なこと。余計なことは考えない。
そして自分の住所のメモを渡して、そこに童貞がいると情報を掴んだと思い込ませる。

これで吉井玲は自分から家に来てセックスしてくれる。
粗のある暗示ではあるが、結果的には上手くことが運ぶことになる。

しかし今の玄児は胸が爆発しそうなほどの期待と不安に襲われていた。

(あ、あとは目を覚まさせて……あ、いやまずは記憶。そう、記憶を……!)

散歩で外に出たという記憶と、これから帰るところだったという認識を与え、ついでにシャワーを浴びて体を入念に綺麗にするという暗示も与える。

「なぜ体を綺麗にするかは、気にしません」

「なぜ……きれいに……気にしません……」

「あと、あとそう、ブラは自分に不必要だと思います。の、ノーブラで注目を浴びたりしても気にしなくなります」

ここまでで思いついた暗示を全て終えた玄児は、後始末をした。



「――――そしてあなたは目が覚めると今までかけられた暗示の内容は全て思い出すことが出来ません」

「ですが、あなたの心の奥底では確実に覚えていて絶対にその通りになります」

「はい……」

「思い……だせません…………絶対に……その通りになり……ます……」

「いいでしょう」

「では、これからあなたは校門へ移動します」

「そして学校の外へ出ると普段の意識を取り戻します」


「はい……わかりました……」

ストーリー用105

「よ、よし!」

(あとは家に帰って待つだけだ!)

(あ、でも掃除しないとっ)

(っていうか……)

「……はぁ、緊張した」

玄児は胸を高鳴らせつつ家に急いで帰り、掃除して玲がやってくるのを待つのだった。



つづく
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 バカとテストと召喚獣 吉井玲
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す