FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1506)
虚ろ目イラスト (18)
エロゲレビュー (139)
同人&エロ漫画etcレビュー (191)
オリジナルSS (45)
総集編 (21)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (9)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (10)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (53)
宇崎ちゃんは遊びたい! (6)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (9)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (16)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (10)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (5)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (19)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (16)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (3)
とある科学の超電磁砲 (12)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (11)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (12)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (10)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (20)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (7)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (21)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (4)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (8)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (7)
ポケットモンスターシリーズ (17)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (71)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (36)
みなみけ (9)
名探偵コナン (6)
めだかボックス (6)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (36)
ONE PIECE (12)
作品ミックス (5)
ピカッとハウス同人関係 (41)
催眠帝刻学院公式 (5)
コラボ企画 (43)
戦闘員、派遣します! (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (0)
ムシブギョー (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

人妻催眠NTR~宇崎月×宇崎藤生~ 3話「超えた一線」

宇崎月(SS用)041

玄関を開けるとバスタオル姿の月が立っていた。

「ど、どうしたんですか急に……」

(うわ!予想以上だな)

(ヤる気マンマンなのがバレバレじゃんかw)

「……ちょっとお邪魔して良いですか?」

「え?あ、は、はい……」

宇崎月(SS用)042

「すいませんね、突然おしかけちゃって」

「い、いえ」

普通な感じの直樹に戸惑うが、月の胸はバクバクと鳴っている。
アレを使いに来たと言う確信があり、このあとのことを考えてアソコも濡れる。

宇崎月(SS用)043

「実はこんなものを手に入れちゃいまして」

その言葉で、月は確信した。
直樹はセックスをしに、自分を抱きに来たのだと。

宇崎月(SS用)044

「そ、それは!?」

差し出されたチケットを見て、月は驚いて見せるが内心は胸が高鳴っている。

「いやー驚きましたよ」

「チケットの所有者は宇崎さんとセックスできるフリーセックスチケット。まさかこんなのが入ってるなんて」

「う……そ、そのチケットは……」

直樹に頼まれて買ったチケットと間違えて入れてしまったと言い訳するが、誰が聞いても信じはしないだろう。

「間違いねぇ……けど、コレが手元にある以上、使わせてもらいますよ?」

「いいですよね」

「あうぅ……わ、わかりました……」

月はあくまで嫌々、渋々という体で首を縦に振った。

宇崎月(SS用)045

「し、仕方ないです」

「間違いとは言え、チケットを出されたら……

嬉しさを隠せていない表情。だが、次の要求ではさすがに表情が曇る。
夫婦の寝室ですることを直樹が求めたのだ。

「ソファもありますし……ここじゃダメですか?」

「ダメです。NG欄、避妊のことしか書いてないですよね」

「あう……わ、わかりました……」

痛いところを突かれた月は簡単に折れて、藤生しか入れたことのない寝室へ案内する。

宇崎月(SS用)046

「すごく綺麗ですね……!」

「そんなまじまじと見ないでください……」

綺麗だと言われて胸もアソコもキュンキュンする月。
早くセックスしたいという思いを抑えて、なんとか大人の振舞をしているが、もうチンポのことしか頭にない。

「さぁ、ベッドに上がってください」

「…………はい

宇崎月(SS用)047

「あ、んあっ

「あぁ、凄い大きいさ」

「なんて弾力なんだ」

「宇崎さん」

「ふあっは、はいっ?」

「……んむっ!?」

胸を揉みながら、突然唇を奪われる。
それで決定的に月の脳は蕩け、淫欲に身を委ねてしまう。

宇崎月(SS用)048

「ちゅ、んっ

「あんっちゅ、ん、んんっ

「ちゅ、れろっ

「ん、ちゅるっれろ、ちゅぱっ

「あ、んああっ

軽いキスから、徐々にディープキスになっていく。
その流れに沿うように、アソコから分泌される愛液も増えて行き、お互いの気持ちも高まっていく。

宇崎月(SS用)049

キスで蕩け、フワフワとした気持ちでいると、気付けばベッドに寝かされている。

(この人、すごく手慣れてる……)

「入れますよ」

「はうっ

耳元で囁かれ、ビクンッとなる。
無言で何も答えはしない月だが、それはつまりOKというサインだ。

(私……しちゃうのね。藤生さん以外の人と……)

(あ、ああっ……

少しの罪悪感と、大きな期待。
もはや完全に気持ちも固まり体も準備万端な月は、遂に一線を越え、直樹のソレを受け入れたのだった。

宇崎月(SS用)050

(クク!人妻にチンポぶち込むこの瞬間が最高なんだよ……!)

いよいよ挿入となり、ギンギンに勃起したチンポを若く柔らかい膣肉に押し込んでいく。
月の要望通り、ちゃんとゴムも装着している。

別に生でハメたければ催眠でどうとでもなるが、まずは浮気女の要望を叶えてゴムありでするのもこだわりというか楽しみの一つでもあった。

「はううっあ、んんっ

「ふああっ

既に限界まで欲求が高まっていた月は、声を我慢できないほど感じた。
一突きされるたびに今まで出したことのない喘ぎ声をあげて、よがり狂ったのだ。

「宇崎さんの……いや月さんのアソコ、凄く気持ちいいよ」

「すっごく濡れてるし、フフ……よっぽどシたかったのかな」

「んあっそ、そんなこと言わないでぇ……

少し言葉責めされても、それがむしろ快感を増し、月は完全にセックスに耽っていた。

宇崎月(SS用)051

フィニッシュが近づくと、後背位に態勢を変えてスパートをかける。
藤生も激しくはあるが、気持ちいいところを的確に見つけて執拗にこするセックスの技術は遥かに直樹が勝っていた

「んあっああ、ふああっ

反り返ったチンポが膣内の肉をゴシゴシとえぐるたびに快感は増していく。
溢れ来る快感にどうしていいかわからずパニックなのか、それとも自らさらに快感を貪ろうと言うのか、ともかく彼女はその尻を思い切りチンポへとぶつけてきた。

「う、くっ……!?」

直樹も月の想像以上の積極さと気持ち良さに、これ以上我慢できそうもないことを悟る。
そして我慢が出来ないのは月も同じだった。

「~~~~ッッ

ブルブルッと震えた瞬間、オマンコからプシッと言う飛沫を上げて愛液が溢れ出す。

宇崎月(SS用)052

「も、もうッ……んあっ!」

イッたことで月のオマンコにギュッギューッと搾り上げられる様に強い圧力が加えられ、その瞬間今まで我慢していたものが一気に腰から噴出してしまった。

溜めに溜めていたせいか、尿道口から吹き上げるザーメンは今までにないくらいの大量なモノとなっていた。

宇崎月(SS用)053

最後は、パイズリをさせる。
だが、そこでは射精する前に、もういいですと切り上げる。

「これ以上は気持ち良すぎてまたイッちゃいそうなんで。ベッドが汚れても悪いですし」

「は、はい……」

(もう十分ベッド濡れまくってるけどなw)

「……」

本番は一回だけ。
物足りなさを感じている月だが、自分からしてくれとは言えない。
直樹にしてもヤリ足りないが、あえて一回にして月を満足させないことで、次も自発的に誘ってくるように促す狙いがあるのだ。

宇崎月(SS用)054

パッと着替えると、直樹は長居せずにすぐに帰る。

「旦那さん用の冗談で作ったんでしょうけど、こんな間違い……僕以外にしちゃダメですからね?

「え?あ、はい……」

「それじゃあ俺はこれで」

直樹が帰った後、月は夫を裏切った罪悪感にさいなまれる。

「……あうっ

だが、直樹を思い出すと、またアソコが疼いてしまう。
浮気したばかりで、罪悪感も強くある。なのに月はまたオナニーをしてしまう。

その脳裏には、直樹としたことを思い浮かべながら……。


この日から月は、八倉直樹を完全に男性として見るようになってしまうのだった。


つづく

関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 宇崎ちゃんは遊びたい! 宇崎月
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す