FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1422)
虚ろ目イラスト (11)
エロゲレビュー (126)
同人&エロ漫画etcレビュー (163)
オリジナルSS (42)
総集編 (12)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (8)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (6)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (51)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (0)
宇崎ちゃんは遊びたい! (3)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (3)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (13)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (2)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (2)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (6)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (3)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (43)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (14)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (17)
つよきす (11)
とある魔術の禁書目録 (0)
デート・ア・ライブ (0)
転生したらスライムだった件 (0)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある科学の超電磁砲 (2)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (1)
ドラゴンボール (10)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (3)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (10)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (75)
ハヤテのごとく! (4)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (18)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (1)
Fateシリーズ (18)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (3)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (1)
フリージング (3)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (3)
僕のヒーローアカデミア (3)
ポケットモンスターシリーズ (12)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (62)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (3)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (28)
みなみけ (5)
名探偵コナン (3)
めだかボックス (2)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (2)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (1)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (24)
ONE PIECE (8)
作品ミックス (3)
ピカッとハウス同人関係 (37)
催眠帝刻学院公式 (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

invincible Villain~恐怖の象徴~ fear.2

この日、八百万百は某所のホテルへと出向いていた。
コスチュームを身にまとった、ヒーロークリエティとしてだ。

呼び出されたクリエティは、指定の部屋の前で力なくコンコンッと扉をノックする。

「入れ」

その言葉だけが返ってきたので、クリエティは自分で扉を開けて入室する。

「お呼びでしょうか……」

部屋に入ると、中は性の熱気でムワッとしていて、横たわる複数の女性から見ても既に何人も犯したあとであることは明らかだった。

「やっぱり一般人はいくら抱いても満足できなくてさ」

「ヒーローのお前でお口直しっていうか、ヤリなおしだ」

「……わかりました」

<<ヒーローとのセックス>>を要求されたクリエティはコスチュームを脱がずにベットにあがり、股を開いた。


ギシギシ……

パンパンッ パンパンッ……

「あ~これこれ、やっぱヒーローの格好をした正真正銘のヒーローをヤるのが最高なんだよなぁ」

クリエティが抱かれるときは決まってコスチューム着用だ。
中出しされ、その状態でヒーロー活動に戻されるのが定番になりつつあった。

伊布印皇はヒーローを蹂躙することにかなりの充実感を得ていたのだ。

そして、そんな蹂躙し好き放題に抱いたヒーローに口でチンポを綺麗にさせる。
いわゆるお掃除フェラというやつだが、それをさせるのがお気に入りの行為だった。

お掃除フェラをしている際中は印皇が無茶なことを言いがちな時間でもある。

「あーそうだ、今度は別の女ヒーローともヤッてみたいなぁ」

「お前の知り合いで良い女を誰か連れてこいよ」

「ぺろ、れろ……」

既に個性で完全屈服しているクリエティは、お掃除フェラをしながらにコクンと首を縦に振る。
そして奉仕が終わり一人になると、即座に命令に従って女ヒーローを用意する行動に出た。

スマホで連絡先を一通り眺めると、あるヒーローに目星を付けて電話をかける。

prrr prrrr

『……はい、もしもし』

「八百万です。芦戸さん、今電話のお時間大丈夫ですか?」

「えぇ、はい。久しぶりにお茶でもいかがでしょうか」

八百万は相談があると理由をつけて芦戸を呼び出した。
場所は八百万が呼び出す場所として違和感が無いように高級ホテルの一室を用意した。



―――

「うわー!すっごー!」

指定されたホテルにやってきた芦戸三奈は、部屋の豪華さに飛び跳ねてテンションを上げた。
そしてすぐ、部屋にいる人物に気付く。

「あの人は?」

「……それが相談の内容です。彼を紹介したいので、お呼びしました」

「え!もしかして彼氏!?」

「いえ、そうではありません。この方は……」

暗い顔で八百万が訂正しようとしたその時、印皇が個性「絶対畏怖」を使用した。

「ひ、ひいいっ⁉」

芦戸は突然悲鳴を上げて、その場で尻もちを付く。
恐怖に震え、完全にすくんだ状態。
個性を使われただろうことはすぐに理解できたが、相手が危険だと分かっても戦意を喪失してしまって正常に判断ができない。

「えっ?」

「お!アハハ、こうなっちゃったか」

「い、嫌ぁ……!」

恐怖のあまり芦戸は失禁してしまい、ホテルの床に敷かれた高級カーペットが濡れて染みになっていく。
この現象はたまに起きるのだが、精神的にも鍛え上げられたヒーローが失禁するのは珍しいことだった。

「た、たすけてっ……!」

恐慌状態の芦戸は涙を浮かべながら八百万に助けを乞う。
しかし八百万は無言で沈黙し、その表情があまりにも無機質で芦戸をさらに絶望させた。

「あー、お前の友達はもう俺のいいなりだから」

「えっ……」

芦戸が個性を使われた時、同時に八百万も絶対畏怖の対象になっており、3回目の効果によって彼女は完全服従の境地に達っしていたのだ。

「そうだろ?お前、俺のいいなりだろ?なんでも従うだろ?」

「はい。私はどんなことにも逆らいません」

「な?俺の個性を3回使われた人間はな、恐怖や畏怖という感情が一周回って、完全服従の境地になるんだよ」

「みろ、こうなった人間は喜怒哀楽が消失するんだ。だからこいつの瞳の輝きも失われたってわけ」

「嫌……うそ……嘘でしょ……」

「残念だけど現実なんだよな。それを今から教えてやるよ♪」

「さ、こいつを紐で結んで拘束しろ。それができたら俺がこいつを犯すところをビデオで撮影するんだ」

「かしこまりました。個性で解けない、耐酸性の紐を作りますわ」

完全服従の境地にある八百万は、自らの個性で作った紐で躊躇なく芦戸を拘束し、カメラも創造して撮影した。

「いやっ、嫌あああああ!」

犯される芦戸を淡々と撮影する八百万。
もう何度か見た光景だが、完全服従の境地に達した今は、学友が犯されていても何の感情も湧いてこない。
ただ命令に従うだけ。
それだけが今の八百万なのだ。



しばらく犯して満足した印皇は、個性を芦戸に重ね掛けして完全服従の境地にしてしまう。
犯す前にしなかったのは、犯した時の反応を楽しみたかったからだ。

ともかく、八百万に続いて芦戸も屈服し、またも一人のヒーローがヒーローでなくなったのだった。



つづく
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す