FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1459)
虚ろ目イラスト (13)
エロゲレビュー (130)
同人&エロ漫画etcレビュー (175)
オリジナルSS (43)
総集編 (18)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (8)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (8)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (52)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
宇崎ちゃんは遊びたい! (4)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (7)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (15)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (2)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (7)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (14)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (14)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (17)
つよきす (15)
とある魔術の禁書目録 (0)
デート・ア・ライブ (1)
転生したらスライムだった件 (0)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (4)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (11)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (9)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (10)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (104)
ハヤテのごとく! (7)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (20)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (5)
貧乏神が! (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (18)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (3)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (1)
フリージング (3)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (4)
ポケットモンスターシリーズ (16)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (65)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (30)
みなみけ (7)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (3)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
作品ミックス (4)
ピカッとハウス同人関係 (39)
催眠帝刻学院公式 (4)
ストライク・ザ・ブラッド (0)
コラボ企画 (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

魔法少女リリカルなのはTB / STAGE-22 淫紋以外は完璧に

夕方、自宅へ戻ったはやては、呼びつけていたシグナムとヴィータを全裸で正座させていた。

「今日はオフのつもりやったんやけどな、ちょっとこれから騒がしくなりそうなんや」

「せやから自分らの躾、今日で完璧にしたるわ

「えっ!」

「なっ!?」

「あ?嫌なん?」

二人が拒否反応を示すのも無理はない。
「躾」を完璧にする。それはつまり、洗脳も完全にして低村ニナヒにとって都合の良い人格にされてしまうという意味だからだ。
そしてそれは、二人にとっては死にも等しいことなのだ。

「ま、安心しーな」

「今日はちょいと癪に障ることがあったから、まずはお前らをヒイヒイ言わせて憂さ晴らしするのが先や」

「躾を終わらすんは最後やから、正気でいられる残りの時間、お前らも精々楽しんでくれな」

「そんなっ……」

「い、嫌ぁっ……!お、お願いっ、憂さ晴らしでもなんでも受け入れるからっ」

「だから、消さないでっ。心だけは、消さないでっ」

ヴィータが泣きじゃくり、土下座して懇願する。
それを見て絶句していたシグナムも土下座するが、そんなことをしてもはやての加虐心を煽るだけだった。

「フフ……

「なんや、ウチをそない興奮させてもうたらアカンやないかい

「御主人様からあずかったチンポださなしゃーなくなるやん

「ひっ!?」

「それはっ!?」

二人は自分の目を疑う。
服を脱ぎ捨てたはやての股間に、ニナヒの触手が生えていたからだ。

「アハハ!どや、驚いたやろ?」

「昨夜御主人様にな、チンポテンタクル貸してもらったんや」

「それでお前らのこと、ヒイヒイいわしたりってな

「嫌!嫌あああ!」

「や、やめてくださいっ。そ、それでされたら……!」

壊される。そう直感した二人は取り乱して懇願した。
肉体的にではなく、心と思考。
チンポテンタクルで快楽漬けにされたあとでは洗脳に抵抗することなど不可能。

つまり、心が壊されることが不可避になってしまうからだ。

「ああそんな嫌がられたら犯し甲斐ありすぎやで

「ほな、まずはシグナムからいこか♪」

「ヴィータはそこでオナッとれ。命令やで」

「シグナムとウチが楽しんでるとこみて、せーぜー怯えてまっとれや

既に心が折れているヴィータに追い打ちをかけるため、まずはシグナムから犯すはやて。
その鬼畜さと残忍さは、かつてのはやてと同一人物とはとても思えない。

しかもはやては両手でシグナムの腕を持ち、彼女の体を十字架のような姿勢にしてヴィータに見せつける態勢で犯した。

チンポが挿入されたあとのシグナムは無惨で、太すぎるチンポテンタクルを突っ込まれた膣から腹はボコっと膨れ上がる。
それほどキャパオーバーのチンポを突っ込まれているのに、強烈な快感を得てアヘ顔を晒すシグナム。
股間からは愛液が飛び散り、目の前でオナニーさせられているヴィータに降り注ぐ。

アヘ顔絶頂したシグナムはヴィータの目の前にドサッと投げ捨てられる。

「あぐっあ、ああ……

もはやまともではないシグナムを見て、ヴィータは絶望に滝のような涙を流しながら、オナニーを続けていた。

「次はお前や」

「シグナムなら安心しーな。おかしくはなっとるやろうが、洗脳は完了してへんのや」

「……え?」

「淫紋を付与して洗脳完了するっちゅうのはな、御主人様しかできへんねん」

「せやから、それは実際に御主人様と再会したらしてもらおうな?」

「今はただ……ウチの性欲発散とお前らの躾ができればいいねんから」

「い、嫌ぁ……!」

「ゆ、許してっ。も、もう、なんでも言うこと聞くからっ」

「だからこれ以上、酷いことはっ……」

「んー?フフ、何言うとるのかわからへんなぁ

「嫌ああああ!!」


ヴィータが許されることは無かった。
チンポテンタクルで穴と言う穴を犯され、最後はシグナムと同じようにアヘ顔を晒して床に投げ捨てられる。

小柄なヴィータの方は刺激が強いのか、顔の崩れ具合はシグナムよりも酷いものだった。


そして、横たわる二人を見下ろし、性欲が発散できたはやてはほくそ笑む。

「さぁて、仕上げや」

チンポテンタクルの形状を変化させ、先端をシグナムとヴィータの頭に突き刺す。
淫紋の付与はできないが、触手による洗脳は可能なのだ。

「嘘は言ってへんで?淫紋付与も洗脳完了もウチにはできへん」

「けどな、頭をいじくることはウチも許されとるんや」

「さ、これで終わりや」

「今まで辛かったな。大丈夫、これでお前らも幸せになれるからな……



二人の洗脳を初めてすぐ、はやての携帯に着信があった。
時空管理局からの番号だったので出てみると、緊急の連絡だった。

「――――わかった。すぐ戻るわ」

「うん、ほなまたあとで」

電話の内容はオーリスが行方不明になったというものだった。


「御主人様、上手くやったんですね

「ならウチの仕事は、組織がどう対処するのか内側から……フフ、アハハハ


新たに自分の仕事をみつけたはやては、二人の洗脳を終えてから仕事に出かけるのだった。


つづく
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す