FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1420)
虚ろ目イラスト (11)
エロゲレビュー (126)
同人&エロ漫画etcレビュー (162)
オリジナルSS (42)
総集編 (11)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (8)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (6)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (51)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (0)
宇崎ちゃんは遊びたい! (3)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (3)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (13)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (2)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (2)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (6)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (43)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (12)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (17)
つよきす (10)
とある魔術の禁書目録 (0)
デート・ア・ライブ (0)
転生したらスライムだった件 (0)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある科学の超電磁砲 (2)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (1)
ドラゴンボール (10)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (3)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (10)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (75)
ハヤテのごとく! (4)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (18)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (1)
Fateシリーズ (18)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (3)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (1)
フリージング (3)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (3)
僕のヒーローアカデミア (3)
ポケットモンスターシリーズ (12)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (62)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (3)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (28)
みなみけ (5)
名探偵コナン (3)
めだかボックス (2)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (2)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (1)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (24)
ONE PIECE (8)
作品ミックス (3)
ピカッとハウス同人関係 (37)
催眠帝刻学院公式 (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

魔法少女リリカルなのはTB / STAGE-6 服従のトリガー

「こちらです御主人様」

ウーノがパスワードで扉を開けると、そこには触手洗脳装置に拘束されたナンバーズのメンバーが揃っていた。

「みんなお疲れ様。なかなか良い見世物だったよ♪」

「あっという間に負けてくれたから、全員は観察できなかったけどね」

「き、貴様は……!?」

「ああ、くぅっ……ウーノ…これはどういうことっ……」

拘束されているメンバーは視界が固定されていたりして狭い。
だが声や気配で他の仲間たちと同じ空間にいることはお互いにわかった。

もっともそれは、正気を保っている者だけだった。

「あひいっザーメンッザーメンくださいぃ

「その声っ……う、ウェンディか……?」

「ザーメンッなんでもするからザーメンくださっいひいっ

「あああ子種で孕ませてくださいっ

男性器型洗脳触手の射精洗脳によって精液中毒と妊娠欲求の塊にされたウェディングは正気ではなかった。
瞳は焦点があっておらず、顔は青ざめ汗をかき、なのに恍惚とも苦悶ともとれる表情。
それはどうみても薬物中毒者のそれと一緒だった。

「紹介します。こちらの方は低村ニナヒ様」

「我々ナンバーズの真の御主人様となるお方です」

「そうだよ。これからみんなの御主人様になるニナヒです。ヨロシクね♪」

「な、なにを言ってるの!?」

「ふざけないで!誰が御主人様を御主人様と認めっ……えっ」

クアットロは貴様と言おうとしたのに、自らの口から出た御主人様の単語に言葉が詰まる。

「わ、私達に何をした……!」

「僕のことを御主人様って呼ぶように洗脳したんだよ。優秀ならそれくらい察して欲しいなぁ」

「洗脳!?ふざけ……申し訳ございません、御主人様。……ひぃ!?」

ここでも自然と出た謝罪の言葉に、クアットロは戦慄する。
脳を弄られ、何か叱責されると素直に謝るようにされたのだと理解できたからだ。

他のメンバーもクアットロの状態を知り、自分もそうされたのだろうことは予想がついた。
それにダメ押しするかのように、ウーノとニナヒはネタバラシをした。

ウーノもスカリエッティもニナヒによって洗脳されたこと。
ある目的の為に触手洗脳装置の完成度をナンバーズで実験したこと。
既に全員を洗脳処理してあり、会話ができるように一部の洗脳内容を封印してあること。
そしてその封印はある動作をすることによって取り除かれ、完全に洗脳された状態になってしまうということを嬉々として語った。

「なんてことを……!」

「ふざけやがって!」

「こんな洗脳に負けてたもまるもんかっ」

「……こんな洗脳、ですか。みなさんに教えておきますが、洗脳は完璧です」

「今やあなたたちは御主人様が死ねと命令すれば即命を絶つ傀儡なのです」

「そういうことだよ♪」

「なっ!?」

「う、嘘……」

一瞬全員が沈黙してしまったが、拘束が緩く顔を動かせ、視界に全員を入れることができていたチンクがあることに気付く。

「せ、セイン」

「えっ?」

「セインがいない……!」

「セインを……どうしたの!?」

「ま、まさか……!」

唯一ここにいないセインに気付いた時、多くの者が殺されてしまったのではと考えた。
しかしその時だった。

「みんな大丈夫。私はここにいるよ」

「セインの声だ!」

「良かった……無事だったんだな!」

セインの声が聞こえたことで安堵する面々。
ただ一人、部屋全体を見渡せるチンクだけがガクガクと震えている。

「ち、違う……セインじゃない……」

「何も違わないよ。セインは……私はここにいるんだから♪」

「う、嘘だ……だ、だって……!」

チンクが恐怖と動揺で振るえるもの無理はない。
なぜなら聞こえているセインの声、それを口にしているのがニナヒだったなのだから。

ここからセインの声色で語られた事実は、ナンバーズのメンバーにとっては想像を絶する恐怖となった。

「セインはね、僕と一つになったんだよ」

「この触手で、食べてあげたんだ♪」

「君たちもそれぞれ色んな触手と戦ったけど、セインが戦ったのはね……相手を食べて吸収しちゃう触手だったんだ」

「今ではセインの記憶も、技術も、何もかも……フフ、彼女の人生そのものが僕のものになっている。」

「なんでもわかるんだよ。取り込んで一体化したからね。だからこうしてセインの声もだせるんだ」

「他にも食べて欲しい人がいたら言ってね?僕、自分から食べることはあんまりしないけど、君たちは全員可愛いから、希望するなら食べてあげるよ♪」


食べる。

その単語から発せられる狂気に、誰もが絶句し、恐怖で涙する者すらいた。
ただ一人例外だったのは頭がおかしくなっているウェンディだ。

彼女だけはこんな状況でもニナヒの精液を求め続けた。

「そろそろうるさくて耳障りだから、静かにさせてあげなくちゃね」

ニナヒは自分の立っている場所を移動せず、触手を移動させる形で目の前にウェンディを置いた。

「はやく、はやく精液下さいっ

「精液精液精液

「わかってるよ。フフ、禁断症状は辛かったろうね」

「僕は優しいから、すぐ解放してあげるよ」

勃起したチンポの先を、精液欲しさにヒクヒクと痙攣しだらしなく愛液の涎をたらしているマンコにあてがう。

「ひあんっ入れてぇっ早くオチンポ入れて精液注いでぇっ

「フフ、焦らない焦らない♪」

クッと腰を突き出すと、チンポはにゅるっと飲み込まれるようにして最奥まで到達した。

「ああああっ

「ハハ、凄いや。ヒクヒクして精液ちょうだいってマンコに言われてるみたい」

1秒でも早く精液をもらいたいウェンデはチンポを気持ち良くして射精させることしか考えていない。
そんなマンコに挿入しすれば気持ち良いに決まっている。

「あ~、この歓迎されてる感じ最高だよ」

「もう、イクから……お待ちかねのザーメン、たっぷり味わってね」

びゅるるっと音を立てて射精された精液がウェンディの膣内に充満していく。
その感触が脳に伝わった瞬間、最高という言葉では不足なほど強烈な快感がウェンディの全身を包み、激しく長い絶頂に至った。

「ひぐっんひゃああっ

「わっおおおおおおんっ

ウェンディはアヘ顔を晒して絶頂した。
そして彼女のマンコの少し上の位置には、ピンク色の模様が浮かんだ。

淫紋 ピカッとハウスオリジナル

「あ……あぁ……

「ふぅ~……♪」

ニナヒがチンポを抜くと、ウーノがウェンディの股間を確認し小声でニナヒに囁く。

「淫紋の発現を確認。御主人様、ウェンディの洗脳承認が完了しました」

「これでウェンディは御主人様に忠実な奴隷へと生まれ変わりました」

「そっか。じゃあ本人にも確かめてみよう」

「ウェンディ、僕の精液はどうだったかな」

「はぁんっ……さいこぉ…でしたぁ……

中毒症状が治まったウェンディは少しまともな思考が戻ったようだが、依然として瞳は虚ろで表情もぐちゃぐちゃに乱れていた。

「僕の精液がまた欲しかったら、どうすればいいかわかるね?」

「はいぃ御主人様に従いますぅなんでも言うこと聞きますぅ

「だから…だからぁ……また精液下さい……

「つまり、君は僕のなんなのかな?」

「わ、わたしはぁ……ご、御主人様のぉ…牝、牝奴隷ですっ

「うんうん、そうだね♪」


こうしてウェンディはみんなが見ている前で犯され、牝奴隷へと堕ちた。
しかしこの時、ナンバーズのメンバーは皆が誤解していた。
ウェンディは精液中毒にされた結果、精液という餌で従わされたのだと誰もが思っていたが、実際には中出しによる承認がトリガーとなって洗脳が完了したのだ。

今はナンバーズの誰一人として、自分達も中出しされた瞬間に牝奴隷に変貌するということを知らない。
だがそれは、間もなくのことであった。


つづく
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4480: by ドルチル on 2021/04/17 at 07:58:23 (コメント編集)

mc3
蜘蛛ですが何か?

小説家になろうで連載されている小説で 単行本化、漫画化、アニメ化、スピンオフ漫画化とされている。

ある日授業中に”何か”があってクラス全員(教師も)異世界に転生してしまった(転移ではなくその世界の人間の親から赤ん坊として産まれた)
皆あちこちバラバラに転生し、エルフだったり王子や公爵令嬢などに転生していたが、主人公の少女はダンジョンの奥深くで 蜘蛛型のモンスターに転生してしまっていた。
たまに人間パートを挟みつつ、基本蜘蛛視点で物語が進む作品。

漫画版は人間パートは単行本おまけに少し(王子に転生した転生者のペットになったドラゴンに転生した転生者視点)あるだけなので、いつか人間パート中心の漫画版とかも出して欲しい

mc要素は転生者 ユーゴ(前世:夏目 健吾(なつめ けんご))
転生前から金持ちで選民思想があったガキ大将みたいな男
転生後は帝国の王子として転生し天才ともてはやされていたが、実力を上げていく 王国の王子(こちらも転生者で人間パートの主人公)が実力を上げていくのを忌々しく思い殺そうとするも エルフの転生者(前世は教師)によりスキルを封印、ステータス弱体化などされることになるも
憎しみにより七大罪スキルの「色欲」と「強欲」を取得
力を取り戻し人間パート主人公(シュレイン)の兄などが暗躍した結果 
シュレインの腹違いの妹スー(シュレインを異性として愛していて 近づく異性を威嚇するのを一切隠さない 転生者じゃないのに転生者と同等かそれ以上の才能を持っている)を洗脳して父親である王の元へ連れて行き、王を殺害して 王殺しの罪をシュレインに着せられたうえ ユーゴの婚約者にし

教会の聖女(ユーリ こちらも転生者 転生前はシュレインの隣の席で気になる男子だった)を洗脳して手駒にしたり
というか王国や教会の上層部をまとめて洗脳したりやりたい放題
後々 なろう版では、大量虐殺をしてレベルアップしてシュレインと戦うも一気にレベルアップしたため歪なステータスアップとなったため バランスよくレベルアップしたシュレインに敗北して死亡
書籍版では協力者に気絶させられて連れていかれていまだに生存

・主要キャラ
ttps://kumo-anime.com/assets/news/201120-3.png

左から
蜘蛛(転生者) 主人公 
ttps://www.amazon.co.jp/images/I/51lvUBF9RwL.jpg

ttps://livedoor.blogimg.jp/anico_bin/imgs/f/e/fe12a52e.jpg

シュレイン(転生者 山田俊輔(やまだしゅんすけ)) 人間パート主人公、
左から2番目
ttps://livedoor.blogimg.jp/anico_bin/imgs/2/e/2e5f1e50.jpg

カティア(転生者 大島叶多(おおしまかなた))転生前は男、 後々シュレインを異性として意識する

ttps://livedoor.blogimg.jp/anico_bin/imgs/2/8/2897ab05.jpg

ユーゴ(転生者 夏目健吾(なつめけんご)
ttps://livedoor.blogimg.jp/anico_bin/imgs/7/6/76cf23d7.jpg

スー(現地民) 転生者じゃないのに転生者クラスの才能の塊 腹違いの兄であるシュレインを異性として愛している 同じ腹から産まれた兄からはその才能の高さから嫌われている この兄がユーゴと接触してシュレインを王を殺した犯人にしたてあげた

フェイ(転生者 漆原美麗(しのはらみれい)) ドラゴンに転生者転生者 漫画版単行本おまけの主人公 なろう版には登場せず 書籍版では人間パートのメインキャラ 後に人化する

ttps://livedoor.blogimg.jp/anico_bin/imgs/0/c/0c185509.jpg

フェリメス(転生者 岡崎香奈美(おかざきかなみ)
エルフの族長の娘で 元は学校の教師 おどけた態度をとっているがそれはそうしないと転生したという事実に耐えられないから ユーゴのスキルやステータスを封印したが・・・ 色々裏目に出てしまう人
ttps://livedoor.blogimg.jp/anico_bin/imgs/4/7/47397b7d.jpg

ユーリ(転生者 長谷部結花(はせべゆいか) 赤ん坊のころに教会前に捨てられて 転生者だったのでその頃から意識があったためすごいショックを受け宗教にのめりこみ 聖女となった ユーゴに洗脳される
ttps://livedoor.blogimg.jp/anico_bin/imgs/b/b/bbac851b.jpg

ユリウス(現地民) シュレインの優しい兄で勇者 物語の途中で魔王軍との戦いで死亡し勇者の称号はシュレインに引き継がれる(対外的には発表前にユーゴが勇者だと偽りの情報が発表されている) 


ttps://animegaphone.jp/wp-content/uploads/2021/03/kumodesuga-soukanzu-1-16.jpg



▼このエントリーにコメントを残す