FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1506)
虚ろ目イラスト (18)
エロゲレビュー (139)
同人&エロ漫画etcレビュー (191)
オリジナルSS (45)
総集編 (21)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (9)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (10)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (54)
宇崎ちゃんは遊びたい! (6)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (9)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (16)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (10)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (5)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (19)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (16)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (3)
とある科学の超電磁砲 (12)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (11)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (12)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (10)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (20)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (7)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (21)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (4)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (8)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (7)
ポケットモンスターシリーズ (17)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (71)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (36)
みなみけ (9)
名探偵コナン (6)
めだかボックス (6)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (36)
ONE PIECE (12)
作品ミックス (5)
ピカッとハウス同人関係 (41)
催眠帝刻学院公式 (5)
コラボ企画 (43)
戦闘員、派遣します! (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (0)
ムシブギョー (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

久宇舞弥。操り、裏切り、そして

「久宇舞弥さんですね?」

「……あなたは誰ですか?」

「いやだなぁ、忘れちゃったんですか?」



「……そうでした」

「私から見ず知らずの貴方に接触し、交渉をもちかけたんでしたね」

「ですよね」

「はい。それでは本題に入ります」

「私のこと、買いませんか?」
(これもキリツグの命令……)

「買うとは?」

「私自身です。私の全てと言えばわかりやすいでしょうか……金額は言い値で構いません」

「とにかく、買って欲しいんです」

「言い値って……1000円でもいいんですか?」

「はい。1000円で結構です。今、手持ちありますか?」

「ありますけど……どうぞ」

「念のため本物か確認させてください」

(これは本物の千円札……偽物ではなさそうですね)

「ありがとうございます。確かに1000円頂きました」

「これで私の体、人権、人生、思想にいたるまで全てあなたものです」

「どうかなんなりと御命令下さい」

(これで任務の第一段階は完了。あとは私を買った御主人様に捨てられるまで、忠実に命令に従うだけ)

「命令か……そうだな、とりあえず本当に命令を聞くのか確認したいから、一緒について来てもらえるかな」

「ま、デートみたいなものだと思って」

「……デートですか?わかりました」

この命令は簡単だった。
ショッピングセンターで買い物に付き合い、時々体を触られはしたが、それ以上は特に何もされなかった。

買い物の最後に入ったカフェで具体的な要求をされたが、それも特に難易度は高くなかった。

「もっと高いのじゃなくていいの?」

「これ、好きなんですよ」

「そう、ところでさ……」

「はい。……え?テーブルの下にもぐり、フェラチオをして射精した精液をかけて食べろ、ですか」

美味しいケーキが精液で台無しになってしまうけど、命令なら従わなければ。

「そうしろと仰るなら」

「別に嫌じゃないでしょ。だって、お前にとっては精液まみれのケーキ、それが一番の大好物だろ?」

「……そう、ですね。いえ、そうでした。一番の好物です」

そう、それが私の一番好きな食べ物。
私を買った御主人様には私の全てを決める権利がある。

だから、御主人様が言ったなら、私はそうなるだけ。

久宇舞弥の一番の好物は、今から御主人様の精液がかかったケーキ。

私は迷うことなくテーブルの下に潜り込み、御主人様の陰茎をしゃぶって射精していただいた。
たっぷり注がれた精液の匂いを感じながら口にしたケーキの味は……最高だった。

ゆっくり咀嚼しながら大好物を食べる私に御主人様は満足した様で、デートはそれで終わりになった。
そこから先は肉体奉仕を命じられ、ホテルで翌朝までお相手させていただいた。

御主人様は疲れた私を気遣ってくださり、睡眠を取ることが出来た。
昼過ぎにホテルを出て人気のない場所を歩いていると、ふと御主人様に質問される。

『衛宮切嗣を殺せるか』と

私は躊躇わずに答えた。

「はい」

「私はキリツグの命令であなたに買われましたが、今となってはあなたものです」

「キリツグを抹殺しろと命令されれば、それを遂行するだけです」

御主人様は『そっか』と一言だけ呟いて、手のサインを私に送った。
それは、衛宮切嗣を殺せと言う意味を持ったサインだった。

「……数日お待ちください」

命令は下った。
私は衛宮切嗣を殺す。

私が彼を殺せるかはわからない。
それほどの相手。

けれど殺る。

私は任務を粛々とこなすだけ。

幸い、ターゲットに接近するのは容易だ。
後は、いかに殺意を消して実行するか。


早い方が良い。




―――

――








「……ッ」

「何故だ!?なぜ僕を殺そうとした!」

キリツグ……依頼主を明かす暗殺者がどこにいると言うんですか……。

それにしても…なんという回復力……。
御主人様…申し訳ありません……。


私は…御命令……を……し…っ…ぱ……ぃ……

関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 Fateシリーズ 久宇舞弥
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4166: by on 2020/06/26 at 00:53:49

キリツグ「僕はね、一人称は僕なんだ……」

▼このエントリーにコメントを残す