FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1421)
虚ろ目イラスト (11)
エロゲレビュー (126)
同人&エロ漫画etcレビュー (162)
オリジナルSS (42)
総集編 (11)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (8)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (6)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (51)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (0)
宇崎ちゃんは遊びたい! (3)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (3)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (13)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (2)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (2)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (6)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (43)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (12)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (17)
つよきす (10)
とある魔術の禁書目録 (0)
デート・ア・ライブ (0)
転生したらスライムだった件 (0)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある科学の超電磁砲 (2)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (1)
ドラゴンボール (10)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (3)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (10)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (75)
ハヤテのごとく! (4)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (18)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (1)
Fateシリーズ (18)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (3)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (1)
フリージング (3)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (3)
僕のヒーローアカデミア (3)
ポケットモンスターシリーズ (12)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (62)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (3)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (28)
みなみけ (5)
名探偵コナン (3)
めだかボックス (2)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (2)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (1)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (24)
ONE PIECE (8)
作品ミックス (3)
ピカッとハウス同人関係 (37)
催眠帝刻学院公式 (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

辻堂さんの宗教ロードReligion8「次のターゲット」

梓「全部で105万……早くも大台達成じゃん

江乃死魔をまるごと信者にし、人数を拡大した龍咲教。
もっとも、表だって宗教団体を立ち上げているわけではなく、あくまで宗教的グループという建前だ。
しかも、それ自体も秘密にしている為、一般には全く認知されていないアングラ宗教だ。

梓が№2として実質的な組織運営を行い、恋奈を№3の幹部として江乃死魔の組織体系を不良集団から宗教団体へと秘密裏に移行を進めている段階だ。

弁護士を始めとする法律家も複数雇い、最終的には正式に宗教法人として公に大念を教祖として信仰したい。
信者達にとってはそれが今の目標だった。

恋奈という巨大な資金元もあるため、準備は順調に進む。
それ以外にも、信者からの集金システムも作り上げ、稼働が始まっていた。

現段階では下部組織をまとめる幹部たちが各自に集金し、それを片瀬に一旦集約してから、片瀬から大念に仕事の報酬として渡すというマネーロンダリングに近い形を取っている。

これは不良集団から直接金銭を集めてしまうと後々に問題になる可能性があるため、配慮されたのだ。

梓はその中でも特に悪質な「カツアゲ、強盗、窃盗」などを行う不良からの集金を担当している。

梓「さーて、恋奈様たちに合流しなきゃっすねぇ」

梓「けど気が重いなぁ」

今日は江乃死魔は辻堂との小競り合いから発展した対決に臨む日だった。
宗教に関係ない活動などもはやどうでも良い梓にとって、怪我する可能性もある抗争など嫌で仕方がなかった。

梓「あ、そうだ!」

あることを思いついた梓は、不敵な笑みを浮かべた。

梓「入信水、まだ何本かはストックあったハズ」

梓「ついでに……

梓は江乃死魔への合流が遅れることを承知で、大念の家へと向かった。

梓「教祖様のチンポ、今日も神々しいっすねー

大念「あずにゃんは応援に行かなくていいの?」

梓「もちろんっすよ」

梓「教祖様の性欲処理の方が何倍も優先っすから

大念「ならいいんだけどさ」

梓「ふふそれに教祖様ぁ……こんなに興奮しちゃってるのに、もしあずが行っちゃたらどうするつもりなんすか

大念「それを言われるとね」

梓(もうあずも限界っす……

梓「教祖さまぁ

梓は押し倒すのに近い形で大念とセックスし、入信水を手に入れることはできたものの結果として到着が遅れてしまう。

決着は梓の到着する30分も前についており、江乃死魔は辻堂愛一人によってボロ負けという惨状だった。
梓到着より少し前、ボロ負けする江乃死魔

梓「あちゃー……こりゃあなかなか酷い有様っすねぇ」

梓(それにしても凄い殺気……もうこの場にいないっていうのにこれだけの『気』を残していくなんて)

恋奈の挑発がいつもより酷かったのだろうと察した梓だが、それと同時にあることを思いついた。

梓(多分、まだ気が晴れてなくてムカついてるはず……)

梓(今ならかえってスキがあるかもしれない)

戦闘後で多少は疲れているだろうと言う算段も働き、梓は辻堂愛に入信水を飲ませることを企んだ。

梓(殺気が残って追跡できるうちがチャンス……急がないと)

辻堂愛の気配を頼りに追跡し、接近した梓。
都合よく愛は一人になっていたが、このままコトが上手く運ぶほど簡単な相手ではないと知ることになる。

愛「……チッ」

愛(江乃死魔のギャルか…そういやさっきいなかったな)

梓(マジ……?この距離で気付くなんてアリっすか!?)

殺気を消しても遠くから見ていたのに、察知されたしまったのだ。
このことから単独で辻堂愛に入信水を飲ませるのは不可能だと悟った梓は、急遽方針を変更するのだった。

梓(教祖様の為だもん、遠回りしてでも絶対に飲ませてやるっすよ!)

梓が向かった先。
それは辻堂愛の側近、葛西久美子のところだった。




久美子「な、なにすんだ!?」

梓「おら、飲め!飲めよ!」

久美子「うぐ!ぐっ……んぼっ!」

久美子「……ごくんっ」

奇襲と圧倒的力の差で久美子に入信水を飲ませた梓は、彼女を使い辻堂愛を落とそうと考えたのだ。

―――

――





つづく


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す