FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1506)
虚ろ目イラスト (18)
エロゲレビュー (139)
同人&エロ漫画etcレビュー (191)
オリジナルSS (45)
総集編 (21)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (9)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (10)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (54)
宇崎ちゃんは遊びたい! (6)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (9)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (16)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (10)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (5)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (19)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (16)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (3)
とある科学の超電磁砲 (12)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (11)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (12)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (10)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (20)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (7)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (21)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (4)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (8)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (7)
ポケットモンスターシリーズ (17)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (71)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (36)
みなみけ (9)
名探偵コナン (6)
めだかボックス (6)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (36)
ONE PIECE (12)
作品ミックス (5)
ピカッとハウス同人関係 (41)
催眠帝刻学院公式 (5)
コラボ企画 (43)
戦闘員、派遣します! (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (0)
ムシブギョー (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

魔法少女リリカルなのはTB / STAGE-13 ゴミ箱のなかで

「低村ニナヒ!これはどういうことだ!?」

「う~ん、どういうことって……そうだなぁ、これから酷いことになるとしか言えないなぁ♪」

スカリエッティは触手によって動きを封じられ、床に大の字で磔にされていた。
ニナヒに呼び出されて出向いた廃工場は周囲に人気は無く、何が起こっても周りに気付かれることはないし、最悪工場を破壊してしまってもなんの損もないニナヒにとってお気に入りの遊び場だ。

「貴様ぁ……!裏切るつもりか!?」

「裏切る?フフ、その言葉が適切かはわからないけど、その表情……ゾクゾクしちゃうなぁ

「大丈夫、安心してよ。僕は直接手を下すつもりはないんだ」

「今日はただ、楽しく見学させてもらうつもりなんだよ」

「見学……だと!?」

「うん!みんなこっちへおいでー」

ニナヒが合図をすると、物陰に潜んでいたナンバーズのメンバーがぞろぞろと姿を現した。

「お、お前達!?」

下から見上げる限られた視界からでも、ナンバーズのほとんどが見て取れた。
その全員が漏れなく全裸であり、股間には淫らな紋章を浮かべている。

「スカリエッティ。今日はボクの言葉じゃなくて、彼女達から君に説明してあげるよ」

「フフ、説明というには少しハードかもしれないけどね♪」

「まずは私からだ」

ニナヒの後ろに整列していたナンバーズから、ディードが一歩前に出た。

「ガハッ!?」

踏み出す勢いのままに足でスカリエッティを蹴飛ばし、大の字になっている彼の顔の上に跨る様にして立つ。
そして、両手でオマンコをパックリと開いて、中に入っていた精液をボタボタと顔に落としていった。

「ぐ、うっ!」

「どうだ、雄臭いだろう?良い~臭いだろう

「これが御主人様の雄の象徴たる精液の臭いだから、良~く覚えておくんだな」

「自分が作り上げたナンバーズが、裏で根こそぎ奪われてるとも知らず調子に乗っていたクソ雑魚スカリエッティ……!」

「なんだと!?ぐぶっ!んぶっ!」

口と鼻を塞ぐように精液を落とされまともに喋れないスカリエッティにもディードの声はしっかりと聞こえていた。
裏でナンバーズが奪われていた。
ディードの言葉は裏付けをとらずとも、彼女の行為がそれを証明している。
だが、なぜこんなことに。それがわからない。

「あ、んああ!どいて!ディード邪魔ぁ!」

「うわ!?お、おいっ!」

オマンコから落ちる精液を見て我慢できなくなった精液中毒のウェンディが飛び出し、ディードを押しのけて落とした精液を舐め始めた。

「じゅるるっふあっ

「うっまっああ、御主人様の精液ぃ

元々順番的にはウェンディが次だったので、やれやれとディードが下がる。
スカリエッティの顔から精液が舐め取られていくと、ウェンディの狂気じみた表情が視界に入る。

「お、お前一体どうして……!」

「んあっ言っておくけどお前の体を舐めるのは死ぬほど嫌!」

「嫌だけど、御主人様の精液を捨てるなんてもったいないから!」

「ああ、美味いのぉレロレロ御主人様の精液美味しいぃ

「んん!私はなぁ!洗脳で!」

「洗脳で中毒にしていただいたんだっ!御主人様の精液中毒にぃ

「あっあっ

「しあわせぇ御主人様のザーメン舐めるのしあわせぇええんっ

「わっおおおおおおんっ

説明しながらも精液を舐め続けた結果、ウェンディは絶頂し犬の様に絶叫した。

「お前達……や、奴に洗脳されたのか……!?」

「あ、それは私が説明するよ」

3人目に出てきたのはディエチだ。
彼女もディードと同じように顔に上に立つと、オマンコをパックリと広げながら事実を突きつけた。

「みんな一緒に触手で脳を弄りまわされたんだよ

「ちなみに記憶は消されているけど、スカリエッティもね」

「な、なんだと……!?」

「証拠だってあるんだ。お前は御主人様に植え付けられた被虐願望によって、徐々に苦しみが快感に変わっていくようになってる」

「だからこうすれば……んぅ……

ディエチはジョロジョロと尿を撒き散らし、スカリエッティの顔と口にぶっかけていく。

「んぶっ!んんっ!」

口は閉じても鼻から尿が入り息ができない。
そのせいで口が開き、尿を飲んでしまう。

「はぁ~……スッキリしたぁ

「フフ、辛かったよねぇ。苦しかったよねぇ」

「だけど……ほら、スカリエッティはそれが快感なんだよね」

「ふぁっ!?えっ……?あ、うあぁ……!」

足でピンッと蹴飛ばされたそれは、勃起したチンポだった。
ディエチのおし っこシャワーに興奮してしまったことの証拠には十分な勃起。
それを見てスカリエッティは自分が洗脳されていることをハッキリと理解した。

そして、肉体の制御権も完全に奪われていることを4人目のノーヴェに教えられる。

「ば、馬鹿な……!?」

「アハハ!変なポーズ!」

触手の拘束を緩められたスカリエッティは、ノーヴェが指示した猿のような間抜けなポーズを取らされていた。
鼻の下も伸ばし、猿になるきるポーズをしているが、本人の表情は驚愕で歪んでいる。

「フフ!スカリエッティの体は御主人様はもちろん、牝奴隷である私達にも制御できるようになってるんだよ♪」

「御主人様がいなくても、スカリエッティの手綱はちゃ~んと握ってるってわけだねププ!」

「というわけでハイ、お座りしお口アーンね」

「んがっ……!」

抵抗しようとするが、スカリエッティの体は脳と切り離されているかのように自動で動き、犬のお座りポーズをする。
その上で口をパックリと開いたスカリエッティに対し、ノーヴェは目の前に立って目を閉じた。

「んぅ……

「がばっ!んぶぶっ!」

ジョロジョロと放物線を描いて放出されたおし っこが、スカリエッティの口へと注がれていく。
飲み込むように命令されているわけではないが、窒息しないために飲み込んでいくしかない。

「はぁ~……スッキリ

「ね?わかったよね?お前の体の自由は全部御主人様と、御主人様の牝奴隷である私達のものなんだって」

「く、くそぉ……!」

怒りに狂った表情をしていても、勃起し頬を赤く染めているスカリエッティに恐怖を感じるものはいないだろう。

屈辱も苦しみもスカリエッティの脳が勝手に快感に変換し、彼を興奮させていく。
それが操られてのことだと理解していなければ、今すぐに快楽溺れてしまうほど強烈な興奮だ。

そんなスカリエッティの心を折るべく、5人目のオットーが前に出た。

「次は僕の番」

「今は僕のオマンコにも御主人様の精液がたっぷり詰まってるけど、僕はせっかく注いでもらった精液をお前なんかにかけたりするつもりはないんだ」

「だからね、僕はこの言葉を送るよ♪」

ニヤッと笑うオットーの表情はあまりにも不気味だったが、その言葉の効力は不気味では言い表せないものだった。

「怖いの怖いの飛んでいけ~♪スカリエッティの中に飛んでいけ~♪」

両手で何かエネルギーを送るようなジェスチャーをするオットーは、最後に手をパンッと叩く。
するとスカリエッティの表情がみるみる青ざめてきた。

「あ……あぁ……!?」

今の言葉はスカリエッティを洗脳した時に設定されたスイッチであり、心の中の絶望と恐怖を100倍に増幅するものだ。

「う!?あ、ああ……

急激に曇った表情のすぐ後で、今度は恍惚と蕩けた表情に変化する。

「どう?絶望と恐怖を100倍に増幅されたあとで、それが全部快感に変わったでしょ?」

「あひ!うあ、ああっ!」

目まぐるしい感情の変化は最終的には全てがマゾの快楽物質へと変換されて脳からドバドバと溢れる。
確かに恐怖し、絶望の淵に心が堕とされているのに、それらが全て快感になる。

その精神の変化にまともでいられるわけもなく、既にスカリエッティは半狂乱の状態に近かった。

そんな彼の意識をハッキリさせ、心を折ったのがセッテだ。

「……」

「ガハッぐああっ

彼女は無言でスカリエッティを殴り、その極めて高いパワーは激しい痛みと苦痛で目を覚まさせる。
そして同時に快楽にも変換され、スカリエッティはボコボコにされながらもその快感で射精するという無様な連鎖を晒すこととなった。

ここまで来るともはや心は完全に折れてしまい、スカリエッティは泣いて許しを請うに至ったのだ。


「も、もう許してくれぇ……」

「従う……服従するから許してくれ……」

「御主人様、いかがいたしましょうか」

「セッテのパワーは凄いなぁ。よっぽど痛気持ち良かったんだね」

「許してあげてもいいけど、残りのみんなが出番無くなっちゃうし、スカリエッティにはもっと完全に……」

「自分の立場を理解してほしいな♪」

「ひいっ!」

「―――と、いうわけで私の出番だ」

次に登場したチンクは、スカリエッティを跪かせた状態で自分のオマンコを舐めさせるように命じた。

「本当に屈服するならできるよな?」

「う……あ……」

「もちろん、舐めながら自分で自分のチンコを扱くんだぞ?」

「わ、わかり……ました……」

「ペロッ……レロッ……」

精液がたっぷり詰まった雄臭いオマンコを、手でシコシコオナニーしながら舐める屈辱。
それを受け入れてしまうほど、スカリエッティは心折れていた。
そして、その屈辱もすぐに快楽に変換され、勃起したチンポはさらに熱を帯びていく。

「おい!いつまで舐めさせてるんだよ、交代だ」

チンクを押しのけたのが八人目、クアットロだ。
彼女はアナルに中出しされていたので、尻の穴を舐めさせながら追い打ちとなる事実を教えた。
それは、スカリエッティが誰かの許可が無いと射精できないというものだった。

「ぺろぺろ……んぅ、そんらふぁかな……れろれろっ」

「んあチッ……クソが私を感じさせてんじゃねーぞ」

「いいか?射精させてほしかったらお願いするんだ」

「ゴミクズチンポの無価値ザーメンを無駄打ち射精させてくださいってなぁ!」

「ふぁ、ふぁい……れろ、いいまふ、いいまふふぁあら!」

「あ、待て待て。私はお前のザーメン浴びるのなんてごめんだぞ」

「交代するから、トーレに頼むんだな」

「えぇ……私も嫌なんだけど……」

「まぁまぁ。交代してあげなよ」

「……はいっ御主人様が仰るなら……!」

代わった9人目のトーレは、前に出る前に部屋に置いてあったゴミ箱を持ってスカリエッティの前に立った。

「ほら、手をもっと激しく動かすの」

「あう、はあうっ!」

「射精させて欲しかったら、お前は自分の人権を放棄して、命も何もかもを御主人様と私達に捧げることを約束するんだ」

「それが出来たら、クズチンポにクソ野郎のゴミクズクソザーメンを射精させてあげる。このゴミ箱にね!」

「うう、誓うっ。誓うから射精、射精させてくれっ」

「ちゃんと言葉にするんだよ!」

「は、はいっ!俺は……人権を放棄して、命も何もかもを、低村ニナヒ様と……その奴隷達に捧げることを誓いますっ」

「ですから、ですからどうか!射精させてください!」

「も、もう頭がおかしくっ、な、なるっ」

この宣言を引き出したトーレはニナヒに目線を送ると、彼はにっこりと笑って首を縦に振った。

「いいだろう。御主人様の許可も出たから……ほら、許可してやる。無様にイケッ!」

「ああ、ありがとうございますっ。イク、イキますっ」

「うあああああっ!」

まるで打ち上げ花火が破裂した時のような、パンッと乾いた炸裂音がスカリエッティの頭の中で響く。
それとは反するようにビュルルと鈍い音を立て、精液がチンポの先から放出され、ゴミ箱へと吐き出されていく。
人権放棄の代償で得た射精。それはスカリエッティにとってまるで魂を吐き出すかの行為であったが、それだけに他では得難い尋常ではない快感となった。


「ひぐっあ、が……

涙と涎を流し、射精の余韻に声にならない声をあげるスカリエッティ。
そんな彼の頭を掴んだのが、11人目のドゥーエだ。

彼女はゴミ箱の中にスカリエッティの頭を押し込むと、そのまま今自分が吐き出した精子を舐めろと命令した。

「ぴちゃ……ぺろ、ぅ……ぺろ……」

「それでいいんだ。ゴミはゴミ箱へだけどな、ゴミ箱もお前のザーメンなんか出されたら迷惑なんだよ」

「ふぁい……すみまふぇん……れろ、綺麗に……しまふ……」


ナンバーズは残り一人、ウーノが残っている。
だがウーノの出番を待たずして、スカリエッティは完全に屈服し、もはや完全にニナヒの制御下になった。
その状況を見て、ウーノはニナヒに提案した。

「御主人様。どうせなら仕上げとして、二度と勃起させないようにするのはいかがでしょうか」

「それは僕も考えたけどね、逆にしようと思ってるんだ」

「逆、ですか」

「うん!勃起状態でいさせ続けて、でも射精はできないイクにイケないイキ地獄ってのがお似合いかなと思ってね」

「それは……素晴らしいお考えです。感服いたしました

「アハ、そんな褒めないでよ照れちゃうからさぁ~」

「いえ、やはり御主人様は我らが尽くすにふさわしい崇高なお方なのだと再認識させられました」

ウーノは心の底からの敬愛と尊敬の眼差しをニナヒに向けた後、一歩前に出てゴミ箱に顔を突っ込んでいるスカリエッティに命じた。

「ジェイル・スカリエッティに命じる」

「永遠に勃起し続けよ。ただし射精は禁止する」

「はうあっ!」

この命令にスカリエッティは即勃起し、同時に自分が二度と射精できなくなったことを自覚した。
元々洗脳によって命令には絶対服従なことに加えて、自ら宣誓した人権放棄。
それによって心身共に命令を完全に受け入れてしまったのだ。

こうしてスカリエッティはゴミ箱の中で自分のラスト射精だった精液を舐めながら、遠泳となった勃起チンポから発生する性欲を全身で感じつつ、完全な敗北と屈服に酔いしれるのだった。



つづく
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4673: by ドルチル on 2021/08/02 at 03:33:48 (コメント編集)

スカリエッティといえば 昔ハイグレスレで女体化したスカリエッティが出てくるシリーズがあったな~

mc48
ラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 より ミコナ・ゾル
左側の怒りマーク付きの女性(左側は全員上級生)
ttps://pbs.twimg.com/media/EvZi59oVcAEVd7B.jpg

ttps://animemiru.jp/wp-content/uploads/2020/07/rasudan-hiroin-04-338x480.jpg

主人公たちの先輩の士官学校生で 神速のミコナと呼ばれ クラスメートとの連携も得意な巨乳の女性

同性愛者で魔女マリーをマリア王女と知らずに好きだったが、主人公ロイドがマリーの家で下宿するようになったため家に近づけず 嫉妬しまくっている

その嫉妬を利用される形で ソウによって魔王アバドンと魔王トレントの二つの力を手に入れ(本来はどちらか選ばせるつもりだったが ミコナが二つとも飲んでしまった) 強力な身体強化と空を飛び植物系の触手を出しまくる能力を手に入れ 作中ではそれまでは大して苦戦することが無かった主人公と対等レベル(コンロン最弱レベル)の強さに強化された

その戦いは、コンロンの村関連以外では ロイドの骨を折る事が出来るフィロ・キノンをしてもあまりに早すぎて見失うヤムチャ状態になる程だった

4巻でロイドに敗れて気絶している所をソウに持ち帰られ
5巻では”自我を封印”されて”手駒として操られ”ジオウ帝国との御前試合にジオウの選手として出場(ジオウと手を組めば一般人や罪人でも彼女のように強大な身体能力を得て従順な兵器となるとのこと)
ただ、欲望は残っているのか マリーに対してセクハラ攻撃をしたり マリーの下着だと言われてそれに飛びついたりしている。

その後、かつてのクラスメートや5巻までに登場してきたキャラ達やコンロンの村の人たちの活躍により倒され正気に戻るも 力はそのままなのでその力を使ってマリーのストーカーをしたり 嫉妬でロイドに攻撃したりしている。

▼このエントリーにコメントを残す