FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1661)
虚ろ目イラスト (33)
エロゲレビュー (171)
同人&エロ漫画etcレビュー (240)
オリジナルSS (67)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (16)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (9)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (9)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (18)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (2)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (13)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (30)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (11)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (84)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (48)
みなみけ (9)
名探偵コナン (14)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (5)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (49)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

一条楽の究極マゾ道 NTR.6「二人追加」

「いやー、昨日は最高だったな」

「う、うん……

朝、俺は小野寺と二人で登校した。
ホテルでのことで盛り上がったけど、俺としてると思ってる草雄様とのセックスは最高だったらしい。

「まさか楽くんが、チンカス掃除とかイラマチオとかが好きだったなんて。男らしくてもっと好きになっちゃった

「ハハ、まぁね」

俺はそれでオナッてただけだけどな。
草雄様容赦ないから、俺も興奮しちゃったよ。

それに、いくら聞こえないくらいの声量だからって外でこんな話を小野寺がするなんて、随分変わったな。
これも草雄様が下ネタに躊躇しない女の方が好きだって言ったからなんだけど、朝っぱらからイラマとか……清楚だった小野寺の変わりっぷりは俺の大切な物を変えられたって気がしてマゾ心に響く。

朝から最高のスタートを切った俺だけど、なんかこれはこれで違う気もした。
究極のマゾにとって良い出来事って不幸とか苦痛とかなわけで、さっきみたいな楽しくて感じちゃうような会話は必要ないのかもしれない。

そう、俺は全てを奪われたいんだ。
最終的には誰とも会話しない、会話してもらえないって状況を目指さなくちゃいけないのかもしれない。
それが究極のマゾ……そう思えてきた。

そんなことを考えていたからか、授業中は全然身が入らなかった。
先生にもそれで怒られたけど、わかってないな。マゾの俺を叱るなんて逆効果なのにな。



「お前、最近ちょっとヘンだぞ」

「そ、そうか?」

集が俺の異変に気付いたみたいだ。
究極のマゾを目指すようになったからそりゃヘンになってるし、気付かれても別にいいしむしろ知られて軽蔑されたいんだけど、草雄様の計画もある。

不安になって一応草雄様に相談すると、集もこちら側に引き込んだ方が良さそうだねと言ってくださった。

「お前の友達は俺の下僕にしてやるよ」

この一言が俺のマゾ心をどれほどくすぐったことか。
さすが草雄様、わかってらっしゃるぜ!



「よ、よろしくお願いします!」

まさか男友達も奪ってもらえるとは思ってなかったから、滅茶苦茶に興奮した。
そうだよ!友達も奪われて孤独になる……最高じゃんか。

ただ、友達の集は催眠導入が難しい。
男同士だと遊びで催眠術って言っても拒否られちゃうだろうし。

「草雄様、どうしたらいいっすか?」

「そうだな……。お前はまず、付き合っていることを舞子にはオープンにしろ」

「それで他の連中と一緒に遊ぶ場を設けて、みんなで催眠術ごっこみたいな感じにするんだ」

「あとは流れで催眠導入だ」

「わかりました」

命令に従って、まずは集に伝えることにした俺は、放課後家に呼んでそれを伝えた。



「良かったな!」

集は驚いてたけど、凄く喜んでくれた。
俺の様子が変だったのも、小野寺と付き合えたからだと勝手に解釈して納得してたのも嬉しい誤算だった。

それから次の日、俺は小野寺の友達の宮本るりにも付き合っていることを伝えた。
集より驚いてたかも。

これで俺の友達と小野寺の友達それぞれが付き合っているのを知った。
俺は草雄様の命令に従って、俺を含む4人に草雄様を含めた5人で遊ぶ機会を作った。

場所はもちろん俺の……いや、今や草雄様の家でだ。

作戦はこうだ。
まず、俺が催眠術が出来るって流れを作って、草雄様がかかったふりをする。
それでも信じてくれないだろうから、小野寺を見張り役にして集と宮本に催眠導入する。

上手く行ったら小野寺もキーワードで催眠状態にしてしまえば、全員に催眠暗示を施せる……って感じだ。


で、実際にはどうなったかというと……さすがと言うか、草雄様の作戦は大成功だった。
小野寺が見張っている前で二人にガチの催眠導入をして、凄い!ってびっくりしてる小野寺もキーワードで催眠状態に。


完璧だ。

草雄様、やっぱりすげぇ!



「ぜ、全員催眠状態になったすね!」

「ど、どんな暗示をかけるんですか!?」

興奮して声が上ずっちまう。
だってここにいる三人と俺の関係が間違いなく、それも悪い方向に変わるんだ。

興奮するなって方が無理だろ。

「まずはいつも通り催眠導入用のキーワードを決める」

「小野寺小咲以外の二人は元々それほど興味があるわけじゃなかったから、手っ取り早く支配するよ」

「要は、何でも言う事を聞くイエスマンと……イエスマンコにしちゃおっか」

草雄様は手駒として二人をいいなりにして、小野寺に対してはこの家の中では草雄様が絶対という認識を与えるだけにした。
正直物足りないけど、これはこれで俺の考え通りにいかない感じがイイ……

催眠暗示をかけ終わった後、草雄様は三人の意識を戻してまず最初に集に対して命令した。

「そうだ、犬の物まねしてみてよ。本気でね」



「わかりました」

「わんわん!きゃいんきゃいん!」

素直に犬真似をする集を見て、俺は思った。
また一人、俺の友達が草雄様の物になったんだって。

小野寺も集の姿に驚いてたけど、宮本の反応にはもっと驚いてた。

「小咲、彼の言うことを従うなんて当然のことじゃない」

「ええ!?」

「まぁまぁ。集ももう真似やめていいから、ゲームでもしようよ」

「そうだな、トランプがいいかな」

草雄様が提案したババ抜きをみんなですることになった。
もちろん罰ゲームありの。

「罰ゲームは俺が決めるね。みんなはそれに従ってもらうけど、どんな内容でも息をするくらい気楽に考えてすること。いいね?」

当然みんなOKしたわけだけど、わかってるのかな。
草雄様が普通の罰ゲームをするわけないって……。

実際、ババ抜きの一回戦は宮本が負けたんだけど、罰ゲームはフェラチオだった。
あいつはキスもまだだったらしいから、ファーストキスを草雄様のチンポに捧げたわけだ。

なのに普通にしゃぶってる。
それを他の連中も気にしない。



「ちゅる、れろ、んっ、んんっ……」

「あー、この無表情な感じたまんないねー」

草雄様が宮本と罰ゲームをしている間、俺達は3人で2回戦目をした。


「あわわ……!」

本当は俺が負けてみんなにボコられるとか、全裸で町内散歩とかさせられたかったんだけど、運悪くババを引いたのは小野寺だった。

すっげぇ顔に出るから、そのまま小野寺がババを持ち続けて決着した。



「うっ!」

「ん……」

小野寺の負けで決着するのと同じタイミンフで、草雄様が射精した。
多分、最初から決着と同時に射精するつもりだったんだと思う。

「ふー、それじゃあ小咲に対する罰ゲームはね……」

草雄様が命じた罰ゲームは、すること自体は簡単な内容だった。



「ハイチーズ」

小野寺の罰ゲームは全裸で写真撮影して、SNSにアップすることだった。
一応目線はいれたけど、本人を知ってる人が見たらすぐわかるレベルだ。

最後は残った俺と集の対決だった。
俺は負けて罰を受けたかったけど、結局勝っちまった。

まぁその、負けたくて勝っちゃうって言うのはマゾ的にアリではあった。
集への罰は貞操帯着用の義務付けだったけど、それだけで終わらず宮本と付き合って貞操帯と射精管理をしてもらえということだった。

「わかりました、これからは私が管理します」

「うん。管理方針はあとで色々と仕込んであげるからね♪」

「ありはとうございます」

簡単に承諾する二人に小咲は少し違和感を覚えたのか、このことに対して驚いているようにも見えた。
ここで今日はお開きになって、小野寺を帰宅させる。

集と宮本の二人は残って、草雄様から色々と説明がされた。
要は、草雄様の目的の為に裏で手伝うように命令したってことだ。

笑えたのは、宮本はこれから草雄様に返事するとき、「はい」とか「了解」の意味で使う言葉を全て「イエスマンコ」にさせられていたところだ。

それ、俺もやってもらいたいとすっげぇ思った。

そして翌日。



「それにしても、まさか一条くんが究極のマゾだとはね」

「まぁな!ところで、あれやってくれた?」

「ええ。草雄様の御命令だもの、全て抜かりないわ」

「隙を見て小咲を催眠状態にして、アソコにリモコンローターを着けたわ」

「スイッチオンになるまで認識できないから、草雄様がスイッチを押すまでは何も起こらない」

「今日の体育は面白いことになると思うわよ」

「ありがとう!草雄様に弄ばれる小野寺を見られるなんて楽しみだな!」

「……そう」

「……どうしたんだ?何か思う事でも?」

「別に……ただ、一条君」

「うん?」

「……哀れね」

「え?」

「そう思うか!」

「ええ。とっても哀れだわ」

「マジか!やったぜ!」

よくわかんないけど一方的に哀れみで見られたりするのはたまんねーぜ。




「御主人様に操られているとも知らないで」



俺の去り際に何か言われた気がしたけど、そのことはすぐに忘れた。



「楽さま~

「うぉっ!?」

橘が俺にタックル気味に抱きついてきた。

「……!!」



「ちょっと!何デレてんのよ!?」

「い、いや俺は別に」

様子を見ていた千棘が間髪入れずに割って入ってきた。

別にデレてたわけじゃない。
すげぇパワーでタックルされたことで、俺の中でピンッ!閃いたんだ。
俺のことを一番堂々と好きって言ってるこいつこそ、思いっきり寝取ってもらえる。そのカタルシス……!

それを考えたら、思わず顔が緩んじまった。


だってさ、それ最高だろ……!


つづく


――次回予告――
小咲です。
休み時間に、股間がブルブル震えて驚いたけど、アソコにバイブが入ってたみたい。

って、え?なんで?なんでアソコに!?



次回、一条楽の究極マゾ道「休み時間」
御期待下さい。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3335: by オレンジ on 2019/09/23 at 09:01:28

続編更新ありがとうございます。

清楚な小野寺がチンカス掃除やイマラチオと言うなんて小野寺も変わりましたね

二人をイエスマンとイエスマンコにしてもらったり、草雄のイエスマンコになった宮本るりに「とっても哀れだわ」と言われて楽も嬉しいでしょうね(笑)

4083: by あびゃく on 2020/05/06 at 18:52:31 (コメント編集)

集は、本編でもスピンオフのマジカルパティシエでもよいキャラしてたな~

こういう認識してない感じでイタズラされる展開結構好きです!

まあ目線入れても知り合いだと気づいちゃいますよね~

>洗脳描写がある自分が知ってる作品475
魔法少女にあこがれて

魔法少女にあこがれ魔法少女グッズを集めるおどおどした少女“うてな”
そんな彼女の住む街には本物の魔法少女が存在し悪と日々戦っていた
自分もなりたいな~と学校の帰り道思っていたら 突如マスコット的な存在が現れ「君には選ばれし力がある」と言って変身させる そう!
悪の組織の女幹部に!
自分の力がそんなのだと知り 辞めますと言うもsnsで変身シーンを拡散するといわれて嫌々協力 しかも変身の波動を感じ取ってやってきた魔法少女たちも話を聞かず攻撃してくる
そんな中マスコットに渡されたムチ(フルスタ・ドミナツィオーネ:支配の鞭)を渡されたたいたものをなんでも怪人にしてしまうという能力を得て 魔法少女たち全員を拘束してお尻をムチで何度もたたき笑みを浮かべるうてなの顔を見てマスコットは 「君のは魔法少女へのあこがれではなく魔法少女が傷つく姿を見るのに愉悦を感じるサディストだ」と心の中で語る

こうしてマスコットに脅されつつも 魔法少女を傷つけるのに愉悦を感じる悪の女幹部が出来上がったのであったというストーリー

mc要素は3人目の悪の女幹部ネロアリス
ネロアリスは無口な小学生で親にネグレクト気味な対応をされており
その能力は玩具を意のままに操るというもので
専用のドールハウス(専用とは言ってもいくつか種類があり家タイプや病院タイプなど様々なタイプがある)を使って結界を貼ることでそのドールハウスに入った存在は全て彼女にとって玩具になり 魔法少女たちも衣服はもちろん性格まで一瞬で変化させることが出来
例えばザ・魔法少女作品の主人公って感じの明るい元気なちょっとおバカなキャラが仲間をハニーという男装キャラいなったり 
関西弁で毒のあるキャラもロリータ系の服になって「ママ・・・おなかへった・・・」と言い始めたりする

さらに年齢変化も可能ので自身もドールハウスに入りネロアリス自身を大人のお姉さんの姿に変化させ お医者さんごっこの要領で本当に病気を治したりできる等かなり万能で強い能力
ただしネロアリス自体が幼いため 疲れて眠くなるなどすると能力が解けてしまうという欠点がある

・主人公の悪の女幹部は右下のマジアベーゼ
ttps://img.animanch.com/2020/03/su3734847.png





▼このエントリーにコメントを残す