FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

アンケート企画再開しました! とりあえず試運転にはなりますが、投票していただけたら嬉しいです。 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 2021/8/15追記 1000票到達した為、締め切り致しました。 結果発表をお待ちください!

カテゴリ

ノンジャンル (819)
総集編 (7)
エロゲレビュー (93)
同人&エロ漫画etcレビュー (135)
オリジナルSS (34)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (8)
暁の護衛 (1)
アカメが斬る! (3)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (0)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (0)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (32)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (0)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (2)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (3)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (0)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (4)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (2)
機動戦士Zガンダム (10)
機動戦士ZZガンダム (2)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (2)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (2)
∀ガンダム (1)
新機動戦記ガンダムW (1)
機動武闘伝Gガンダム (0)
機動新世紀ガンダムX (1)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (2)
機動戦士ガンダム00 (2)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (0)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (2)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (2)
恋姫†無双 (8)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (2)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (0)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (16)
侵略!イカ娘 (7)
スーパーロボット大戦 (7)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (8)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (12)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (17)
つよきす (3)
とある魔術の禁書目録 (0)
とある科学の超電磁砲 (0)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (1)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (0)
ドラゴンボール (10)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (1)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (10)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (51)
ハヤテのごとく! (2)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (23)
美少女戦士セーラームーン (11)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (1)
ファイナルファンタジーⅨ (0)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (0)
Fateシリーズ (6)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (3)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (1)
フリージング (3)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (3)
僕のヒーローアカデミア (2)
ポケットモンスターシリーズ (7)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (34)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (3)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (22)
みなみけ (5)
名探偵コナン (2)
めだかボックス (2)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (1)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (20)
ONE PIECE (5)
作品ミックス (0)
MC関連スレまとめ (0)
ピカッとハウス同人関係 (27)
宇崎ちゃんは遊びたい! (1)
虚ろ目イラスト (2)
テイルズ オブ ジ アビス (0)
魔入りました!入間くん (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

ポケマン・マイスター 3章



メイ

「あ~……スッキリしたぁ~……!」

「うぅ……ぁ……」

メイ、というよりは女の体に魅せられたセイジは結局6回も連続してセックスした。
溜まっていたもの全てを吐き出すかのようなセックスで童貞を卒業したセイジは、「スッキリした」とはこのことだと心底晴れ晴れとしていた。

対照的に処女を失い、汚されたメイはようやく解放されぐったりと寝そべっている。
意識はあるがその眼は虚ろで、涙も流していて、まさに「犯された」姿であった。

思考を曇らせていた性欲が発散されたことでセイジは冷静さを取り戻し、そうなると今度はポケマンカスタマイザーを試してみたくなった。
ポケマンカスタマイザー

(確か……アマボールをセットすることでポケマンを洗脳できるって言ってたよな)

「ごくり……!」

「よ、よし。試しにやってみよう」

横たわるメイをアマボールに戻し、慎重にポケマンカスタマイザーの上に載せる。

ポケマンカスタマイザー

セットすると『洗脳内容を音声入力してください』と機械的な音声が流れ、音声入力であることがわかった。

『尚、入力内容に曖昧な点がある場合は、適宜判断して洗脳を行います』

「へ~便利にできてるもんだな」

(とりあえず一人目だけど可愛いし、俺のことが大好きな奴隷にしてやるか……。)

(嫌われているよりは好かれている方がいいし、それでいて言うこと聞いてくれるなら最高だよな)

メイに対する入力内容を頭の中で浮かべたセイジは、顔を機械に近付けてゆっくりと言葉を口にした。

「メイは生まれつき俺の奴隷で、俺のことと俺の奴隷である自分が大好きな女になるっ」

「そ、それと俺の奴隷であることに違和感も疑問も不満も持たない」

言い終えて2秒ほどすると、機械音声が。

『洗脳内容を確認します』

『メイは生まれつきセイジの奴隷である』

『セイジのことが大好き』

『セイジの奴隷である自分のことも大好き』

『自分が奴隷であることに対し、違和感・疑問・不満を覚えない』

『以上の内容で洗脳を開始する場合はハートマークをタッチするか、洗脳開始と宣言してください』

『30秒間操作が無い場合は、自動的にキャンセルされます』

細かく整理された入力内容はセイジの考えとしっかり一致していた。

(……30秒って長いな)

そう思いながらしばらく待つと、洗脳開始の合図だろうかセットされたアマボールが発光した。

ポケマンカスタマイザー2

「お、おぉ!?」

「これって今まさに洗脳している最中ってことだよなっ!?」

ボールが発光していたのはものの数秒だった。
光が消えると、再び機械音声が鳴る。

『洗脳完了しました。アマボールをポケマンカスタマイザーから取り外してください』

「え?はっや!」

ドキドキしている間もないくらいわずかな時間で洗脳が済んだことに驚きつつも、すぐにボールを外して床に投げる。
するとボールの中から全裸のメイが出てきた。

メイ (12)-min

「ああん御主人様ぁっちゅっちゅっ

「メイをボールから出して下さってありがとうございますっ

洗脳後のメイはうってかわってセイジにベタ惚れ状態で、抱き着くなりキスの雨を降らせながらセイジの股間を触った。

(なんだこれ別人レベルじゃん!)

(すっげぇ……これが洗脳か!)

「さっそくオマンコしますか?それともお口で……チュッ

「あ、いやいやちょっと待ってその前に確認」

「確認?なんのですかぁ」

「いやその……お、お前は俺の奴隷、なんだよな?」

「フフ、どうしたんですか御主人様ぁ。メイは生まれた瞬間からずーっと、御主人様のドですよ……

「私の人生は1秒も余さず御主人様の奴隷なんですからぁ忘れちゃったんですかぁ?」

「そっか、そ、そうだよな!」

(性格が変化しすぎな気がするけど、これって生まれた時からの記憶を奴隷に書き換えられたせいなのかな……)

(ま、いっか!思ってた通り奴隷にはなったわけだし)

とりあえず洗脳は成功したとわかったので、セイジはもう深く考えるのをやめた。
自分の奴隷になった女。
それが目の前にいて自分に媚びている姿を見ると、さっきまでヤリ疲れていたチンポが最高潮まで元気を取り戻し、抱かずにはいられなかった。

「……メイ」

「はい?」

「ヤルぞ」

「はーいメイのオマンコでたぁ~っぷり気持ち良くなってくださいねぇ

メイ

「ああんっ入ってるぅ御主人様のチンポがメイのオマンコジュボジュボしてるっ

「あー、マジ気持ちいいわ」

「嫌がらない女っていうか、俺のことが好きな女とするのってこんなに……もうほぼ別マンコじゃん」

セイジを愛し、セイジの奴隷として望んでしているセックス。
しっかりと身も心も愛に包まれたセックスをする時、女の膣内はまるで別物になる。

愛する人のチンポを歓迎し、気持ち良くしようとする膣壁。
それによって得る快感で高まる体はますます膣内に愛液で濡れていく。

これこそ本当のセックスだとセイジは実感しながら、夢中で腰を振った。

「あひっおくにっ当たってるああんっ

「ズンズンッて、オマンコの奥がっ

「ああ大好きっ御主人様大好きぃ

「キスっキスしてぇっ

「ん?あ、あぁ……!」

(そういえばあれだけヤッたのにキスはまだだったな)

チンポを出し入れしながら、顔を近づけて唇を重ねる。

「チュッ」

触れた瞬間、メイの顔が少し上がり、むにゅっと強い感触が来たかと思うと、彼女は舌を入れてきた。

メイ

「ん、ちゅ~れろっ

「……!!」

メイに舌を強く吸い上げ、舐められたことで全身がビクッとする。
背筋から震えるようなな、挿入しているのとは違った種類の快感があった。

自然と感情は昂ぶっていき、行き交う唾液と共に舌をチュルチュルと吸い合うようになった。

「ちゅる、べろぢゅるるっ

肌を合わせるように強く抱き寄せて唇を重ね、お互いを求めるように舌を絡めていく。
ヌルヌルともベトベトとも違うつるっとした感触が心地良くいつまでも吸っていたい気分になってくる。

そして同時に、挿入している腰の動きも加速した。

「ん…ちゅ、ぷはっま、また激しくなってぇっ

「ああっすごいっんああっ

キスしながらチンポを出し入れする。
頭と股間、両方から同時にくる快感はそれぞれ単体の時とは比べ物にならず、射精感が一気に上り詰め、射精に至った。

共通 中出し

「ああイクッ!」

「はぁあぁっ

「熱いのがたくさぁん

「中に来てるっああああっ

メイもイッたようで、お互い数秒間ビクビクと絶頂の余韻に浸った。

そうしていると、船内にアナウンスが流れる。
まもなくカントー地方に到着するため、下船の準備を乗客に促す内容だった。

メイ (12)-min

「俺カントーとか初めてだから、お前も一緒に降りるぞ」

「わかりました

「急いで着替えますねっ

セイジは元々大した荷物を持っていないので服を着ればすぐに準備は終わった。
到着までまだ10分はあったので、時間つぶしにメイのポケマン図鑑を確認してみる。

メイ (13)

「お!ちゃんと変わってるな」

ポケモントレーナーだった肩書も奴隷ポケマンに変わっていて、セイジはニンマリする。

メイ (14)

さらに詳しくで見てみると、自分の指定した通りに洗脳できていることがわかり、改めて安心もした。

それでまたムラムラしてきたが、さすがに時間が無いので一旦図鑑を閉じ、デッキに出て到着を待った。

メイ (15)

「あ!フェリー乗り場が見えてきましたよ!」

「そうだな」

「カントー地方か……楽しみだな」

「はいっ!」


数分後に船は到着し、セイジはメイと共にカントー地方に上陸したのだった。




ポケマン・マイスター 旅立ち編  完





関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 ポケットモンスター メイ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4797: by storm on 2021/11/14 at 00:05:35

次回がどんな内容になるのか楽しみでしょうがないっす

▼このエントリーにコメントを残す