FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1304)
虚ろ目イラスト (9)
エロゲレビュー (122)
同人&エロ漫画etcレビュー (158)
オリジナルSS (41)
総集編 (11)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (8)
暁の護衛 (10)
アカメが斬る! (5)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (51)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
俺だけ入れる隠しダンジョン (0)
宇崎ちゃんは遊びたい! (2)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (2)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (3)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (4)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (2)
機動戦士Zガンダム (12)
機動戦士ZZガンダム (3)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (2)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (3)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (1)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (1)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (2)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (1)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (2)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (3)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (5)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (1)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (34)
侵略!イカ娘 (9)
スーパーロボット大戦 (7)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (9)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (12)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (17)
つよきす (8)
とある魔術の禁書目録 (0)
デート・ア・ライブ (0)
転生したらスライムだった件 (0)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある科学の超電磁砲 (2)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (1)
ドラゴンボール (10)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (3)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (10)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (71)
ハヤテのごとく! (4)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (18)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (3)
ファイナルファンタジーⅨ (0)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (1)
Fateシリーズ (18)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (3)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (1)
フリージング (3)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (3)
僕のヒーローアカデミア (2)
ポケットモンスターシリーズ (12)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (62)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (3)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (27)
みなみけ (5)
名探偵コナン (3)
めだかボックス (2)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (2)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (1)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (24)
ONE PIECE (8)
作品ミックス (3)
ピカッとハウス同人関係 (34)
催眠帝刻学院公式 (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

総集編 さびれた古本屋 水野亜美編

さびれた古本屋 水野亜美編 / 1

001-min_20210727185732e34.png

ある日、水野亜美は帰宅途中にさびれた古本屋が目に留まる。

「家族屋書店?……そんなお店無かったと思ったけれど」

記憶力の良い亜美は街並みの変化にも敏感だ。
空き家だと思っていたところに掛かっている「家族屋書店」の看板から、本屋だろうと思い彼女は寄ってみることにした。


002-min_20210727185733cc6.png

入ってみると、他に客はいない。
どうやら古本屋らしいが、10坪くらいのスペースに所狭しと本が並び、奥のカウンターには店主と思わしき男が座っていた。

「これ……やっぱりそうだわ!」

偶然にも読みたいと思っていた絶版本が見つかった亜美は、それを手に取りカウンターへ移動した。

(4000円か……高いけれど、この機会を逃したらもう見つからないかもしれないし……)

003-min_20210727185735b43.png

「すいません、これを下さい」

「はい。どれ、値段は……と」

購入する時に少し小話をすると、店主は古野和彦と言って最近この街にきたそうだ。
古い建物を利用して、新たに店を出したばかりで、彼が言うには「新しい古本屋」らしい。

千円札を4枚を渡すとき、店主と亜美の目が合う。
その時だった。

004-min_202107271857361bc.png

「うっ……」

一瞬、頭に靄がかかったようになり、クラッとする。

005-min_20210727185738a0d.png

「大丈夫ですか?」

店主が気遣うと、亜美は小さく息を吐いて大丈夫と答えた。

「少し立ち眩みしたみたいです」

「そうですか。なんともなくて良かった」

「お買い上げありがとうございます。これはこの店のスタンプカードです」

「5つ貯まると良いことがあるので、是非」

「あ、はい。どうも」

こんな古本屋でスタンプカードかとも思ったが、探していた本がみつかったこともあってまた来ようとは思った。

006-min_20210727185739e16.png

数日後、亜美は家族屋書店で買った本を読破していた。

「……正直イマイチだったわね」

しばらく探してようやく見つけた本の割には拍子抜けするほど面白さを感じなかった亜美は値段が高かったこともあって少し落胆していた。

そもそも彼女はこれまで様々な本を読み、論文を書けるほどの知識がある。
それ故にどうしても評価基準が厳しいのも事実で、今回読んだ本も世間の評価はむしろ高い方だった。

007-min_20210727185741ef2.png

読み終えた本を閉じた時、亜美の目がフッと虚ろになる。

「また……別の本が欲しいな……」

「家族屋書店……行かなくちゃ……」

亜美はそう小さくつぶやくのだった。

001-min_20210727185732e34.png

翌日、亜美はさびれた古本屋にきていた。
少し前に見つけて一度来たことのある、家族屋書店という古本屋だ。

008-min_20210727185742722.png

入ってみると、他に客はいない。

(まだ他のお客さんを見たことが無いけど、これでお店が成り立つのかしら?)

客ながらに店の心配をしつつ、亜美は最初に店主の元へ行き、あることをした。

009-min_2021072718574466c.png

「……」

無言でスカートをたくし上げた亜美は、顔を赤くしながらも店主が目を逸らすまではずっとそのままだった。
彼女の雰囲気にピッタリなブルーと白の下着を、店主は一分近く眺めた。

「そうですか。こないだ購入いただいた本はつまらなかったんですね」

亜美はこの店で購入した本を読み終えると、その満足度合いによって様々なエロ行為をするようにされている。
今回はスカートをたくし上げてパンツを見せるという行為をしたわけだが、それは満足度では最低の時にする行為だった。

なぜ水野亜美がこんなことをするようになってしまったのか。
それは前回店に来た時に立ち眩みになった時だ。
あれは立ち眩みなどではなく、店主が亜美の目を見て洗脳したことで起きた現象だったのだ。

そうとは知らず、亜美は洗脳されたままに行動しているのだ。

010-min_20210727185745cee.png

「次の本は何にしようかしら」

亜美はエロ行為を終えると、次に買う本を探した。
来店したら必ず本を買う。
それも洗脳された思考だ。

「……これにしようかしら」

亜美が手に取ったのは数年前に発売され、スマッシュヒットとなった隠れた名作だ。
機会があれば読んでみようと思っていたので、丁度良かった。

亜美は元値1200円の本を800円で買い、帰宅する。
スタンプカードには2個目のスタンプが押された。

011-min_20210727185747d31.png

2冊目の本は読み終えるのに数日かかった。
本当ならもっと早く読めたのだが、亜美には「本業」ともいえる活動があり、それで時間を取られてしまったのだ。

「ベストセラーにはならかった理由はこれね」

読破した亜美は少し落胆していた。
最終盤に明かされた物語の秘密が、悪い意味で期待を裏切る内容だったからだ。

012-min_202107271857302ac.png

読み終えた本を閉じた時、亜美の目がフッと虚ろになる。

「また……別の本が欲しいな……」

「家族屋書店……行かなくちゃ……」


亜美はそう小さくつぶやく。
そしてまた家族屋書店へと足を運ぶのだった。



つづく


さびれた古本屋 水野亜美編 / 2

001-min_20210727185732e34.png

さびれた古本屋にきた亜美。
他に客はいない。

009-min_2021072718574466c.png

店に入りまずするのは、店主の元へ行きスカートをたくし上げることだった。

「あ~……つまらなかったんですね」

また評価1か。
店主がそう思った矢先、変化があった。

亜美はスカートをたくし上げたのではなく、服を脱いでいたのだ。

013-min.png

そのまま全裸になった亜美は、今まで身に着けていた下着を店主へと差し出した。
ブラもパンツも脱ぎたてで、まだ体温が生地に残っている。

水野亜美は、購入した本を読み終えると、その満足度合いによってエロ行為をするように洗脳されている。
今回は10段階ある中で2に相当する満足度だったようだ。

014-min_20210727191501fcc.png

「確かにもらいましたから服を着ていいですよ」

「は、はいっ」

自分が異性の前で裸を晒しているという自覚はあるので、亜美は終始顔を真っ赤にしていた。
なので急いで脱いだ服を着直すわけだが、当然渡した下着は無いので、ノーパンノーブラだ。

015-min.png

次に買う本を選ぶ時も、違和感があるのかモジモジしっぱなしだった。
この日も一冊本を買った亜美は、スタンプカードも3個目が埋まった。
全部貯まるまで残り2個だ。

016-min_20210727191504483.png

「フフッ……」

家で本を読破した亜美は、ところどころクスッと笑える面白い本だったと過去2冊に比べてかなり満足した様子だった。

「たまにはコメディ要素のある本も悪くないわね」

017-min_20210727191505754.png

読み終えた本を閉じた時、亜美の目がフッと虚ろになる。

「また別の本が欲しいな……」


亜美はそう小さくつぶやく。
そしてまた家族屋書店へと足を運ぶのだった。



つづく


さびれた古本屋 水野亜美編 / 3

018-min_202107271925197da.png

さびれた古本屋にきた亜美。
祝日でも他に客はいない。

019-min_202107271925210de.png

店に入るとまずは店主がいるカウンターへとまっすぐ行く。
カウンター前に立つと、天板の上から身を乗り出して店主へ顔を近づける。

そして……。

020-min_20210727192522d0e.png

「んちゅっ……ちゅる、れろっ……んっ、んっ……!」

「ちゅる、じゅるれろっ、ん、ちゅっちゅっ……」

唇を押し付けたかと思うやいなや、舌をねじ込み絡める亜美。
激しいディープキスは約5分も続いた。

021-min.png

「ぷはっ……フフ、今度のは少しは面白かったみたいですね」

亜美は購入した本が面白いとその度合いによってエロ行為をするようにされている。
今回はディープキスだったので面白さレベルでは4という評価だったらしい。
ちなみにファーストキスだったのか聞くと、亜美は無言で首を小さく縦に振った。

022-min_20210727192525332.png

次に買う本を選ぶ時も、唇と下に残るキスの余韻にずっと頬を赤らめていた。
この日も一冊本を買った亜美は、スタンプカードに4個目の印が押された。
全部貯まるまで残り1個だ。

023-min_20210727192527593.png

「結構意外な展開で面白かったな」

「まさか犯人が主人公だったなんて」

家で本を読破した亜美は、満足そうだった。
ミステリーサスペンスのジャンルは普段あまり読まないが、ことのほか面白かったようだ。

「これなら評価は7……ううん8ね」

024-min_202107271925289e3.png

そして本を閉じた直後、亜美の目がフッと虚ろになる。

「また別の本が欲しいな……」


亜美はそう小さくつぶやく。
そしてまた家族屋書店へと足を運ぶのだった。



つづく


さびれた古本屋 水野亜美編 / 4

001-min_20210727185732e34.png

さびれた古本屋、家族屋書店。
水野亜美は今日もそこを訪れた。

今までもそうだが、他に客の姿はない。

025-min_20210727193820cc5.png

店に入るとまずはいつも通り店主の元へ行く。
そして亜美はスカートをたくし上げ、それを見て一瞬残念そうな顔を浮かべた店主の古野和彦が言葉を発するより先に、自分から口を開いた。

「抱いてください……」

「おぉ!そうか、フフッ……そっかぁ相当面白かったんだね」

「ささ、奥へどうぞ」

カウンター裏には3坪ほどの小さい事務所があり、休憩用に使っている布団も敷いてあった。
亜美は服を脱ぐとそこへ寝そべり、股を開く。

そんな彼女の無言の誘導に答えるように古野も服を脱ぎ捨て、既に勃起していたチンポを挿入した。

026-min_20210727193821a63.png

「凄い締まりだよっ」

「若い子の、処女ってこんなに締まるんだねっ」

なぜ恋人でもない相手とセックスするのか。
それは購入した本が面白いとその度合いに応じたエロ行為をするように催眠暗示をかけられているからだ。

今、亜美はコンドームを着けてのセックスをしている。
それは面白さレベルでは8であることを意味している。

処女だろうと例外なく、面白さの度合いに応じたエロ行為をすることが最優先なのだ。
そしてそれに躊躇いや疑問を覚えることはない。

「すっごいキツキツで……気持ちいいよ」

「あぁヤバイ……う、く……イクッ……!」

「~~ッッ!」

027-min_20210727193823b62.png

セックスが終わった後、亜美は次に買う本を探す。
初体験の直後で股が痛いが、次の本を必ず買う暗示もかけられているので、何があっても彼女は本を買う。

そして、亜美のような愛読家の眼鏡にかなう品ぞろえがこの本屋にはある。
店主の古野和彦は本屋としてもこだわりがあり、その品ぞろえには自信があるのだ。

028-min.png

そして新たな本を買うことで、亜美のスタンプが5個になった。

「おめでとうございます!」

「スタンプが5個たまったので、あなたは私の家族になれる権利を手に入れました」

「スタンプカードの権利を使うと、あなたは私と何よりも強い絆で結ばれ、私の家族になることができます」

「尚、家族にも様々な種類や立場がありますが、それはこちらで決めさせていただきます」

「次の来店時から使えるので、是非また来てくださいね」

そう言われて亜美は帰宅した。
彼女の中で、スタンプカードを使うのはもう心が決まっている。
絶対に使うよう心を操られているのだ。

011-min_20210727185747d31.png

そんな亜美は本を読破する。
ボリュームのある小説だったが、わずか3日で読破した。

012-min_202107271857302ac.png

読み終えて本を閉じると、いつものように目が虚ろになる。
変わったことがあるとすれば、彼女が呟く内容だ。

「スタンプカード……せっかく貯めたんだから使わなくちゃ……」

今、亜美の頭はスタンプカードを使うことで一杯だった。


つづく




さびれた古本屋 水野亜美編 / 5

001-min_20210727185732e34.png

今日も家族屋書店に亜美は足を運んでいた。
相変わらず他に客の姿はなく、いよいよ経営が成り立っているのか心配になるほどだった。

002-min_20210727185733cc6.png

店には店主と亜美だけ。
ガラガラなのはいつものことだが、それとは別の「いつものこと」が亜美にはある。

008-min_20210727185742722.png

それは、店に入ったらまずは店主の元へ行き、前に買った本の感想を体で表現することだ。

009-min_2021072718574466c.png

この日の亜美はスカートをたくし上げた。

購入した本が面白いとその度合いによってエロ行為をするようにされているが、
今回亜美はスカートをたくし上げてパンツを見せたので、面白さレベルでは最低の1だったらしい。

と、ここまではいつも通り。
違うのは店のスタンプカードが溜まっていることだ。

030-min.png

亜美は溜まったスタンプカードを店主に差し出し、特典を使うと申し出た。

「特典はキャンセルできませんけど、よろしいですね?」

「はい、お願いします」

「わかりました。では今からあなたは私の家族です」

「初めての家族ですので「妻」として迎え入れてあげましょう」

「……はい。私は今からあなたの妻になります。よろしくお願いします」


家族屋書店のスタンプカード。
特典の内容は店主の古野和彦と家族になれるというもの。

それも、何よりも強い絆で結ばれた真の家族になるというものだ。


亜美は家族と言っても様々な立場がある中から、妻になった。

この瞬間から亜美は妻として強い絆で古野和彦と結ばれたのだ。



―――


031-min_202107271955329ec.png

「―――月に変わって、お仕置きよ!!」

この日、セーラー戦士は5人集結して敵と戦った。
その中には水野亜美が変身した姿であるセーラーマーキュリーもいた。

彼女達セーラー戦士は力を合わせて敵を撃退する。

032-min_20210727195534bc9.png

戦いの後、みんなを引き留めたのはセーラーマーキュリーだ。

「ちょっと話があるの……みんなに報告があって」

「報告?どしたの亜美ちゃん」

かしこまった報告と言われ全員が耳を傾けると、その内容は想像の斜め上をいくものだった。

033-min_20210727195535520.png

「私……結婚したの」


「「「「えー!?」」」」


つづく




さびれた古本屋 水野亜美編 / アフター

034-min_202107272007162b4.png

「家族屋書店」

普段から客のいない店だが、この日は人の気配が全くない。

入口の扉には臨時休業の札がかかっていて、店自体が休みなのだ。

035-min_202107272007177c8.png

そんな家族屋書店の店主、古野和彦は町はずれの小さなアパートにいた。

026-min_20210727193821a63.png

そして自宅アパートの中で、一日中セックスしていた。
相手は妻になったばかりの古野亜美。

旧姓水野亜美の彼女は、悪と戦うセーラーマーキュリーの正体でもあった。

「ああっ中にっ

「旦那様の精子が中に注がれてるっ

「あああ~~ッッ

避妊もせず繰り返し中出しされた精液で、亜美の膣内は既に隙間なく精子で埋め尽くされていた。
夫婦なのだから避妊する必要がないのだ。

037-min_20210727200720cdf.png

朝から晩まで続いたセックスが終わると、もう深夜の11時。

煙草で一服する和彦に亜美がお茶を入れる。

「はい、どうぞ

「ん、ありがと」

「ところで旦那様」

「言われた通り、セーラー戦士のみんなを今度お店に連れてくることにしました」

「夫を紹介するって言ったらみんな興味津々で……」

「フフ、お店にくれば常連になるでしょうから、みんなもスタンプをためてくれるはずです

「そうか。他のセーラー戦士たちに会うのは俺も楽しみだな」

「家族が増えますね

「あぁ。家族構成考えなくちゃな」

「スタンプといえば、昨日お前が留守にしている間、新しいお客さんが来たんだうp

「可愛かったからスタンプカード作ってあげたよ」

「まぁ、それは楽しみですね♥」

スタンプカードを作ると言うのは和彦の眼鏡にかなったということであり、同時に近いうちに家族に加わることが確定したと言うことでもある。

亜美も新しい家族が増えるのが楽しみだった。

「さてと、休憩したしせっかく店も休みにしたんだからまたヤるぞ」

038-min.png

「……はい、旦那様


こうして日付が変わってもセックスは続き、夫婦の営みが終わったのは早朝のことだった。




さびれた古本屋 水野亜美編 完



関連記事
このエントリーのタグ: 総集編
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す