FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1661)
虚ろ目イラスト (33)
エロゲレビュー (171)
同人&エロ漫画etcレビュー (240)
オリジナルSS (67)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (16)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (9)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (9)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (18)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (2)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (13)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (30)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (11)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (84)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (48)
みなみけ (9)
名探偵コナン (14)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (5)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (49)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

セイラ・マスとフラウ・ボゥ~ザーメンシャワーで体を癒す~

セイラ「それじゃあ私達は休憩に入らせてもらうわね」

ブライト「わかった」

フラウ「では失礼します」


宇宙に上がったホワイトベースは陽動任務についていた。
休憩に入ったセイラ・マスとフラウ・ボゥの二人はシャワーを浴びるためにある部屋を訪ねた。

セイラ「失礼します」
フラウ「失礼します」

タカシ「どうぞ」

二人が入ったのは士官用の部屋の1つ、宇宙に上がる前に加入したタカシ・トドロキ中尉の部屋だった。

セイラ「シャワーの準備はできていて?」

タカシ「まだです」

フラウ「えっ」

セイラ「どういうことかしら?中尉の役目は女性兵のシャワー担当、それだけでしょう?なのに準備ができていないなんておかしくないかしら」

戦時下の軍艦にあって唯一ともいえる癒しの時間はシャワーを浴びること。
にもかかわらずその準備が出来ていないことに二人は苛立ち、落胆した。

タカシ「それが先程まで別の方が使用していたので……」

セイラ「たくさん出してしまったというの?」

タカシ「えぇ、恥ずかしい話ですが……。今しばらく私ではお二人にシャワーをかけることは難しそうです」

フラウ「楽しみにしてたのに」

セイラ「まったく……」

自分達の直前までシャワーが使われていたという仕方のない理由を出されため息を付く二人だったが、そんな彼女たちをみてタカシは解決案を出した。

タカシ「私の力ではシャワーをかけることは出来ませんが、お二人の協力が得られれば今すぐに使うことも可能です」

セイラ「というと?」

タカシ「簡単ですよ。私はオッパイフェチな上に征服欲が強いですから、お二人が胸を出して私に跪き、懇願してくれればいいんです」

フラウ「思ったより簡単ですね」

タカシ「でしょう?面倒ならまた後でもいいですが、どうしますか」

ほとんど考えずに二人は結論を出した。
それはこの場でシャワーを浴びるという当然の答えだった。
二人はすぐタカシの前に跪き、顔を上げて上着のボタンを外した。

フラウ「んっしょっ……」

セイラ「これでいいかしら?」

タカシ「はい。二人とも綺麗な胸ですね。でもちょっと態度が良くないですね、私の征服欲が全然満たされません」

フラウ「そう言われても……」

セイラ「フラウ、こういう男性の征服欲を満たすのはこうすればいいのよ」

征服欲を満たせと言われて戸惑うフラウに対し、セイラは冷静だった。
常に凛とした表情の彼女は、おそらく誰も見たことのないであろう媚びた瞳を作り征服欲を刺激する言葉を発した。


セイラ「あなたにシャワーを恵んでいただく立場にもかかわらず生意気なことを言って申し訳ありませんでした。どうか身の程知らずの私達にあなたの熱くて粘り気のある素敵なザーメンシャワーをお恵み下さい」

タカシ「ん……いいですよ。ふふっ、興奮してきましたよ」

フラウ「わ、私にも中尉の……熱いザーメンシャワーを恵んでくださいっ」

タカシ「おぉ、ふふっ勃起してしまいましたよ。これならイケそうですね」

勃起したチンポを見たセイラとフラウはシャワーを浴びたい一心で、さらに媚びた言葉で刺激した。
それに気を良くしたタカシは自らチンポを扱いた。

タカシ「で、出そうですっ。ザーメンのシャワー存分にっ堪能して下さいっ」

セイラ「早く、早く頂戴。ザーメンシャワーを全身に頂戴っ」

フラウ「わ、私にもっ」

タカシ「あぁ……!で、でるっ……!」

ドピュドピュドピュッ

セイラ「ああんっ

フラウ「きゃあんっ

精液のシャワーがセイラ、フラウの顔や服に降り注ぐと、二人はとても心が癒されたようで満足そうな顔になっていた。

セイラ「この粘りつく精液がたまらないのよね。普段の疲れが癒されるわ」

フラウ「そうですね。やっぱりシャワーを浴びるって大切ですよね」

タカシ「癒されたのならなによりです」

シャワーの余韻を味わう二人に、タカシは謎の言葉をつぶやいた。

タカシ「サイミンニンギョウニナリナサイ」

セイラ「!」

フラウ「!」

言葉を聞いた二人の瞳から生気が消え、そのまま固まってしまった。


タカシ「ふむ。二人共良く聞いてくさいね」

セイラ「……」

フラウ「……」

タカシ「あなたたちは私のザーメンシャワーを浴びると、その後に体の感度が3倍になり、とにかくオナニーをしたくなります」

セイラ「ザーメンシャワー……浴びる……」

フラウ「オナニー……したく……なる……」

タカシ「ですが、オナニーは必ず5分でやめてしまいます。なぜならあなた達は5分以上オナニーするのが大嫌い、許せないからです」

セイラ「オナニー……5分……やめます……」

フラウ「大嫌い……許せない……」

タカシ「そうです。もし5分以内にイクことができたら今度はセックスがしたくてたまらなくなってしまいます。」

セイラ「5分……イク……セックスしたく……」

フラウ「たまらなく……なる……」

タカシ「はい。そしてあなた達がセックスをするとすればその対象はこの私だけです。なぜなら、ザーメンシャワーを浴びて喜ぶような女を抱いてくれるのは私しかいないからです」

セイラ「セックス……タカシ中尉……だけ……」

フラウ「ザーメン……抱いてくれる……中尉だけ……」


時限爆弾とも言える暗示を植え付けた男は二人の記憶を調整して部屋を後にさせた。
セイラとフラウは自室に戻ると、暗示通りの衝動に駆られ、オナニーをした。
何の疑いも持たず、オナニーに耽る二人の姿を想像するのもタカシにとっては楽しいものだった。


タカシ「さーて、何回ザーメンをぶっかければ俺に抱かれに来るかな……ふふっ、オナニーは慣れだからな。そのうちシャワーを浴びるたびに抱かれにやってくるようになる……ふふっ、ハハハハッ!」
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す