FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1459)
虚ろ目イラスト (13)
エロゲレビュー (130)
同人&エロ漫画etcレビュー (175)
オリジナルSS (43)
総集編 (18)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (8)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (8)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (52)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
宇崎ちゃんは遊びたい! (4)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (7)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (15)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (2)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (7)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (4)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (14)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (14)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (17)
つよきす (15)
とある魔術の禁書目録 (0)
デート・ア・ライブ (1)
転生したらスライムだった件 (0)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (4)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (11)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (9)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (10)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (104)
ハヤテのごとく! (7)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (20)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (5)
貧乏神が! (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (18)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (3)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (1)
フリージング (3)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (4)
ポケットモンスターシリーズ (16)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (65)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (30)
みなみけ (7)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (3)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
作品ミックス (4)
ピカッとハウス同人関係 (39)
催眠帝刻学院公式 (4)
ストライク・ザ・ブラッド (0)
コラボ企画 (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

催眠ネルフ~潔癖便器、伊吹マヤ~

※ちょっとス力トロ注意です

伊吹マヤ

「はぁ……」

ネルフ本部に出勤した伊吹マヤは朝からため息をはいていた。
最近は色々と仕事を『兼務』しているせいで疲れが溜まっているのだ。

「マ~ヤちゃん♪」

そんな彼女に廊下で声をかけてきたのは、ネルフで一番キモいとの評判で嫌われている職員、倉井だ。

(……)

聞こえなかったフリをして自分の仕事部屋に入ろうとしたマヤだが、倉井は扉の前にグッと身を割り込んできた。

(なんなのこの人……。)

「あの、私に何か用ですか?」

「用がなくちゃ話しかけちゃいけないの」

「……仕事中ですし、あなたと会話する話題もありません」

マヤは倉井がとにかく嫌いだった。
そもそも生理的に受け付けないのだが、ねちっこい性格も大嫌いでとにかく一緒の空間にいたくない存在だ。

そんな彼女の内心は態度にも表れていて、倉井からすれば取り付く島もない。

「じゃあマヤちゃんじゃなくて、僕専用の便器に話しかけようかな」

「……わかりました。便器として応対します」

便器として扱われると一転してマヤは態度を変えた。
彼女は一人の人間である前に、倉井の便器である。そう信じ込んでいるのだ。

「OK。ならさっそくで悪いんだけど、使っていい?」

「わかりました。ではどうぞ」

「ここじゃなくて、僕の部屋に来てもらえる?」

伊吹マヤ

「……」

「どうかした?」

「部屋に行くのは構いませんが、なぜ質問したんですか」

「私は倉井様専用便器です。便器である私に選ぶ権利などあると思っているのですか」

「排泄物の処理に関することなら、どんな場所でもお好きなように使っていただければいいんです。便器ですから」

「なのに移動する許可を求めるような質問をされる理由も意味もわかりません」

「フフ、そうだったね。別に深い意味はなかったんだ」

(変な人……)

「じゃ、行こうか」

「……はい」

腑に落ちないマヤだが、促され倉井の部屋に移動した。

伊吹マヤ

「ではどうぞ。んあ……」

「あー違う違う、今は催してないんだけど、さっき君じゃないところでしちゃったから、処理してもらおうと思って」

そう言って倉井は使用済みのオムツをマヤに渡した。

布越しにも伝わってくる重みと臭いに、マヤは顔をしかめる。

「っ……これにしたってことですか?」

「そういうこと♪」

「はぁ……なんでそんな無駄なことを」

「オムツにするくらいなら、私の口を利用すればゴミも出ないのに……本当に非効率的です」

「むっふ!ごめんねぇ、ちょっとオムツにする感覚ってのを知りたくてさぁ」

「そうですか。まぁいいです、これは私がきちんと処理しますので」

マヤは一旦オムツを脇に置くと、自分は服を脱ぎ始めた。

伊吹マヤ[1]立絵004_R

マヤはパンツを履いておらず、オムツを着用していた。

「へー、オムツしてるんだねぇ。いつもパンツ代わりにオムツ履いてるのかなぁ?トイレ行かなくても良いから時間の節約になるよねぇ」

(……馬鹿じゃないの?)

(便器が同じ仲間の便器で用を足すわけがないじゃない。人間が人間に用を足すとでもいうつもりなのかしら)

あまりにも当然すぎることを倉井が言うので、マヤはリアクションせず話を流した。
そして自分の脱いだオムツは一旦脱いで袋にしまい、倉井の使用済みオムツを履く。

伊吹マヤ[1]立絵005_R

「んっ……」

マヤは使用済みオムツを自宅で処理するまでは履き続けるのだ。

伊吹マヤ[1]立絵006_R

(ウンチが少し水っぽい……)

履いたマヤは少し不快なようだったが、文句を口にすることは無かった。

(ほんと、どうせするなら直接口にしてくれればよかったのに……)

「大丈夫?嫌だったら脱いでゴミに捨ててもいいからね」

「……は?」

伊吹マヤ[1]立絵007_R

「待ってください、それは便器に対する侮辱です!」

「倉井様専用便器として、排せつ物関連の処理は全て私の仕事です!」

「フフ、ごめんごめん。そんなに怒らないでよぉ」

「私は自分の仕事に誇りを持っているんです!」

「そうだよねぇ。じゃあお詫びと言ったらアレだけど、催してきちゃったから今ここで便器として使ってあげるよ」

「……なら許します」

マヤは跪いて倉井の股間の高さに顔を合わせると、大きく口を開いた。

伊吹マヤ[1]立絵008_R

「どうぞ。んあ……」

倉井の目の前で大きく口を開くマヤは、どこか嬉しそうに見えた。
便器として働けることの喜びを感じているのだろう。

そして便器になりきっているマヤは倉井の小 便を口で受け止める。

伊吹マヤ[1]立絵009_R

ジョボジョボと注がれる黄色い液体を口で受け止めるマヤ。
その顔は苦痛どころか恍惚としていた。

「~~~

(あぁ 便器としてこれ以上の喜びはないわぁ

「あースッキリしたぁ。ほんとマヤちゃんは嬉しそうに飲むねぇ」

伊吹マヤ[1]立絵010_R

「便器状態の私をマヤと呼ばないでください!ただ便器と呼ぶか、もし固有名詞が必要だと言うならせめてマヤ便器とか、伊吹便器とかにしてください」

「あと、便器なんですから使われて喜ぶのは当然です!」

「わかったよぉ。じゃ、服着替えて人間に戻っていいよ」

「……わかりました」

伊吹マヤ

ここで一旦便器としての役割を終えたマヤは服を着替える。
それを起点に彼女の自己認識は人間に戻るのだ。

伊吹マヤ

そして自己認識が人間に戻った途端、彼女は顔色が一気に悪くなる。
オムツの中に感じる汚物と、口の中に残る尿の香りや味を人間の立場で認識したことで、気持ち悪くなったのだ。

(おえぇ……潔癖症の私にこれは……ネチョネチョして最悪……)

(口の中の味も臭いも残ってるし……)

しかし彼女がそのことに言及することはないし。
直前まで自分が便器だったという認識もちゃんとあるからだ。

「うぅ……それじゃあ、仕事に戻ります」

「うん!ありがとね」

マヤは無言で部屋から出る。
そして扉を閉めてすぐに嘲笑した。

伊吹マヤ[1]立絵011_R

(ほんと馬鹿じゃないの。人間の私にお礼を言うなんて)

(お前の汚物処理をしたのは便器であって私じゃないんだって言ってやりたかったわ)


マヤはその日仕事が立て込んで徹夜となり、翌朝までオムツを履いたまま過ごした。
どうせなら便器にしてくれた方が気持ちも楽だったのにと思いながら・……。
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 新世紀エヴァンゲリオン 伊吹マヤ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4953: by ドルチル on 2022/08/15 at 13:23:44 (コメント編集)

潔癖のマヤがこういう扱いされるの良いですね~

mc128
吸血鬼すぐ死ぬ より 誰でも幻覚見えるくん

見た目は蓄音機の  音が聞こえる部分が花になっている という感じで
ttps://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/genshiohajiki/20180928/20180928063924.jpg

ドラルクの祖父が 催眠能力を持つ植物を安全化させたもので 
付属の血液剤を花に与えスイッチを入れて 見たい幻覚をなるべく詳しく思い浮かべる事で幻覚を見ることができ それにより 交通費0で好きな所に行くことができる。

幻覚とわかっていても 脳内が錯覚して幻覚内のダメージは実際に受けてしまう うえ 手探りでスイッチを切って幻覚から抜け出そうとしても 距離感も触覚も幻覚に引っ張られているのでアテにならない(全力で走っていても 実際の自分たちは殆ど同じ場所で足踏みしてアリより遅い速度で移動してたりする)

▼このエントリーにコメントを残す