FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1631)
虚ろ目イラスト (34)
エロゲレビュー (171)
同人&エロ漫画etcレビュー (246)
オリジナルSS (68)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (16)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (9)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (16)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (9)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (18)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (2)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (13)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (31)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (12)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (85)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (48)
みなみけ (9)
名探偵コナン (14)
めだかボックス (5)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (5)
らんま1/2 (5)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (50)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (45)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

[アンケート企画51]マインは想い人の前で抱かれる

「モグモグ……これ美味しいわね

「ったく、呑気なもんだよなぁ。帝都のど真ん中にいるってのによ」

タツミとマイン。
ナイトレイドの二人は偵察名義で帝都に出ていた。

今回は半分遊びに近い偵察で、市井を見るという意味では仕事をしているのだが、実態はマインの買い物にタツミが荷物持ちとして連れてこられた形だ。

「さ、次行くわよ」

「まだなんかすんのか?」

「何言ってんのよ。これからが本番よ」

腹ごなしを済ませたマインは、何店舗も回って服や化粧品を買い漁った。



「うわわっ」

「ふふっ良いストレス発散になったわ」

大量の買い物を済ませたマインは満足し、アジトへと戻ることにした。
足跡を消したりわざと遠回りして痕跡を残さないように帰るので、アジトの近くに来るころには夜になっていた。



「気配がするわね」

アジトの近くに来た時、自分たちが来た方向から気配を感じたマインは警戒した。
だが、それは杞憂に終わる。

姿を見せた気配の主はナイトレイドの仲間だったからだ。



「なんだ、シェーレだったのね」

「もう、驚かさないでよね」


「ビックリしたぜ」

「すいません」

警戒を解くマインとタツミだが、シェーレは手に見慣れない道具を持っていた。

催眠銃 光線銃

「シェーレそれどうしたの。新しい帝具?」

「―――ごめんなさい」

近寄ったマインとタツミにシェーレは道具を向け、引き金を引く。
その瞬間だった。

ピカッ

「えっ―――」

「うっ!?」

―――

―――

―――

「……ハッ!?」

「ん……あれ、俺……?」

「さぁ、お二人とも帰りましょう」

「え?あ、そうね」

三人はアジトへと帰ったが、マインは何となくおかしいと感じていた。



「……」

「どうしました?」

「何か……さっきシェーレに会ってから違和感があるのよね」

「違和感ですか。……それより、アジトにお客様が来てるんです」

「へー、革命軍のアジトにナイトレイド以外の人が来ることってあるんだな」

「普通はないわよ。シェーレ、客って誰なのよ?」

「セイオウ様です」

「セセセ、セイオウ様が!?」

「マジかよ!?」

名前を聞いた二人は驚いた。
その人物名は聞いたことはあるが、とてもアジトに来るような存在じゃないからだ。

「はい、私も驚きました。お二人も是非挨拶してください」

「あ、会えるのか!?帝国も革命軍も関係なく、何よりも偉い神様みたいな人だろ!?」

「もちろんです。せっかくいらしてますし、お会いにならないなんてもったいないですよ」

「やったぜ!でも緊張するな……お、俺初めて会うんだよ」

「わ、私だってお会いしたことないわよ!」

その人物に会えると知って、二人は汗をかくほどに緊張しだした。

「ふふ、そんなに緊張しなくても大丈夫ですよ。もっと動物の様に、純粋な気持ちでお会いになればいいんです」

「……そっか。セイオウ様の前では人は等しく家畜……どんな扱いしていただいても至上の歓びとなる偉大な存在なんだから、何も考えずお会いすればいいんだわ」

「なるほど!それなら緊張しないな」

「そういうことです」

緊張のほぐれた二人をシェーレは奥の部屋へと案内した。
元々はメンバーのリビングとして使われていた部屋を、セイオウの滞在する居室にしたらしい。

しかしそこでは予想外の光景が広がっていた。



「ふたりともぉ……おかえりぃ……

「こ、これは……!?」

部屋ではレオーネが股を広げてアソコから精液を垂れ流しており、今まさにチンポを抜いたばかりのセイオウが仁王立ちしていた。

「うわわ……!」

戸惑う二人だが、目は背けなかった。
というより、目が離せないという方が正しい。なぜなら目の前に、セイオウがいるのだから。

そんな時、ナジェンダが姿を見せた。



「早かったなマイン、タツミ」

「ナジェンダ、いたのね。っていうかその格好!」

「あぁ、私はレオーネの前に体を使っていただいたんだ」

「もうわかっていると思うが、こちらがセイオウ様だ。私も初めてお会いしたが、このようなみすぼらしい家畜の体を使って下さった上に悪くないとまで仰ってくれた。本当に素晴らしいお方だぞ」




「いや~これまた可愛い子がいたもんだね!」

マインを見たセイオウはその容姿に気を良くしたようで、気さくに声をかけてくれた。

「お、お目に掛かれて光栄です」

(なんてお姿なの……これがセイオウ様……!」

(ハゲてて、太ってて、なんていう人間だったら小汚いオッサンって感じだけど、何もかもが輝いて見える)

(素敵とか、そういう言葉が陳腐に感じちゃうほど神々しい……)


緊張を吹き飛ばすほどの魅力を持った人物を前に、マインはすっかり見とれてしまっていた。

「むふふ!こんな可愛い子がまだいたなんてねぇ」

「さっそくだけど、オマンコしていいかな?」

「……え?」

「だからぁ、君のオマンコにチンポを突っ込んで、パコパコしていいかって聞いてるの!」

(そんな……出会っていきなり体を求められるなんて……)

(そんなのって……嬉しすぎますっ)




「はい!こんな貧相な体の家畜で良ければ、是非この体をお使い下さい

「お、おいマイン!いいのかよ!?」



「……はぁ?良いに決まってるじゃない」



「アンタだってわかっているでしょ!」

「セイオウ様がどれだけ偉大で、性欲の捌け口として使っていただくことが牝家畜としてどれだけ嬉しいことか!」


「……確かにそっか。悪かったよ」

「わかればいいのよ」



「脱線しちゃいましたが、宜しくお願いしますセイオウ様

「OKOK。それじゃあまず、男性経験とか恋愛のこととか語りながら裸になってもらおうかぁ」

「はい



「名前はマインです」

「男性経験はありません。けど……」


「けどぉ?」



「そこにいるタツミが少しだけ気になってます」

「……えっ?」

「ほっほぉ!そうかぁ、好きな人がちょうどここにいるわけだぁ」

「ならその想い人が入る目の前で、た~っぷりヤリ倒しちゃうぞぉ♪」

「さ、さ!早くそこに寝て」

「はい



「宜しくお願いします」

「どれだけ手荒にしていただいても構いません」


「この家畜の体、どうかお気に召すまでお使いください

マインはタツミの前で抱かれ、何度も何度も種付された。
その結果、マインはセイオウの子を孕んだ。



関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4095: by あびゃく on 2020/05/06 at 21:16:26 (コメント編集)

>偵察名義で帝都に出ていた
でもこれって下手すりゃエスデスとばったりとかありえるんですよね

>帝国も革命軍も関係なく、何よりも偉い神様みたいな人だろ
すごい立ち位置だとmcしたなおいw

ああやっぱりレオーネ姐さんエロい!

>そこにいるタツミが少しだけ気になってます
こんな状態で告白まがいのことをされるとは・・・

▼このエントリーにコメントを残す