FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1662)
虚ろ目イラスト (33)
エロゲレビュー (171)
同人&エロ漫画etcレビュー (240)
オリジナルSS (67)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (16)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (9)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (9)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (18)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (2)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (13)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (30)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (11)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (84)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (48)
みなみけ (9)
名探偵コナン (14)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (5)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (49)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (1)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

園崎母娘の秘密。3人それぞれ同じ男の催眠奴隷

ひぐらしのなく頃にSS用004

「呼ばれて登場、魅音さんですよー」

この日、園崎魅音はある男に呼び出されて家に来ていた。
他の用事があったのだが、この呼び出しを優先してだ。

ひぐらしのなく頃にSS用005

「さてと……その、するんでしょ?」

「うん。それしか用無いし」

「そう……だよね」

(もう少し言い方ってのを……まぁ、いいけどさ)

態度に不満を感じつつも、魅音の頬は染まっていた。
そして躊躇なく服を脱いでいき、下着だけになる。

ひぐらしのなく頃にSS用006

「ま、まずはお口からするのが好き、だったよね」

「わかってるならさっさとしゃぶれよ」

「う、うん……」

ひぐらしのなく頃にSS用007

「ぺろぺろ……んぅ」

(少し汗くさい……)

男の匂いを男の象徴を舐めながら感じつつ、しおらしく舌を動かしていく。
普段の男勝りな性格とは裏腹に、オンナとして性に興じる時、魅音は誰もよりも女らしく、しおらしかった。

ひぐらしのなく頃にSS用008

「イクッ!」

「んあ……」

射精の時も、黙って口を開き、精液を受け止める。
そうするのが正解だと、魅音はわかっているのだ。

ひぐらしのなく頃にSS用006

「ごっくん……美味しいっ……」

これも嘘だ。
男を喜ばせて続きをするために、不味さを堪えて美味しいと言っているのだ。

「あースッキリした」

「……そう。で、どうするのさ」

「まさか射精したからもう帰れとか言わないよね?」

「そうだなー。ま、いいよ。抱いてやるよ」

(よっしゃ……!

「抱いてやるよって……」

「なんだよ。抱いて欲しいんだろ?俺のチンポ無しじゃいられない体にしてやったからな♪」

「……ったくさ。あんたのことは正直死ぬほど嫌いだったのに」

「強引に、それも圭ちゃんの前で犯すんだもんね」

「あんたに犯された時……心は凄く辛かったけどさ、体は凄き気持ち良くて」

「それに気付いたら不思議と心も気持ち良くなってて 嫌じゃなくなってて」

「犯されるってことが滅茶苦茶気持ち良くってさ」

「私は自分がエッチな子なんだって、それで初めて気づいたよ」

「それからはすっかりアンタの慰み者。今じゃ、呼び出されたらいつでも飛んでくる女になっちまった」

「あんたのせいでエッチするのにドハマりしちゃったんだから、これからも責任取ってよね?」

「これからも呼ばれたらいつでもすぐにくるからさ……」

「だから……」

自分語りの終わりに、魅音は股を開いてチンポを待ち受けた。

ひぐらしのなく頃にSS用010

「だからこれからもこの体をたくさんセックスに使ってください……

ひぐらしのなく頃にSS用012

「ああっ凄いっ

「もっと、もっと激しくしていいからっ

「オチンポ奥にズボズボしてぇっ

セックスが始まった途端、魅音はよがり狂った。
最初からこんな痴態を晒す様な女だったわけではない。
こうなるまで、セックス漬けにされて身も心も開発されてしまったのだ。

ひぐらしのなく頃にSS用013

「じゃあね」

「また呼んでくれたら、すぐに来るから……」

帰る時も、最後までしおらしい。
セックスが終わったらすぐ帰宅させられるというのに、魅音は文句を言わない。
それどころかまた呼んでほしいとさえ言う彼女は、完全に都合の良い女に仕上がっていた。

ひぐらしのなく頃にSS用015

その15分後、家の呼び鈴が鳴り、ガチャッと扉が開く。
やってきたのは―――

ひぐらしのなく頃にSS用018

魅音、ではなくそっくりな姉妹の詩音だ。

その夜、魅音との関係を知らない詩音を呼び出してエッチしていたのだ。
そう、詩音も男の慰み者だったのだ。

園崎姉妹は二人共慰み者。
しかし実は―――

ひぐらしのなく頃にSS用020

「えっ……?」

「魅音に詩音……!?」

「どういうこと、これ!?」

ある日、茜、魅音、詩音が男の家の前でバッタリと遭遇してしまう。
間違って同じ日、同じ時間に呼び出されていたのだ。

ひぐらしのなく頃にSS用022

「これはどういうことですか!?」

「納得のいく説明をしてもらうよ!」

「そうだよ。よりにもよってお母さんまでなんて!」

問い詰める3人だが、男はあっけらかんとした態度で、他にいくらでも女はいるし嫌なら帰っていいよと言い放つ。

ひぐらしのなく頃にSS用023

「え!?」

「そんな……!?」

「ちょっと!いくらなんでもそれは酷いよ!」

「だから、気に入らないなら帰っていいって」

「そ、そんなのって……!」

「あ?どっちなんだよ」

「お前ら自分の立場わかってんのか」

「俺のチンポ無しじゃ生きられない体の癖に、俺の気分を悪くするんじゃないよ」

「捨てられたくないんだったらつべこべ言わず脱いで、俺に奉仕しろ」

「うっ……!」

ここまで言われた3人が取った行動、それは……。





男に奉仕することだった。

ひぐらしのなく頃にSS用025

「これでいいですか!脱いだんですから、抱いてください!」

「さっきは悪かったよ……あんたの言う通り、もうチンポ無しじゃいられない……」

「言う通りにするから、抱いておくれよ」

「あたしも……魅音とお母さんと一緒って言うのは恥ずかしいけど……」

「抱いて……ください……」

「しかたねぇなぁ~」

「ったく、最初からそういう態度でいればいいのに」

「だ、だって……」

「まぁいいや。じゃ、三人いっぺんに抱いてやるよ」

「全員四つん這いになって、ケツ振れ。一番激しいやつからチンポいれてやるから」

「わ、わかりました……」


園崎母娘はチンポ欲しさに従い、ケツを振る。
一番淫らだった茜から詩音、魅音の順に挿入され、全員中出しされた。

この一晩で、母娘は竿姉妹となり、同じ男の都合の良いセフレ同士として新しい関係性となっていくのだった――――





関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す