FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

アンケート企画再開しました! とりあえず試運転にはなりますが、投票していただけたら嬉しいです。 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 2021/8/15追記 1000票到達した為、締め切り致しました。 結果発表をお待ちください!

カテゴリ

ノンジャンル (819)
総集編 (7)
エロゲレビュー (93)
同人&エロ漫画etcレビュー (135)
オリジナルSS (34)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (8)
暁の護衛 (1)
アカメが斬る! (3)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (0)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (0)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (32)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (0)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (2)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (3)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (0)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (4)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (2)
機動戦士Zガンダム (10)
機動戦士ZZガンダム (2)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (2)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (2)
∀ガンダム (1)
新機動戦記ガンダムW (1)
機動武闘伝Gガンダム (0)
機動新世紀ガンダムX (1)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (2)
機動戦士ガンダム00 (2)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (0)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (2)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (2)
恋姫†無双 (8)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (2)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (0)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (16)
侵略!イカ娘 (7)
スーパーロボット大戦 (7)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (8)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (12)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (17)
つよきす (3)
とある魔術の禁書目録 (0)
とある科学の超電磁砲 (0)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (1)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (0)
ドラゴンボール (10)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (1)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (10)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (51)
ハヤテのごとく! (2)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (23)
美少女戦士セーラームーン (11)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (1)
ファイナルファンタジーⅨ (0)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (0)
Fateシリーズ (6)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (3)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (1)
フリージング (3)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (3)
僕のヒーローアカデミア (2)
ポケットモンスターシリーズ (7)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (34)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (3)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (22)
みなみけ (5)
名探偵コナン (2)
めだかボックス (2)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (1)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (20)
ONE PIECE (5)
作品ミックス (0)
MC関連スレまとめ (0)
ピカッとハウス同人関係 (27)
宇崎ちゃんは遊びたい! (1)
虚ろ目イラスト (2)
テイルズ オブ ジ アビス (0)
魔入りました!入間くん (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

催眠、薙切えりな~評価の相違~

薙切えりな

神の舌を持つ天才の彼女は、最近周囲の評価に頭を悩ませていた。
というのも、彼女自身の自己評価と周囲からの評価にあまりにも乖離があったからだ。

その悩みは自分が評価されていないという不満ではなく、むしろ自分が評価され過ぎていると感じてるところに起因する不安が原因だった。

(神の舌だなんて言われても何も嬉しくない……)

(私が作った料理も、みんな誰もが美味しいと口を揃えて言う)

(けど、欲しい言葉はそれじゃないの……)

最初は些細なことだった。
褒められ、尊敬されることにプレッシャーなど感じたことはなかったし、今もそれはない。
けれど自分が褒められ、尊敬されるような立派な人間ではないといつしか思うようになったのだ。

思いは日々の生活でどんどん強くなっていった。
対等に接してくれる人はいても、誰一人として自分を軽んじていない。普通の人以上の扱いを必ずされる。
それが嫌で仕方なかった。

周囲の評価は常に上昇していく。
それと反比例するように自己評価はどんどん下がっていった。

気付けば、薙切えりなにとって自分がとてもちっぽけな存在になってしまっていた。
自分の価値を自分で見いだせなかった彼女の自己評価は落ちるところまで落ちていたが、それに気付く者はいなかった。

表面上のえりなは、今もなお神の舌を持つ天才料理人だったからだ。

そんなある日、一人の男と運命的な出会いを果たす。
それは廊下を緋沙子と一緒に歩ている時だった。

「うわっ!」

「きゃあっ!」

よそ見をして歩ていた男子生徒と衝突し、二人とも尻もちをついてしまった。
脇で見ていた緋沙子は男の側が明らかに不注意だったと怒るが、
男は立ち上がると謝りもせず、まるで汚物でも見るかのような見下した視線を自分に向けたのだ。

「……ッ!」

ゾクリとした。
直感的に自分を見下ろすその男が、自分のことを『薙切えりな』ではなく、ただの人間かそれ以下くらいにしかみていない。
それがわかったのだ。

「えりな様!大丈夫ですかっ」

「え、えぇ大丈夫よ。ちょっと尻もちをついちゃっただけだから」

「良かった……!おい、貴様!えりな様に謝れ!」

普通この状況なら仮にえりなからぶつかったのだとしても男の方が謝るだろう。
しかしこの男が取った態度は、常識から考えてもあまりに失礼なものだった。

「チッ……なんで俺だけ謝らなくちゃいけないんだよ」

「なんだとっ!?えりな様は貴様と違って大事な体なんだぞ!」

「そんなもん知らねーよ。俺に取っちゃこいつのことなんて大事でも何でもねーよ」

「……!!」

この時、えりなの中で直感が確信に近いものへと変わった。
ぶつかられた時の態度で自分を周囲の考える「薙切えりな」と同じに思っていないこと。
そして彼の自分への評価は、自分自身が思う評価と一致するのではないかと。

「緋沙子、いいのよ」

「こちらこそ、ぶつかってしまって悪かったわ」

「……わかればいーんだよ」

怒る緋沙子を制止して、大人の対応でえりなはこの場を収めた。
そうしたのは器の大きさを見せるためでも、揉め事が面倒だったからでもない。

(やっと見つけた……!)

(私の探していた、待ち望んでいた人が……!)

えりなは彼の機嫌を損ねたくなかったのだ。
なぜなら、これからあるお願いをするのだから。



夜、えりなはある家を訪れていた。
昼間にぶつかった男子生徒の家だ。

そこを訪ねるなり、えりなは言った。それも土下座で。


「私のパートナー……いえ、御主人様になってくれませんか!?」

「私、本当は尊敬なんてされたくないの。ゴミのように、ぞんざいに扱われたいの!」

「この神の舌だって汚されたい。残飯処理に使われたいの」

「あなたならきっとそうしてもらえる……だからお願い!私の御主人様になって!」



このいきなりの頼みに、男は満面の笑みで一言、わかったと答えた。
それはまるで、えりながこうやって懇願しに来るのがわかっていかのようであった。

このエントリーのタグ: 催眠 食戟のソーマ 薙切えりな
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4511: by ゴースト on 2021/04/26 at 22:08:42

えりなって実はドMだったんですね、待ち望んでいた人と出会えてよかったです、この男子生徒の下で幸せに暮らしてほしいですね(笑)

4522: by K7 on 2021/04/29 at 07:45:53

天才と言われている薙切えりなにこんな悩みがあったなんて、どんなにすごい人物でも本人にしか分からない悩みがあるんですね。

最終的には、えりなが懇願しに来るのがわかっていたかのような男子生徒と出会えたわけですから、運命の人と巡り合えて幸せになれたようで良かった。

▼このエントリーにコメントを残す