FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

常設アンケート復活させました。しばらくは試験運用ですが、皆様是非投票をお願いします! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。 50を上限にキャラを追加できるので、是非☆

カテゴリ

ノンジャンル (1640)
虚ろ目イラスト (31)
エロゲレビュー (165)
同人&エロ漫画etcレビュー (235)
オリジナルSS (65)
総集編 (25)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (10)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (15)
暗殺教室 (7)
一騎当千 (11)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (142)
宇崎ちゃんは遊びたい! (8)
うみねこのなく頃に (10)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (2)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (15)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (2)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (24)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (92)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (7)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (12)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (17)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (6)
催眠学園 (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (5)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (23)
戦闘員、派遣します! (1)
創聖のアクエリオン (1)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (20)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (4)
とある科学の超電磁砲 (14)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (3)
ドラゴンボール (14)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (13)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (171)
ハヤテのごとく! (12)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (27)
美少女戦士セーラームーン (26)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (8)
ファイナルファンタジーⅤ (4)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (25)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (5)
ふたりはプリキュア Max Heart (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (10)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (8)
ポケットモンスターシリーズ (20)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (80)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (47)
みなみけ (9)
名探偵コナン (13)
めだかボックス (6)
ムシブギョー (3)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (3)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (39)
ONE PIECE (14)
作品ミックス (7)
ピカッとハウス同人関係 (48)
催眠帝刻学院公式 (7)
コラボ企画 (44)
橘さん家ノ男性事情 (1)
いちご100% (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

隷属した女達~遠坂凛の末路編~

遠坂凛

「ひどい……」

「こんなことを誰が……」

共通

凛が目にしたのは、犯された女達があちこちに転がっている光景だった。

「おやおや、誰かと思えば遠坂か」

「……!」

姿を見せたのは間桐慎二だった。
表情から察して、この光景の元凶だとすぐにわかった。

遠坂凛[1]立絵003 - コピー

「慎二……アンタがこれをやったの!?」

「あぁそうだよ」

「一体どうやって……!」

「人を操る力を授かったのさ。親友にね」

「これは、その親友から特別に慰み者のお古を貰ったんだ」

「協力した褒美としてね」

「遠坂、お前も将来的にこうなる」

「私が慰み者になるわけないでしょ!」

「フフ、それはどうかなぁ……」

「絶対にならないわ!」
―――

――



SS用001

「……なんて言っていた私が慎二に隷属させられちゃうんだから、人を操る力って凄いのね」

結果、凛は操られて隷属した。
セイバーと桜も同じで、今やこの3人は間桐慎二のいいなりだ。

「そう。人を操る力は無敵さ」

「とはいえお前達3人を隷属させたのは、自分のものにしたいからじゃない」

「君たちは親友へのプレゼントだから、僕が手を出すことはないよ」

「プレゼント、ですか?」

「そう。今から彼の陰毛を使った筆で、君たちの体に契約の紋章を描かせてもらう」

「君たちの体の細胞、魂にまだ見ぬ彼の存在を刻み込む」

「それが出来たら渡すつもりなんだ」

慎二は3人に契約の紋章を刻み込み、それが完全に定着するのを見計らって数日後にプレゼントを渡す会を催した。

―――

SS用002

「この3人は親友である君への贈り物のさ」

「間桐の反映に、これからも君の力を貸してくれ」

「……おっと、安心してくれ。僕は何も手を出していない」

「胸を視姦くらいはしたけどね、品定めみたいなものさ」

「君の目には淫紋が見えるはずだ」


「あぁ、見えるよ。確かに三人共淫紋が浮かんでる」


「だろう?僕には見えない。これは、君が彼女達の魂を所有者、つまりは主人であることを意味している」

「隷属した女たちに刻まれた淫紋は主にしか見えないんだ。施術して数日経つから、しっかり定着していると思うよ」

「うん。じゃあさっそくだけど、プレゼントをありがたくいただこうかな」

「あぁ。存分に楽しんでくれ」

「では俺に隷属してくれたみなさん。順番に奉仕してください」

SS用003

「遠坂凛です」

「まずは私から御奉仕させていただきます……

みんなが見ている前で凛から順番に奉仕が始まる。
そこから代わる代わる3人で奉仕を繰り返し、主人の体力が尽きるまで淫らな時間は続いた。

SS用004

翌朝、コンビニに凛はいた。

「こ、これ下さい」

凛が買ったのはコンドームだった。

セックスをする時、隷属した凛たちが避妊をしてもらえはしない。
だから使いもしないのにコンドームを買わせられているのだ。

これは、そういう羞恥プレイの一環なのだ。

「し、シールでいいです」

わざと見えるよう手にコンドームの箱を持って、ホテルに戻る。

そのあと、数日泊まり込みで淫らな宴は続いた。
もちろんコンドームが使われることはなかった。


一区切りついたあとも、日常的に淫らな行為は続き、凛たちがセックスをしない日など一日も無かった。


時には、学園に忍び込んで教室でのセックスや、夜の公園で青姦したりと、リスクのある行為も多くなっていき、どんどんとエスカレートしていった。


SS用005

牝奴隷たちは従順だったが、ある日珍しく凛が物言いをつけてきた。

「あの、御主人様」

「なんですか?」

「そ、それです」

「それ?」

「私や桜達に敬語を使うの、やめていただけませんか」

「気を使わせてしまっているみたいで、申し訳なくなっちゃうんですよ」

「ふむ。言われてみればそうかもしれませんね」

「はい。一応、その……私達は奴隷なんですから、もっと雑というか、荒くというか、そういう接し方をしていただきたいです」

「フフ、じゃあ手荒にいこうかな。本気でお前達を牝奴隷扱いしたら相当キツイと思うけど、いいんだな?」

「はい


結果、凛は凄まじいハードなセックスを要求されることになる。



―――


Fate SS用007

「昨日は先に気絶してしまい、申し訳ございませんでした」

「もっと雑にとか言ってた割にはがっかりだな」

「本当にすいません!もっともっと耐えられる牝奴隷になりますからっ」

土下座で失態を許してもらう凛。
牝奴隷として簡単にイクのは良いことだが、失神してしまうことが大きな課題となった。

Fate SS用008

その日の夜、気絶しないために凛はあることを決意していた。

Fate SS用009

(この気付け薬を使えば……)

意識を保つための薬を凛は打った。
非合法で体に負担もかかるが、御主人様の為なら自分の体のことなどどうでも良かった。

Fate SS用011

凛が着替えて部屋に行くと気絶したセイバーが倒れていた。

「御主人様」

「あぁ、ちょっと強めにヤリすぎたな」

「先にこいつのことを介抱してやれ」

「かしこまりました」

Fate SS用012

「んぅ……」

「ようやく目が覚めた?」

セイバーは数分で意識を取り戻したが、それでも凛は叱責した。

「セイバー、だらしないわよ」

「あんたサーヴァントなんだから、もう少ししっかりしてもらわないと」

「あんなに早く気絶したら御主人様が楽しめないじゃない」

「そうは言いますが、耐えられるものではありませんよ……」

「まして、御主人様の声は今や一言一句令呪での命令に等しいのです」

「感じろと言われれば魂が従ってしまうのです」

Fate SS用016

「フンッ」

「とにかく、だらしないセイバーに代わって、私がお相手させていただきます

「私は二度と気絶したりしませんから!」

あなたが一番気絶しやすいくせに。そう口にしかけた言葉をセイバーは飲み込んだ。



―――

――



Fate SS用018

結果的に凛はギリギリ気絶することなく御奉仕セックスをやり遂げた。

(あ、あぶなかった……)

(ご、御主人様が……セイバーとしていなかったら……気絶させられていた……)

「凛、意識があるなら風呂で体を洗ってきていいぞ」

「ふぁ、ふぁいあります……」

「お気遣い……ありがとうございます……

Fate SS用019

「ああひいっ

「おぐっ突かれてっひ、ひぐううっ

凛が風呂から上がってくるとセイバーとセックスしているところだった。

Fate SS用022

(なんて絶倫なの……)

あれだけ射精したのにもう復活していることを尊敬するとともに、わずかに恐怖も感じる。
もちろんそのあと自分も抱かれたのだが、そこでも数発射精され、その底知れぬ精力に凛はいずれ薬を使っても意識を保てなくなると不安に襲われるのだった。

公共 海水浴場A 800×600(1)

―――数日後、凛は御主人様と二人でビーチに来ていた。

Fate SS用024

「ちょっと頼みがあるんだけどさ」

「頼みですか?」

(なんだろう?ビーチでセックスさせろとかかな)

人気はまばらとは言え、海でセックスすれば大変なことになる。
その手の類を予想した凛だが、どうやら違ったようだ。

「うん。命令でもやりたくないって内容だと思うんだけど、やってくれる?」

Fate SS用025

「御主人様。私はやりたくない命令なんてありません!」

「御主人様の為だったら、なんだってします!」

「そう?」

Fate SS用026

「はい。ですから頼みなんて言わず、御命令ください」

「じゃあさ、海の家でアイスキャンディー買ってさ、えっろい感じでフェラするみたいに食べて」

「完食したらしゃがんでおしっ ことウ ンチもしてきて。もちろん人前でだよ」

「……なるほど、遠坂の家名を汚す行いですね。確かに奴隷になる前なら嫌がったと思います」

Fate SS用027

「けど今の私は奴隷ですから

「喜んで御命令を遂行してきます


このあと凛は命令を実行し、結果的に逮捕された。
たまたま海岸を見回っていた警察官がいたため、おしっ こやウ ンチをするのを制止されてしまうが、警察官に暴行を働いてまで命令を完遂したのだ。

これで公務執行妨害などが加わってしまい、裁判沙汰にまで発展してしまう。


―――数か月後

Fate SS用029

執行猶予が付き、収監されずに済んだ凛がシャバに戻ってきた。
さっそくチンポに御奉仕させてもらうというご褒美をもらい、久しぶりのチンポを堪能しながらしゃぶった。

遠坂凛[1]立絵005

「久しぶりに御奉仕するんです。オマンコでもしっかり務めさせていただきます

「そうだな。今日はお前とヤリ倒すか」

「はいっ



この時のセックス妊娠した凛は、妊娠発覚と共に再び犯罪を命令され、獄中出産することになるのだった。



関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 Fate/staynight 遠坂凛
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す