FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

9周年記念アンケート実施中! 1日2回投票可能で、結果発表は定期的にブログの記事で行い、その時にSSの採用キャラを発表する流れとなります。 希望シチュエーションなどをコメントいただければ参考にします。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1506)
虚ろ目イラスト (18)
エロゲレビュー (139)
同人&エロ漫画etcレビュー (191)
オリジナルSS (45)
総集編 (21)
I"s (2)
アイドルマスターシリーズ (9)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (10)
暗殺教室 (6)
一騎当千 (9)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (54)
宇崎ちゃんは遊びたい! (6)
うみねこのなく頃に (9)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
俺だけ入れる隠しダンジョン (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (3)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (9)
賭ケグルイ (8)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (5)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (5)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (16)
機動戦士ZZガンダム (6)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (3)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (4)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
機動戦艦ナデシコ (2)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (3)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (5)
恋姫†無双 (10)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (10)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (2)
この素晴らしい世界に祝福を! (5)
催眠学園 (1)
サクラ大戦 (1)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (3)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (3)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (47)
侵略!イカ娘 (11)
スーパーロボット大戦 (13)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (15)
ストリートファイターシリーズ (0)
ストライク・ザ・ブラッド (1)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (19)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (2)
辻堂さんの純愛ロード (18)
つよきす (16)
デート・ア・ライブ (2)
転生したらスライムだった件 (1)
テイルズ オブ ジ アビス (1)
とある魔術の禁書目録 (3)
とある科学の超電磁砲 (12)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (5)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (11)
To LOVEる -とらぶる- (1)
NARUTO -ナルト- (1)
ニセコイ (16)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (12)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (10)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (24)
美少女戦士セーラームーン (20)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (7)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (21)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (4)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (2)
フリージング (8)
フルメタル・パニック! (3)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (4)
僕のヒーローアカデミア (7)
ポケットモンスターシリーズ (17)
魔入りました!入間くん (0)
マギ (0)
マクロスF (2)
マケン姫っ! (5)
真剣で私に恋しなさい! (71)
まぶらほ (1)
魔法科高校の劣等生 (4)
魔法少女まどか マギカ (1)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (36)
みなみけ (9)
名探偵コナン (6)
めだかボックス (6)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (3)
遊☆戯☆王 (2)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (4)
ラブひな (4)
らんま1/2 (1)
Rioシリーズ (3)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (36)
ONE PIECE (12)
作品ミックス (5)
ピカッとハウス同人関係 (41)
催眠帝刻学院公式 (5)
コラボ企画 (43)
戦闘員、派遣します! (1)
サキガケ⇒ジェネレーション! (0)
ムシブギョー (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

ボア・ハンコックvsトラトラの実~捻じ曲げられた真実~

女帝、ボア・ハンコックはある海賊と対峙していた。

その海賊の名は、クレーデレという。
懸賞金すらかかっていない無名の雑魚海賊だったが、どういうわけかグランドラインを航海し、ハンコックと対峙するに至ったのだ。


「ハンコック、俺が今から言うことにお前が従わなければ、世界は滅ぶ」

「なんだと!?」

「当然、お前の大好きなルフィも死ぬ」

「る、ルフィが……」

「それが嫌なら、俺が言うことに従え」

「クッ……!」

絶対にありえないことを言われているにもかかわらず、ハンコックはそれを信じているのか明らかに動揺していた。
実はこれはクレーデレの力によるもので、彼はトラトラの実のトラスト人間の力でハンコックに自分の言っていることを信じさせていただのだ。

この実は任意発動型だが、発動の動作もなければ発動しているかどうかの判別もクレーデレ本人しかできない厄介なものだった。
効果範囲は約100m。効果の対象はトラスト状態を個別に解除されない限り、範囲外に出ても言われたことを信じ続けてしまう。

今、ハンコックはトラトラの実の力によって、クレーデレの言うことを何でも信じてしまう状態なのだ。

「わ、妾にどうせよと言うのじゃ……!」

「まずはそのドスケベボディを見せてもらおうかな。ストリップだな」

「なんじゃと!?」

「おっと、これから先、俺の言うことに否定的な態度を取るのは一切禁止な」

「わずかでも嫌そうな素振りが見えたら……」

「ひっ!わ、わかった。い、言われた通りのする!だ、だから」

「わかればいいんだよ」

ハンコックほどの人物であっても、自分とルフィが死ぬどころか世界が滅ぶほどの現象が自分の態度次第なのだという事実は重かった。
表情は女帝とはおよそ思えないほどに青ざめ、弱々しくなっていく。

クレーデレの能力によって信じ込ませられているからだが、「信じる」というのはマイナス方向にもこれほど強く働くのだ。

ハンコックは恥辱に涙しながら、しかし世界とルフィの為にそれに耐え、無言でストリップをした。
忘れようとしていたかつて奴隷だった時のこと。
それがフラッシュバックしてあたまがどうにかなりそうだった。
服を脱ぎ、誰もが羨む女帝の素肌が露になっていく。

それを見て、クレーデレは手を叩いて笑った。

「いやいや見事!さすがは女帝ボア・ハンコック」

「ここまで美しい裸体は、今後お目にかかれることはないだろうな」

「……」

ハンコックは目をそらすことすらできず、表情も変えることができない。
否定的な態度を少しでも取れば、世界が滅ぶからだ。

そんなハンコックを品定めするかのように間近で凝視したクレーデレは、耳元でささやいた。

「世界と、お前の大好きなルフィを救う方法……教えてやるよ」

「だからまずは裸になれ」

「……ッ!!」

ハンコックはただただ恥辱を押し殺して、従い、裸になってその美しい肢体を晒しながら世界とルフィを救う方法を聞いた。
だがその内容は、彼女にとっては聞かなければ良かったとさえ思うほどの内容だった。

それは、ハンコックがクレーデレとラブイチャセックスをして、多くの子供を孕み産まなくてはいけないというものだった。
最低10人以上の子供を産み、クレーデレが満足した時、世界は救われる。

もちろん、世界が救われえてもクレーデレの身の安全の保障と、手厚い環境の提供がハンコックの義務となる。



「これがルフィと世界を救う方法だ」

「やるかやらないかは選ばせてやるよ」

「……やるに決まっておる」

嫌がらず従う態度を見せるハンコックに対してクレーデレは少しの助け舟を出した。
ラブイチャセックスはクレーデレを最愛の相手であるルフィだと思ってセックスすれば裏切ったことにはならない。
だから、安心してラブイチャセックスしようというのだ。

それを言われて信じたハンコックは、一気に気持ちが軽くなった。
ルフィを裏切らずに済むのなら、この程度の恥ずかしめくらいいくらでも耐えられる。


「わかった。妾はお前を愛するルフィと思って体を捧げる」

「まずは一人目を孕ませてくれ」

「もちろん!それじゃあラブイチャセックスするぞ」


「……はい


セルフマインドコントロールとでもいうのか、クレーデレをルフィと見立てたハンコックの表情は愛する者に対するそれだった。
彼女は以後20年に渡りラブイチャセックス漬けの毎日を送り、計16人の子を産み、育てた。

飽きられたあともクレーデレを手厚く保護し、彼の生活を保障し続けたのだった。
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 ONEPIECE ボア・ハンコック
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4604: by ドルチル on 2021/07/04 at 19:56:20 (コメント編集)

トラトラってそういのか!
いや、虎だったらネコネコだし 一休さんの屏風の虎とか関係かな?と思っちゃいましたよw

▼このエントリーにコメントを残す